組織への貢献で感謝を伝える

クレド1.周囲の人、物事全てに感謝

私たちが社会で生きていけるのは、周りの人・物事のおかげです。相手から感謝される人は自分自身が周りに感謝している人。すべてに感謝し、豊かな人間関係を構築し、社会貢献していきます。

多種多様な感謝のあり方

「感謝」には対象と伝える人が必ず登場します。対象や伝える人は個人だけではなく組織も含まれます。以下のように様々な形が考えられるでしょう

個人→個人  組織→個人
個人→組織  組織→組織

「伝え方」にも様々な種類があります。例えば、言葉で伝えたり、贈り物をするといったことが思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

さて、私は私→個人の感謝を(お世話になった人への感謝はもちろん伝えた上で)私→組織という形で実践したいと考えています。

お世話になったこと自体を感謝するのはもちろんのこと、お世話になった人が大切にしていたものを組織に還元することで感謝を伝えたいと思っています。

エンカレッジの先輩への感謝

私がエンカレッジに参加したきっかけはサークルの先輩の紹介です。当時、1・2年生向けのサービスを運営する部署のリーダーをしていた先輩から、大学2年生の秋にお誘いを受けた形で参加しました。当時の私は就活・自分の将来に対して不安を感じていました。この不安は「就職活動で語れる経験がない」というものです。

そんな中、この組織の活動を通じて、語れる経験ができ、実際に就職活動に生かすことができました。自信を持って話せる経験ができたことで、就職活動に対するハードルもなくなり、うまくスタートを切ることができました。

今、当時を振り返ってエンカレッジという選択肢を自分に与えてくれたサークルの先輩には改めて感謝しています。また、これまで活動を共にしてきたメンバーの方々にもとても感謝しています。

感謝→恩返しへ

 この組織やメンバーの方々への感謝を私なりに還元したいと思い、現在取り組んでいることがあります。

インターン生の活動効率化と就活支援

私たちの組織は基本的に4年生が運営していますが、私のように一部2年生や3年生がインターン生という形で活動に加わっています。

私は自分と同じ立場の2年生インターン生に向けてA&PROと協力しながら、オフライン業務の提案と共に活動の効率化、就活サポートを企画しています。

闇雲にエンカレッジの業務に取り組むのではなく、活動実績を私のように記事を発信する形で残すとともに、伝える練習をさせたいというのが私の考えです。

そして私のチームの2年生が一人、私の企画に参加してくれることが決まりました。まだ実行に移し始めている段階ではありますが、メンバーの成長に貢献できるよう、これからも頑張りたいと思います。

最後に

このように、私はエンカレッジという組織に引き入れてくれた先輩や組織の中でお世話になった方々に向けて、組織に貢献する形で感謝を伝えようとしています。

この記事の著者/編集者

小川勇 早稲田大学 政治経済学部  

サークルの後輩や同期のキャリアの関心度が低いことを課題に感じ、それを変えるべくキャリア支援NPO法人『エンカレッジ』に加入。現在は1・2年生に向けてオンラインイベントを通してキャリア支援を行なっている。加えて、長期インターンの分野で学生と企業のマッチング事業の立ち上げのリーダーとしても活動している。

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

そもそもプロジェクトとは何か。それを知ることによって、あなたが現在取り組んでいる活動をもっと豊かにすることができるはずです。プロジェクトの基本を学び、そのプロセスについて考えてみましょう。

大庭彩 上野美叡 2Picks

タスクには明確に優先順位が存在し、正しい優先順位でタスクに向き合うことが締め切りへの余裕につながります。緊急度と重要度のマトリックスを用いて改めてタスクへの優先順位をつけることを意識したいです。

大庭彩 1Picks

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。