• アサーティブコミュニケーション研修

    次のような思いを持ったことはありませんか? 1.そんなつもりじゃないのに、誤解される......2.他の人に依頼しづらい......3.本当は気…

    • 山中 聖太

      山中 聖太

      2021年01月10日

      ■ 研修を受けて学んだこと・気づけたこと ■
      Passiveな態度は、単に受け身で、自己犠牲的という訳ではなく、実は自分本位な態度で、「相手に嫌われたくない」、「面倒ごとを避けたい」、そんな内向きな気持ちが根っこにある。それゆえ、受け身な態度は、陰口や皮肉のような作為的な態度に発展してしまうこともある。

      ■ 顧客・プロジェクトのために、今後、具体的にどのように役立てますか ■
      アサーティブな人同士の交渉では、比較的、建設的なゴールに辿り着くことは難しくないが、一方で、相手がアグレッシブな場合はそう簡単ではないことを、実際にロールプレイングを通じて感じた。相手がパッシブな場合、これは今後自分が部下を持つに連れてよく遭遇するであろうケースだが、これも同様に、現状の自分では難しいと思う。まずは、相手のコミュニケーションスタイルに応じて、自分自身がどんなコミュニケーションを取りがちなのか、4つの柱・7つの基本姿勢・DESC法がどの程度身についているか、チェックしていきたい。

      ■ 研修講師へのメッセージ ■
      今回も学び多き研修を、ありがとうございました。自分は比較的アサーティブなコミュニケーションができていると思い込んでいましたが、実際は相手のコミュニケーションスタイルによって、簡単にアグレッシブになったり、パッシブになったりしてしまうことがあるなと気づけました。根本的には、自分の気持ちや相手の感情を言葉を通じて理解する力が、まだまだ甘いのかなと感じています。これから、しっかりと鍛えていきます!

      +2
森口 敦

A&PRO President & CEO

20フォロー 13フォロワー
12フォロー 10フォロワー
大庭彩

A&PRO リーダーズカレッジ本部

15フォロー 13フォロワー
藤原穫

東京大学 薬学部

20フォロー 13フォロワー
萩原 佑太

早稲田大学 基幹理工学部

16フォロー 13フォロワー
長谷川拓志

早稲田大学 創造理工学部

17フォロー 10フォロワー
野澤 一真

東京理科大学 理学部

22フォロー 13フォロワー
13フォロー 11フォロワー
久保井美愛

上智大学 外国語学部

16フォロー 13フォロワー
上野 美叡

日本歯科大学・生命歯学部

16フォロー 12フォロワー
23フォロー 11フォロワー