相手の潜在ニーズは何なのか?考え、世界に主体的に働きかける!

潜在ニーズに応えることは、人間関係を築く基礎にして奥義

 一番心に残っているのは、「潜在ニーズに応える」ことです。これは人間関係を築く基礎にして奥義だと思い至りました。

 潜在ニーズに応えるということは、相手にとって耳の痛いことも言うことにもなります。 私自身の経験として、本当は伝えた方がお互いにとって建設的なのに気おくれしてしまい言うことができない、そんな場面がいくつもありました。そのうち本当に伝えたいことや言うべきことがそもそも考え浮かばなくなるほど、これが習慣として身についてしまっているかもしれません。

 ここで研修を受け、私は次のように考えました。相手の潜在ニーズは何なのか?これをいつも考えながら人と接することで、自分の周りの人も変わり、環境も変わる。これで、自分が世界に主体的に働きかけできるなと思いました。みなさんにいつも刺激と気づきを与え続ける仲間になりたい!

これから研修を受ける方々へ

 大学に入るとなぜか、学ぶ意欲や成長意欲が歓迎されないコミュニティーや環境があふれています。これに対し、A&PROには常に学びと気づきがある!それを確信できる1dayです。

研修で学べたこと・感じたこと

教室見学

  • 心地よい環境が、集中するのによい環境ではない!
  • 1対3で複数科目を同時に教えるのはスゴい!
  • 空間にいる全員がもれなく真剣!

教室見学以外

  • SMART&Challenge
  • Inside Out
  • 潜在ニーズ
  • 自信:自分を裏切らない。自分に責任を果たす。
  • 脳も、使わなければ衰える
  • “親のよう”=耳の痛いことも言う
  • Gmap-c
  • メリハリ

A&PROより

 潜在ニーズに応えることが如何に重要であるかということ、またそれを実践することが如何に難しいことかということ、これらに気づきを得ていただきとても嬉しく思いました。

 潜在ニーズに応えるとは、「今の」相手が必要としていないものに対しても、それに言及しサポートをすることです。
 潜在ニーズに応えることの出来る人は、相手にとって重要な人材であると言えます。それは、相手が気づいていないことのサポートを行える、つまり相手の出来ないことを自分が手伝えるからです。
 そして潜在ニーズに応えることは非常に難しいことです。これを可能とするためには、「今後」相手にとって何が必要となるのか、それを深く慎重に考えることが重要になるからです。また潜在ニーズにアプローチするために、相手が重要だと意識していないものが、何故重要なのかを説明することの難しさもあります。

 また、A&PROには新たな学びや気づきがあるということ、これは私が共感したところでした。実際私はこのアンケートを通じて、潜在ニーズに応えることが人間関係を築く上でも重要である、という新たな気づきを得ることが出来ました。
 A&PROにおいて気づきが得られるのは何故か?私の経験からそれを考えると、一生懸命取り組む人達が集まっているところだからだと思います。この方が1day就業体験に対して、一生懸命取り組み、考え、気づきに向き合った。そうして私は、このアンケートでも新たな気づきを得られたのだと思います。

 相手の潜在ニーズは何なのか、それを考えて一生懸命取り組む中で、相手に対して気づきを与えられる存在となれるよう、今後のご活躍を楽しみにしています。(A&PRO研修生:野澤)

この記事の著者/編集者

山中 聖太 さん 東京大学 文学部  

最新記事・ニュース

more

周囲への感謝の気持ちを伝えることは、人間関係を豊かにし続けます。本記事では特に私が大切にする3つの考え方をお伝えします。読み終わった後にはつい照れてしまって感謝を大事な人に伝えきれていない人も「ありがとう」と周りに言いたくなるような記事です。

須賀渉大 羽田 優作 香山 渉 3Picks

感謝は大事だと分かっているけれど、感謝を後回しにしてしまう。そんな方に、感謝の価値を改めて実感していただき、実践するための準備となるメッセージになればと思います。

「ありがとう」と人に感謝を伝えるとき、皆さんはどのようなことを意識していますか。形骸化した「ありがとう」では、お互いに実りのあるコミュニケーションをとることができません。価値のある「ありがとう」を伝え、自分自身や相手、そして組織全体にプラスの影響を生み出していきましょう。

松本 康士朗 香山 渉 2Picks

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。