連載リーダーシップゼミ -参加者の声-

コミュニケーションは仕事の基本、信頼を得るために

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること

コミュニケーションの前提は約束を守ること

コミュニケーションとは単なる会話のキャッチボールではありません。真のコミュニケーションとは、意義のある情報のやり取りだと研修で学びました。有意義に情報をやり取りするためには、約束を守って信頼を獲得することが大切です。そして、信頼を獲得するために重要なことがいくつかあります。その中でも特に、自分の非を認めることや相手に嘘をつかないこと、時間厳守は基本的なことです。

PREP法で伝わりやすいコミュニケーションを

PREP法を用いることで、相手に伝わりやすいプレゼンや会話ができます。ただし、PREP法を意識するあまり、内容をおろそかにしてはいけません。肝心なのは伝える内容であり、それが無価値では意味がないと学びました。

相手との共通点を探せ

意味のあるコミュニケーションを取るためには、相手を会話に引きこむことが前提となります。相手をコミュニケーションに参加させる有効な手段は、自分との共通点を提示することです。しかし、このようなノウハウは悪用してはいけません。効果が強い分、取り扱いに注意する必要があります。

研修講師やA&PROメンバーへのメッセージ

この3日間、とても貴重な体験をさせていただきました。このような場を私達に無償で提供していただき、大変ありがたく思います。今後は研修で得た数多くの学びを実践によって習慣づけ、塾講師としての仕事にも活かしていく所存です。また、信頼される社会人としての在り方を身に付けられるように、引き続き努力してまいります。

3日間の実践記録

研修で学べたこと・感じたこと

  • コミュニケーションは仕事の基本
  • コミュニケーションの前提は、約束を守ること
  • 自分と相手の価値観は違うということを認める
  • 時間を守ることは相手を尊重すること
  • 自分の弱さに向き合うことで自己変革が可能になる
  • PREP法で伝わりやすいコミュニケーションを
  • 相手の話を全て聞きとりそれをまとめるという意識を
  • 人が動くことにはメカニズムがある
  • ティーチング/カウンセリング/コーチングは使い分ける
  • 相手との共通点を探せ
  • コーチングを適切に用いれば、コーチ以上に相手を伸ばせる
  • 悪意を持った者が技術を使ってはならない
  • 社会人の学びとは、その場で吸収すること
  • 事前準備によって、コミュニケーションの価値を高められる
  • コーチングとは、相手を説得したり自分の意見を押し付けたりするものではなく、相手の課題を掘り下げ本質に気づかせるもの
  • スキルを学ぶティーチングと、マインドやスタンスを学ぶコーチング
  • 相手と自分の双方が共感できる点を起点として課題解決を目指す

これから研修を受ける方々へ

この研修では、普段の生活で意識していない自分の強みや弱みにも向きあうことができます。しっかり自分自身を見つめ直すことで、様々な気づきが得られるでしょう。これから研修を受ける皆さんにも、信頼される社会人としての在り方をぜひ学び取ってもらいたいです。

A&PROより

約束を守ることは、相手の信頼を得るために必要なことです。そして、相手の信頼を得ることはコミュニケーションをより良いものとするために重要となります。例えば、相手との時間を守ることがより良いコミュニケーションに繋がります。「自分との話の機会を大切にしてくれる」という信頼感を相手に抱いてもらえるのです。

約束を守ることの意義をコミュニケーションという側面から見つめ直し、これを大切だと気づいていただいたことにとても嬉しく思いました。

コミュニケーションの質を高めることは、社会人として人と共生していく限り必ず自身の武器となります。今後の実践を通じて、これを達成できるよう応援しています!

(リーダーカレッジ:野澤)

この記事の著者/編集者

Y.K. 東京大学 理科1類  

この連載について

リーダーシップゼミ -参加者の声-

連載の詳細

1DAY体験後は、実際に自身がどれだけ成長できるかを実感してもらいたい。

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。

参加者の能力開発にこだわった3日間の集中プログラムです。

今のうちに自身の限界にチャレンジし、社会で本当に役立つ自身の強みを見つけ、今後の学生生活や就職活動に大いに役立ててほしい。

(1)コミュニケーション研修
社会に出ると様々な職業や年齢の方々と仕事をすることになります。
A&PROの主なクライアントでもある企業の経営者や幹部などを想定しビジネスで使えるコミュニケーション方法を理論とゲームを通して学びます。

(2)コーチング研修・アサーティブ研修
たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。
科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。

(3)リーダーシップ研修
人は何に対して導かれるのか、「パワー理論」「信頼のメカニズム」「影響力の種類」について体系的に研究し、その場で実践。


参加希望の方はこちら ⇒申込フォーム
※A&PROと提携する大学・企業から推薦されたメンバーのみが参加可能

話題のニュース

more

他者に説明をしたり指示を出したりした際に「言っていることをなかなか理解してくれない」、「指示した通りに行動してくれない」と思ったことはありませんか? このような場面では、つい相手に非があるように感じてしまいますが、実は自分の取り組み次第でコミュニケーションの質は格段に上がるのです。そこで今回の研修で学んだ、コミュニケーションを図るうえで人の上に立つ人が心得るべきことについてご紹介します。

今月の研修:リーダーシップパワー理論 リーダーシップパワー理論を人材採用へ活用する 影響力とは、相手の心の中に生じる これは、A&PRO ...

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること ①組織・スタッフは「上」に合わせる「サービスレベルの低いスタッフ」に順応するよりも「サービスレ ...

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること 現在自身が所属する組織(就活支援の学生団体)のチームリーダーとして自分に不足しており、今後のテ ...

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること コンフォートゾーンにいるときは成長できない 今の自分に一番大切な考え方だと思いました。 今まで ...

クレド10.顧客に感動を〜高水準のサービスを追求し続ける〜 感謝だけではなく、感動を与えてこそ、顧客に真の満足が生まれます。顕在ニーズに迎合せず ...

今月の研修:災害時・緊急時の対応 私たちの生活はいつ災害に巻きこまれるか分かりません。時に、災害により大切な人々の命が奪われることもあります。災 ...

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること 背中の見せ方 私は今まで組織の中心にいることが多く、リーダーという役割であろうとなかろうと全力 ...

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること 考えの甘さを痛感 研修を通じて、「今まで、どれだけ周りに甘やかされて生きてきたか」を実感しまし ...

消費と生産が同時に行われることの利点を活かす 最も印象深かったことは、無形サービスは、有形サービスとは異なり、その場でサービスを相手に最適化でき ...