一生懸命は当たり前。メンバーに価値を提供できるリーダーになる

研修を通じて気付けたこと・今後に役立てられること

準備している人間がリーダーになるべき

この言葉を聞いたとき、自分が果たして準備ができている人間なのかということを見つめ直しました。リーダーとしてメンバーの人生を背負う覚悟、それを自分が今まで持っていたのかを疑問に思いました。一組織のセクションリーダーとして活動をしてきましたが、自分の考えの甘さを痛感させられたように思います。今まで人生の中でリーダーを務める機会をたくさん頂いてきましたが、いつもなんとなくで活動し、メンバーに価値を与えられていませんでした。組織がうまくいかないときには誰かのせい、環境のせいなどにしていた節もあったように思います。そのような悪しき考えを根本から崩してくれた言葉です。

役職、年齢に関係なく、説得力のある意見に従おう

役職や年齢が上の人には無条件に従っていた自分がいたことを再認識させられました。

「自分はまだ下っ端だし、権限もないから行動できない」

そう決めつけていた部分があったと思います。自分から説得力のある意見を創出しようとも思わず、非常に怠けていました。リーダーになって初めて権限が与えられ、自分自身が自由になれると思っていましたが、今回の研修でそういった考えは捨てようと思い直しました。私は複数いるリーダーの一人を務めていますが、そんな考え方ではメンバーたちも信頼して付いていくことは難しいと今は考えることができています。どのような立場の人の意見であっても、説得力があればそれを積極的に採用し、裁量を与えていく、そのことが自分には大切だと考えています。そして自分がリーダーという立場ではない状態で組織に参加したときも意見の創出をしていきたいと思います。

研修参加前後での心境の変化・研修講師やA&PROメンバーへのメッセージ

今までの自分はこのままでいいんだ、と心の底で甘えがあったと思いました。リーダーとして成長していくことを考えられていませんでした。私は今一生懸命やっている、自分なりに頑張っている、そう思ってしまっていました。しかし、今回の研修でリーダーが必死になるのは当たり前だと話を聞き、その通りだと衝撃を受けました。自分がメンバーの大事な時間を奪っている、メンバーの人生を台無しにしている、そう思うと非常に申し訳ない気持ちにもなりました。会議一つを取っても設計を今よりもしっかり行うことで、毎回気づきを提供できるような活動をしていきたいと思っています。

リーダーシップについては今まで何度も考えてきました。ただ、本当にそれが何なのかはきちんと理解できていませんでした。リーダーシップという抽象的なものに熱くなることは恥ずかしいと思っていたのかもしれません。しかし、今回自分の中ではっきりリーダーシップを考える3日間を過ごすことができました。何度も悔しい思いをし、辛いと考えたこともありましたが、充実した時間とすることができたのは真剣に向き合った結果であると思います。

直接指導してくださった森口さん、この研修を受講していくにあたって環境を整えてくださったA&PROのメンバーの皆さんに心から感謝したいと思います。本当にありがとうございました。

これからリーダーシップゼミを受ける人へのメッセージ

「自分はもうリーダーとして必要な素質を持っている」

リーダー経験があるからこそ、他人から推薦される機会があったからこそ、そう考えている人は少なくないと思います。私自身も恐らくその1人でした。しかし、自分が学生気分でぬるま湯に浸かっている状態であることをこの研修では実感させられます。目標設定からワークまで本当に真剣に自分に向き合うことを要求させられます。辛いこと、しんどいなと思うことはたくさんあります。ただ、成長する機会であることは間違い無いです。3日間、とにかく自分の成長のためにこんなに懸命に活動できる機会はなかなか無いと思います。大学生活の中で何か成し遂げたい、真剣にのめり込みたいと考えている方はぜひ挑戦してみてください。本気で成長したい方には必ずいい機会になると思います。

研修を通じて学んだこと

  • あらゆる仕事はコミュニケーションと結びつけることで豊かになる
  • 準備している人間がリーダーになるべき
  • 目標設定によって最大限の力を発揮することができる
  • リーダーは誠実に行動している人のために活動する
  • 上辺だけでなく、本質を考えるようにする
  • 責任、権限、義務は自ら考えていく
  • 自分で決めた目標を自分で守っていくことで、自分の自信に繋がる
  • 信頼関係の構築のために積極的に約束をする
  • 役職、年齢に関係なく、説得力のある意見に従おう
  • リーダーは泥くさく行動していこう
  • 本当に相手のことを手助けしたいという気持ちで行動していこう
  • 自分がもらうのではなく、まずは自分が価値を提供していく必要がある

推薦してくれた方へのメッセージ

推薦してくれた松橋くん、本当にありがとうございます。1ヶ月に1回のこの機会を私に分けてくれたこと、本当に感謝しています。私は楽しい、居心地の良い組織づくりを意識しすぎて成長を怠っていました。自分が強い組織を作れるわけはないと考えてしまっていました。今回の研修をセクションに持ち帰って、何が活かせるのか、何を還元できるのかを考えていきたいと思います。自分とチームをしっかりマネジメントし、強い組織を作っていきたいと思います。

この記事の著者/編集者

中川湖杜 早稲田大学  

早稲田大学人間科学部人間環境科学科に所属。現在は広告と記憶について研究を行なっている。大学生活では学園祭実行委員会に所属し幹部も経験した。現在は主に24、25卒の学生向けにキャリア支援のサービス提供を行なっている。

するとコメントすることができます。

新着コメント

  • 長堀百合野

    早稲田大学 2021年10月29日

    リーダーはメンバーの人生を背負っている。
    この覚悟は、それまでの私の中にもなかったものでした。人間というのは組織がうまくいかない時、他責にしてしまいがちなものですが、研修を通してリーダーとしての責任を再度自覚し、メンバーの人生を預かるという覚悟を醸成できた中川さんなら、今後更に実りあるセクションを作っていけると思います。
    また、私も中川さんのように、より良い組織を作るために自分の行動を見つめ直し、次に繋げていけるリーダーを目指していきます!

  • 佐藤幹太

    早稲田大学大学生 2021年11月06日

    中川さん
    「準備できている人がリーダーになるべき」
    この言葉は自分も本研修で一番印象に残っていることです。そしてその準備とは単に今までリーダー経験をしてきたかということよりも、メンバーに「誠実」に向き合う覚悟があるか、そして自分自身もメンバーに価値を提供できるように行動し続けているか、そのようなものであるということを知ることができました。
    研修を一緒に受けて中川さんならそんなリーダーになれると思いましたし、一緒に切磋琢磨しながら頑張っていきましょう!

  • 山田飛翔

    早稲田大学大学院 創造理工学研究科 2021年10月29日

    リーダーはメンバーの大切な時間を使っている。
    セクションリーダーとして活躍する中川だからこそ、強く感じた部分ではないでしょうか。
    日々のMTGやセクションの戦略・方向性の策定とリーダーの準備/判断でメンバーの動きが変わってきます。セクションの成果とメンバー双方に向き合う責任ある立場だからこそ、「準備」が必要になってきます。成果とメンバーどちらにもトレードオンで向き合える強いリーダーを目指して一緒に頑張っていきましょう。
    早稲田大学:山田

  • 田村稔行

    早稲田大学 基幹理工学部 情報通信学科 2021年10月21日

    リーダーはメンバーの大切な時間を使っている。
    私自身、以前本研修を受け、リーダーとして提供できるものは何なのか考えさせられました。
    同じセクションで活動するメンバー、そしてセクションリーダーを経験した者として、中川さんの決意を応援します。

    実際に研修後のミーティングから、セクションで何ができて、後輩にとって何が提供できるか見つめ直す機会を設けていましたね。
    目標を実現できるよう考えて抜いて行動し続けて、今後も一緒に活動していきましょう!!

    リーダーズカレッジ:田村

最新記事・ニュース

more

「人は強く望んでいることを容易に信じてしまうものである」噂・偏見・思い込みで、誠実に行動している人を傷つけてはいけない。本質を理解し、誠実に行動…

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレンジし、社…

嶋田 夏生 草野柾樹 原 駿介 星野歩華 伊藤純希 45Picks

研修参加前は、本当に自分はリーダーに向いているのか不安に感じていました。それは、リーダーはセンスや性格で決まるものだ、という考えに基づくものでした。しかし、研修を通じて自分自身も努力次第でリーダーになることができることに気づき、リーダーをやることに対して積極的に考えるようになりました。 また、自分自身の甘さやリーダーになることの大変さにも気付くことができたので、それと真摯に向き合って誠実なリーダーを目指し、継続的な努力を続けていきたいと思います。

まさに想像を超えてくる研修だと思います。 日常では気づけないことにたくさん気づくことができます。当たり前のように使っているコミュニケーションの奥深さに気づくこともできます。 これまで数多くの会社のインターンに行きましたが、ここまで自分と向き合い、実際のビジネスにおける視座でコミュニケーションを取れる機会はありませんでした。間違いなく貴重な経験となるので、自身の弱みは隠さず、全てを吸収するという覚悟を持って臨むことをお勧めします!

クレド2.互いに尊敬し合えるチームであれ 普段、感謝を伝える機会を作れていますか?恩返しとして行動に移すことも素晴らしいことですが、相手に言葉として感謝を伝えることで、より有り難さをお互いに認識することができるのではないでしょうか。

二日間の研修で、表面的な親切心は妥協でしかなく、本当に相手のことを思った言葉ではないと気づきました。リーダーは相手の未来の成長を常に考え、耳の痛いアドバイスも与えることができる人です。私も「いい人」ではなく「嫌われる勇気を有する人」としてコミュニケーションできる人材になろうと、根本から価値観を転換することができました。

台風、大雨、洪水、大雪、地震などたくさんの災害が起こる日本。リーダーとしてメンバーの命を預かる際、これらの災害に対して正しく向き合えていますか?

クレド1.周囲の人、物事全てに感謝 普段、感謝を伝える機会を作れていますか?恩返しとして行動に移すことも素晴らしいことですが、相手に言葉として感謝を伝えることで、より有り難さをお互いに認識することができるのではないでしょうか。

地震が起きた際、コミュニケーションを使い分ける必要性があります。最初は強いコミュニケーションで身の安全を守ることを命令し、その後は大きな声で落ち着いて指示を出すとよいでしょう。いつ起こるかわからないからこそ、準備ができているリーダーになりましょう。

誰しもが受けたことがあるはずの避難訓練。しかし、それも生活様式の変化によって変わってきているはずです。今回の記事では、テレワーク下における避難訓練についてお話します。

早稲田大学の星野歩華と申します。大学生活ではダンスサークルの活動に注力しており、広報部長を務めていました。最後の1年はコロナの影響で普段の活動ができませんでしたが、逆境を成長のチャンスと捉え「今しかできないこと」に取り組み乗り越えました。