生徒・保護者に“感動を与える”サービスとは。

クレド10. 「顧客に感動を~高水準のサービスを追求し続ける~」

 感謝されるだけでなく、感動を与えてこそ、顧客に真の満足が生まれます。価格以上の価値を提供し、信頼を得ます。授業・プロジェクトの質をgood、bad、nextの順で振り返り、改善点・成功例を把握。次回施策につなげます。

クレドにまつわる私のエピソード

 直営塾へウレーカで働く中で、生徒・保護者に“感謝”だけでなく、いかに“感動”を与えられるかが、とても重要になってくるということをひしひしと感じています。

 へウレーカの生徒は授業の他に「テーマ学習」を受講することができます。これは、何時でも気ままに利用可能な一般的な自習ではなく、生徒自らが時間も含め目的・目標を予め設定し計画的に取り組む自習です。具体的には、テーマ学習開始前に、学習する内容の目的・目標(Goal)を自ら設定し、学習終了後に成果・課題を把握(Measure)。成果の要因と課題の原因を分析(Analyze)し、次回のテーマ学習に向けての計画(Plan)を設定する。通常の授業で生徒・講師ともに大切にしているこのサイクルをテーマ学習にも取り入れ、Gmap-cというシートに生徒が記入しています。これも記入して終了、ではありません。担当の講師がシートを確認し、生徒とともに振り返りを行う、つまりコンサルティングです。シートの記入だけで満足してしまうことのないよう、私が担当として振り返りを行う際には、その日学んだ内容を生徒に説明させながら記憶の定着を確実なものにしていきます。

 生徒一人一人と課題に向き合う中で、その根本が学習面での問題に留まらず、睡眠不足や食事など生活習慣に及ぶ事も多くあります。これらの課題を乗り越えることは学力の向上に繋がり、生徒の人生にも大きな影響を与えます。課題に共に向き合い、時には耳の痛い話もしつつ寄り添うことは簡単な事ではありませんが、この一つ一つの取り組みが生徒・保護者へ感動を与えるサービスにつながるのだと私達は信じています。

生徒指導、そして将来医師としてどう活かすべきか

 生徒を志望校合格に向けて導くという意味で、生徒と講師はお互いが本気で向き合う必要があります。この姿勢は、医師となった際にも必ず役立つと感じております。へウレーカでの経験を活かして、患者の立場になって考え、寄り添うことで感謝だけでなく感動を与えられるような存在となることが目標です!

この記事の著者/編集者

松崎 佑希乃 埼玉医科大学 医学部  

最新記事・ニュース

more

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。

研修参加前は、私はリーダーの素質がないと思っていました。しかし研修を通して、私には素質がないのではなく準備ができていないということに気付かされました。

誰しも緊張して力を出しきれなかった経験があるのではないでしょうか?この記事では、緊張に対処する方法と、緊張に関する野球部での実体験を紹介します。