連載ビジネス基礎研修 -実体験に結びつける-

サービスを『パッケージ』として設計・提供する

■今回の研修■ 『STAGE』

アドバイスを与えた生徒、果たしてその後は?

 今回の研修では、A&PROメンバーが月1回ごとに自身の行動を確認するための50項目である、STAGEについての深掘りを個人・グループで行いました。その中で最も印象的だったことが、「生徒にアドバイスをした時点で、講師には、生徒のその後の変化を確認していく責任が発生する」という言葉です。

 今回自分が問題として捉えているのは、自分の担当する授業回数が少なく、定期的に関わることが出来ない生徒への対応です。確かに、目の前の生徒に不足している点を、その場で指摘できることは素晴らしいことです。しかしそのアドバイスが、その後本当に功を奏しているかが確認できないのであれば、アドバイスした意味はありません。なぜならば、生徒自身がなかなか定着させられず困っていることというのは、悪い習慣として身についてしまっていることがほとんどだからです。

 たとえば、計算ミスが多いという課題を抱えた生徒は、多くの場合、解法自体が分かっていないわけではありません。途中計算を飛ばしたり、字が汚かったりといった具合に、知識・発想以外の部分に問題があります。だからこそ、アドバイスをする際には、1週間後・1か月後にどのような変化があるかまでを見守り、最終的にどうなったかの確認までを想定する必要があります。今後、アドバイス後の生徒の変化をしっかりと見守り、長期的に生徒をサポートできる講師を目指していきます。

 そしてこのことは、今後自分が社会人として働き、新たなサービスを設計・提供していく上で、なくてはならないスキルだと感じます。いくら良いアイデアが浮かび、実行したとしても、顧客からの反響を分析することまで想定がされていなければ、次回に向けた改良に結びつけることはできません。それどころか顧客からは、いったんサービスを利用したら、それ以降はほったらかし、と思われてしまいます。一つのサービスを設計・提供するときは、そのサービスを長期的に運用するという視点を忘れずに、顧客に対してどんな効果があり、今後どのような改善ができるかを測定・検討できるまでの仕組みづくりを心掛けていきます。

これから研修を受ける方々へ

 今回上で自分が書かせていただいた内容は、学んだことの一部にすぎません。STAGEの50項目の中で、普段自分が実践できていると感じることでも、改めて深堀りしてみると新たな気づきが得られます。そして抽象論にとどまらず、次に向けての具体的な対策までを考える機会でもあります。このことは社会人として働く上で必須のスキルだと思いますので、ぜひ読者の皆さんも1度参加してみることをおすすめします!

研修で学んだこと

  • 想定外の時こそ、基本の行動が大切
  • 振り返りの際は、良かった点・悪かった点双方に目を向ける
  • 職場のルールや誓約書は、自分が守るためのものであると同時に、他人(後輩)を導くものである
  • サービス設計の際は、全体像を想像することが必要(パッケージ化)
  • 生徒と目標を共有する際は、その目標が生徒自身に見合ったものであると認識させることが必要
  • ネガティブなことから目を背けさせない

この記事の著者/編集者

萩原 佑太 早稲田大学 基幹理工学部  

大学・学部:早稲田大学 基幹理工学部  部活:硬式野球(高校)先輩の中には甲子園でノーヒットノーランを達成した投手も!  サークル:硬式テニス(今年で63年目を誇る、日本最古のサークルに所属。)  趣味:カラオケ、ラーメン屋巡り、野球観戦(こだわりは太陽の下で楽しむ屋外球場!)  アルバイト:個別指導塾講師、引っ越し  その他の活動:Nexus(大学生の今から、社会で活躍するための基礎を学んでいます!)

この連載について

ビジネス基礎研修 -実体験に結びつける-

連載の詳細

頭で理解するだけでは不十分。参加者自ら実践し、習慣化するまで責任を持つ30の研修プログラム。各クライアントの課題・ニーズに合わせて個別に設計。

話題のニュース

more

目次 プロフィール私の経験談初志は唯一無二の研究者志に対する自問自答を繰り返す研究者志向から、事業家志向へ最後の学生生活1年で為すことリーダーと ...

今月の研修:リーダーシップパワー理論 信頼口座・信頼残高について、皆さん知っていますか?簡単に説明すると、信頼口座・信頼残高とは、相手からの信頼 ...

皆さんこんにちは!! A&PROの長期インターン生として活動をはじめて2年が経過した、早稲田大学4年の萩原佑太です!! 今回の記事は、本 ...

「あなたが尊敬する人は誰ですか?」 面接などの定番質問ですね。一度は聞かれたことがあるのではないでしょうか。 この質問をされたときにパッと思い浮かぶ人物はいますか? もしかしたら、今近くに尊敬できる人がいないと悩んでいる方もいるかもしれませんね。尊敬できる人に出会うことは自らの成長に繋がります。人との出会いが人生を変えることもあるのです。そこで、この記事では尊敬できる人に出会う方法をお伝えしていきます。

今月の研修:リーダーシップパワー理論 人から信頼される人間になりたい、これは誰しもが思うことではないでしょうか。さらにリーダーという立場であれば ...

今月の研修:災害時・緊急時の対応 皆さんは今この瞬間地震が起きたらどう対処しますか?火事だったら?強盗がガラスを割ったらどう行動するでしょうか? ...

他者に説明をしたり指示を出したりした際に「言っていることをなかなか理解してくれない」、「指示した通りに行動してくれない」と思ったことはありませんか? このような場面では、つい相手に非があるように感じてしまいますが、実は自分の取り組み次第でコミュニケーションの質は格段に上がるのです。そこで今回の研修で学んだ、コミュニケーションを図るうえで人の上に立つ人が心得るべきことについてご紹介します。

今月の研修:リーダーシップパワー理論 目次 リーダーシップパワー理論を人材採用へ活用するこれから研修を受ける方々へ研修で学んだことリーダーシップ ...