連載1DAY体験 -参加者の声-

相手の潜在ニーズは何なのか?考え、世界に主体的に働きかける!

潜在ニーズに応えることは、人間関係を築く基礎にして奥義

 一番心に残っているのは、「潜在ニーズに応える」ことです。これは人間関係を築く基礎にして奥義だと思い至りました。

 潜在ニーズに応えるということは、相手にとって耳の痛いことも言うことにもなります。 私自身の経験として、本当は伝えた方がお互いにとって建設的なのに気おくれしてしまい言うことができない、そんな場面がいくつもありました。そのうち本当に伝えたいことや言うべきことがそもそも考え浮かばなくなるほど、これが習慣として身についてしまっているかもしれません。

 ここで研修を受け、私は次のように考えました。相手の潜在ニーズは何なのか?これをいつも考えながら人と接することで、自分の周りの人も変わり、環境も変わる。これで、自分が世界に主体的に働きかけできるなと思いました。みなさんにいつも刺激と気づきを与え続ける仲間になりたい!

これから研修を受ける方々へ

 大学に入るとなぜか、学ぶ意欲や成長意欲が歓迎されないコミュニティーや環境があふれています。これに対し、A&PROには常に学びと気づきがある!それを確信できる1dayです。

研修で学べたこと・感じたこと

教室見学

  • 心地よい環境が、集中するのによい環境ではない!
  • 1対3で複数科目を同時に教えるのはスゴい!
  • 空間にいる全員がもれなく真剣!

教室見学以外

  • SMART&Challenge
  • Inside Out
  • 潜在ニーズ
  • 自信:自分を裏切らない。自分に責任を果たす。
  • 脳も、使わなければ衰える
  • “親のよう”=耳の痛いことも言う
  • Gmap-c
  • メリハリ

A&PROより

 潜在ニーズに応えることが如何に重要であるかということ、またそれを実践することが如何に難しいことかということ、これらに気づきを得ていただきとても嬉しく思いました。

 潜在ニーズに応えるとは、「今の」相手が必要としていないものに対しても、それに言及しサポートをすることです。
 潜在ニーズに応えることの出来る人は、相手にとって重要な人材であると言えます。それは、相手が気づいていないことのサポートを行える、つまり相手の出来ないことを自分が手伝えるからです。
 そして潜在ニーズに応えることは非常に難しいことです。これを可能とするためには、「今後」相手にとって何が必要となるのか、それを深く慎重に考えることが重要になるからです。また潜在ニーズにアプローチするために、相手が重要だと意識していないものが、何故重要なのかを説明することの難しさもあります。

 また、A&PROには新たな学びや気づきがあるということ、これは私が共感したところでした。実際私はこのアンケートを通じて、潜在ニーズに応えることが人間関係を築く上でも重要である、という新たな気づきを得ることが出来ました。
 A&PROにおいて気づきが得られるのは何故か?私の経験からそれを考えると、一生懸命取り組む人達が集まっているところだからだと思います。この方が1day就業体験に対して、一生懸命取り組み、考え、気づきに向き合った。そうして私は、このアンケートでも新たな気づきを得られたのだと思います。

 相手の潜在ニーズは何なのか、それを考えて一生懸命取り組む中で、相手に対して気づきを与えられる存在となれるよう、今後のご活躍を楽しみにしています。(A&PRO研修生:野澤)

この記事の著者/編集者

山中 聖太 さん 東京大学 文学部  

この連載について

1DAY体験 -参加者の声-

連載の詳細

社会人はもちろん、中学生・高校生・大学生の人材育成コンサルを行っているA&PRO。
『どの業界でも活躍できる人財』をテーマに、その理論と実践のノウハウを提供します。

まずは皆さんがイメージしやすい中高生部門、進学塾ヘウレーカを会場とし、 当社代表と直接コミュニケーションを取りながら、人材育成の現場を体感していただきます!!


■ 1DAY体験(リーダーシップゼミ事前説明会を兼ねる)■

- 人材育成のメカニズムを体系的に学べる3時間 -
・プロジェクトを推進する上で、武器としての発想が重要「コンサル思考で学ぶ責任・権限・義務」
・大学では学べない、科学的なメカニズムから設計された「実践型コーチング」
・部活、サークル、アルバイトでも活用できる「リーダーのためのサービス理論」
・直営塾「ヘウレーカ」の教室見学
・リーダーシップゼミ、今後の流れについて
・個別相談


参加希望の方はこちら ⇒申込フォーム
※A&PROと提携する大学・企業から推薦されたメンバーのみが参加可能

話題のニュース

more

目次 プロフィール私の経験談初志は唯一無二の研究者志に対する自問自答を繰り返す研究者志向から、事業家志向へ最後の学生生活1年で為すことリーダーと ...

今月の研修:リーダーシップパワー理論 信頼口座・信頼残高について、皆さん知っていますか?簡単に説明すると、信頼口座・信頼残高とは、相手からの信頼 ...

皆さんこんにちは!! A&PROの長期インターン生として活動をはじめて2年が経過した、早稲田大学4年の萩原佑太です!! 今回の記事は、本 ...

「あなたが尊敬する人は誰ですか?」 面接などの定番質問ですね。一度は聞かれたことがあるのではないでしょうか。 この質問をされたときにパッと思い浮かぶ人物はいますか? もしかしたら、今近くに尊敬できる人がいないと悩んでいる方もいるかもしれませんね。尊敬できる人に出会うことは自らの成長に繋がります。人との出会いが人生を変えることもあるのです。そこで、この記事では尊敬できる人に出会う方法をお伝えしていきます。

今月の研修:リーダーシップパワー理論 人から信頼される人間になりたい、これは誰しもが思うことではないでしょうか。さらにリーダーという立場であれば ...

今月の研修:災害時・緊急時の対応 皆さんは今この瞬間地震が起きたらどう対処しますか?火事だったら?強盗がガラスを割ったらどう行動するでしょうか? ...

他者に説明をしたり指示を出したりした際に「言っていることをなかなか理解してくれない」、「指示した通りに行動してくれない」と思ったことはありませんか? このような場面では、つい相手に非があるように感じてしまいますが、実は自分の取り組み次第でコミュニケーションの質は格段に上がるのです。そこで今回の研修で学んだ、コミュニケーションを図るうえで人の上に立つ人が心得るべきことについてご紹介します。

今月の研修:リーダーシップパワー理論 目次 リーダーシップパワー理論を人材採用へ活用するこれから研修を受ける方々へ研修で学んだことリーダーシップ ...