連載イベントで分かるA&PRO

労いの場でも伝わる、物腰の柔らかいメンバーたち。

イベントの概要、目的

 今年も、毎年恒例「夏の大懇親会(前半)」が行われました!このイベントは、直営塾ヘウレーカの夏期合宿(前半)の最終日の夜に開催され、合宿を運営したメンバーを労うことを趣旨としています。A&PROの懇親会というのは、ホテルや飲食店ではなく自社オフィスの研修スペースを利用し、自分たちで会場設営や食事準備を行います。その手作り感や温かみも、魅力の一つではないかと私は思います。

 普段は真剣に仕事に取り組むメンバーたちが、この場ではリラックスして飲食を楽しみ、懇親を深めます。また、卒業したメンバーも参加してくださり、久しぶりに話ができる貴重な機会にもなります。メリハリを大事にできるA&PROだからこそ、懇親会も充実したものになるのだと感じます。

メンバーからの話

ここで、メンバーが参加者全員に向けてお話ししてくれた内容の一部をご紹介します。

「合宿中は自分の生徒が抱える課題にひたすら向き合い、ずっと考えていたため、自分自身の合宿にもなっていたように感じます。今後も、日々何ができるかを考え、実行することを積み重ねていきたいです」(合宿運営リーダーより)

「医学部の6年間は本当に辛いけれど、浪人の1年間を乗り越えられたからこそ、今も乗り越えられる自信があります。その意味では、今年の受験生にも、大いに苦労してほしい、それが将来の自分を支えてくれるということを伝えたいです」(医学部6年生のメンバーより)

「社会人になって企業で勤め始めて、A&PROで培ったことがいかに活きるかを実感しています。コミュニケーションの取り方やメールの送り方一つ取っても、A&PROで学んだことが役に立っており、働かせていただいたことに感謝しています」(OBより)

「ゼミでは、一流企業でのインターンや企業の経営陣への提言などの経験を積んだ優秀なメンバーと、活動をさせてもらっています。しかしそんなメンバーよりも、このA&PROのメンバーのほうが僕は優秀だと感じます。それは、塾講師として生徒に伝わるように、生徒の記憶に残せるように試行錯誤しながらコミュニケーションを磨いている結果だと思います」(OBより)

イベントでわかる、A&PROの魅力

 私は単純に、A&PROには「良い人」が集まっていると改めて感じました。何をもって「良い人」とするかは人それぞれだと思うのですが、私の中では、「相手への思いやりが言動から伝わる人」だと考えています。もちろん日々の仕事の場面では、生徒のために、メンバーのためにと一生懸命な姿を見られます。しかし、こうした懇親会の場でも、自分も楽しみながらメンバーみんなも楽しめるように、という気遣いやコミュニケーションがあるため、一緒にいてとても気持ちがいいのです。その物腰の柔らかさが、人として尊敬できるところであり、互いに成長し合える環境を作っているのだろうと思います。

この記事の著者/編集者

遠藤 七海 東京外国語大学 国際社会学部  

大学・学部:東京外国語大学 国際社会学部 スペイン語専攻 
部活:男女バスケットボール部 マネージャー(高校) 
趣味:海外旅行(観光よりもサバイバル)、ミュージカル鑑賞 
アルバイト:浦安の某有名テーマパーク、大学進学塾での講師 
その他の活動:メキシコに短期語学留学(衝撃のサボテン料理を体験) 
現在お住いの地域:千葉県(総武線沿線) 
研究:教育社会学 「将来の夢」についての研究 
家族構成:父、母、犬のももさん、私 
その他:好きな食べ物は麺類(こだわりはラーメンの海苔を食べるタイミング)苦手な食べ物はパクチーとレーズンです

この連載について

イベントで分かるA&PRO

連載の詳細

普段は真剣に仕事に取り組むメンバーたちが、リラックスして飲食を楽しみ、親睦を深める様子をありのままお伝えします。

最新記事・ニュース

more

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった3日間の集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレン…

嶋田 夏生 草野柾樹 原 駿介 星野 歩華 齋藤祐太 17Picks

復習回数を闇雲に増やしたり、ノートいっぱいに何度も書かせる記憶法は、社会に出てから通用しない。 多忙なリーダーは、重要事項を一発で覚える。 たとえそれができなくても、復習回数を最小限にし、効果的・効率的に記憶することが大切。

今や社会人に必須のスキルとされている報連相。その重要性は誰もが知るところですが、時が経つにつれて報告・連絡・相談の目的や意図が本来のものから逸れてしまい、意味を勘違いしている社会人が増えてきました。 この記事では報連相の正しい意味と活用方法について分かりやすくご紹介します。

社会は常に変化し続けています。立ち止まればどんどん遅れていくことになります。

大きな課題に怖気付いたり、ミスに落ち込んでしまう方がほとんどではないでしょうか。私も前者に近い状態です。しかし、そのような状態ながらも、大変なことに対してプラスに捉えることができるようにと心がけていることがあります。

私は正直、2日間で自分の考えがここまで大きく変わるとは参加前は思っていませんでした。 これはこの研修が、ただただ新しい知識を先生から学ぶのではなく、納得できるまで本質を考え、自分と向き合うことができるからこそだと思います。そして、何より大学生の自分に、ここまで真剣に向き合い、厳しく指導してくださる大人に出会えたからです。こんな機会滅多にないので、迷っている方はぜひ参加をおすすめします。

田村稔行 藤原穫 信宗碧 3Picks

そんな「短期間で簡単に過去の自分を変えることなんて不可能だ」と感じる方が大多数だと思います。しかしながら、自身が徹底的に弱みと向き合い続け、目標とするリーダー像に成長したいと思う意思を持っていれば、必ず変われます。この研修には、それを応援してくれる森口さんと仲間がいます。

藤原穫 田村稔行 信宗碧 3Picks

これまでにリーダーシップの研修やインターンに参加したことがある人でも、必ず新しい発見が得られる研修です。私自身、2日間という短い時間の中でひたすら考え、そして行動する習慣を身につけることができました。また、自分自身としっかりと向き合い、自分の弱さを誠実に受け止めることができるようになりました。それは、「本気で変わりたい」という気持ちを真剣に持つことができるようになったからです。

藤原穫 田村稔行 信宗碧 3Picks

この研修の中で誠実という言葉が1つ重要であった研修であったと思います。ただの事実を述べる”正直”とは違い、”誠実”は本来あるべき姿に事象を持っていくことです。リーダーは自分と向き合い、弱さに向き合い、成長していく自分に対しての誠実さはもちろん、チームのメンバー・顧客等々、あらゆる立場の人に対して誠実でなければなりません。

田村稔行 藤原穫 信宗碧 3Picks