「何となく」や「好き嫌い」で物事を判断せず、誠実に向き合うリーダーへ

研修を通じて気付けたこと、今後に役立てられること

①約束を守ることは信頼や自信に繋がる

私は今までコミュニケーションを多くとることで信頼を得ようと努力してきました。「約束を守る」という方法は強く意識したことがなく、約束を破ることで信頼を一瞬で失うこともありました。
本研修では時間や事前準備、ルールなど様々なシーンで約束ごとがありましたが、一度、約束を破ってしまった際にその威力の大きさに気づかされました。今後は自分との約束を積極的に守ることで自信を身に着け、他者との約束も守り続けることで信頼されたリーダーになりたいです。

②準備が出来ている人がリーダーになる

私にとってリーダーとは、行動力がある人、影響力のある人など組織の中で目立った行動をする人でした。しかし、本研修では常に準備が出来ている人がリーダーであると学びました。私は想定内の範囲かつ最低限の準備しか出来ておらず、想定外のことに対応する準備力がないことを痛感しました。また、今まで長期インターンやバイトではみんなに好かれるリーダーを目指していましたが、実際はメンバーに対して説得力を持った意見を発信し、説得力のある意見を優先できる人が目標に向かって一番誠実に取り組んでいるのだと気づきました。

③ビジネスにおいてはお互いの時間を奪ってる認識のもと、限られた時間内で伝えることが重要

私は初日の研修で、言語化が上手くできず話が長くなってしまうことや聞かれた質問に対して適切ではない回答をしてしまうという弱みを再認識しました。その弱みを今までは何となくダメなことだ、直さなければならないと考えていましたが、お互いの貴重な時間を消費しているということを実感し、反応の前に想像と選択が必要であると学ぶことで、抽象的にとらえていた部分を具体的に意識できるようになりました。今後は、動物的反応ではなく自分を律するために小さなことでも想像と選択を積み重ねていきたいです。

研修参加前後での心境の変化、研修講師やA&PROメンバーへのメッセージ

研修前は、過去にリーダーを務めてきた経験があったため、新たな学びがどれくらいあるのかを疑問に思うと同時に、本研修でのプログラム内容に漠然とした期待を抱いていました。研修では自身の弱みや強みと向き合いながら、リーダーとして、人として物事の多くの部分を表面上でしか捉えられていないことにきづきました。研修を終えた時には、今までつっかえていた物が取れたような感覚になりました。そして今後は「何となく」や「好き嫌い」で物事を判断せず、誠実に向き合っていける人間になりたいと考えました。

森口さん、A&PROメンバーの皆さん、お忙しい中、2日間という短くも非常に濃い時間を頂きありがとうございました。研修では価値を受け取るだけでなく、森口さんやA&PROメンバーにも価値を提供出来たと考えています。本研修での学びを最大化するためにもまずはエンカレッジで実践し、誠実さと正直さをもって成長していきたいと思います。

これからリーダーシップゼミを受ける人へのメッセージ

今まで皆さんが漠然と抱えていた自分自身の悩みと向き合う場であり、それを明確に言語化、可視化できる機会だと思います。自分が大切にしている価値観を持ちながらも、いかに素直に誠実に研修と向き合えるかで、学びの量や質は変わってきます。また、日常にありふれた様々な学びに気づくことで、自分自身と周りに今まで以上の価値を作ることが出来るようになります。だからこそ、事前準備や挨拶など当たり前なことをはじめとして、一分一秒を大事にしながら本気の覚悟をもって臨んでほしいです。

推薦してくれた方へのメッセージ

本田さん
この度は推薦していただき、本当にありがとうございました。自分の準備がいかに出来てないかを知る非常に貴重な機会になったとともに、今までリーダー陣が見ていた世界や考えていたことが少し理解できるようになりました。本研修で学んだことはセクションやチームなど、自分が関わる全ての領域で体現し、良い影響を与えていきたいと考えています。自分一人で困難こともあるかもしれないので、その際は協力していただければ幸いです。

研修を通じて学んだこと

  • 準備が出来ている人がリーダーになる
  • 組織においてスタンダードが高い人に合わせる
  • SMART+CとGmap-cを活用して目標設定をする
  • PREP法で話す
  • あらゆる仕事はコミュニケーションと結びつけると豊かになる
  • 約束を守ることは信頼や自信に繋がる
  • 社会人の学びとは価値をではなく、価値を提供することである
  • 責任はmissionであり、権限はその達成に必要な武器、義務は武器のメンテナンス
  • コミュニケーションにおいてなスキルは概念化、構成要素、基準化、数値化
  • 正直は当たり前、誠実であれ
  • 現状維持は後退である
  • 動物的反応にならないように反応と行動の間に想像と選択をする
  • 表面的な弱さではなく、本質的な弱さを知ることの難しさ
  • ビジネスにおいてはお互いの時間を奪ってる認識のもと、限られた時間内で伝えることが重要
  • 力や権限を持っているものはそれを悪用してはならない
  • 違う表現でダブルチェック
  • 自分の能力や知識を過信せず、思考することが大事
  • かっこつけない、自分を正当化しない
  • プロセスの重要性
  • コーチングの前提として、ヘルプではなくサポートである
  • 目的・目標とモチベーションを結びつける
  • ノルマからコミットメントへのシフト

この記事の著者/編集者

するとコメントすることができます。

新着コメント

  • 川村杏

    2022年08月05日

    「準備ができる人がリーダーになる」という、リーダーとしての本質に気が付くことのできた研修だったのだと思います。説得力のある意見を言うリーダーは、時として「好かれるリーダー像」ではないかもしれません。しかし、誠実にメンバーに向き合い、発信し続けることで信頼されるリーダーへと成長できると思います。今後も互いに高め合える存在として、共に頑張っていきましょう。

  • 三木 茉里香

    2022年07月22日

    信頼を得るために、コミュニケーションを多くとることよりも「約束を守る」ことを重視することを学ばれたと言いう部分は非常に多くな学びだったと思います。コミュニケーションで培う信頼よりも「約束を守る」ことで培われる信頼の方が強固であることを私も学びましたので、これからも誠実な対応を心がけていきましょう。

  • 久野 滉大

    2022年07月22日

    約束を守ること、相手の時間を奪わずに限られた時間内で伝えること、誠実に向き合うことなどを学ばれたということで、コミュニケーションを多くとること以外のこと、また今までされてきたコミュニケーションの中身についても必要なことを多く学ばれたということが伝わりました。
    学ぶだけでなくそれを行動に移すことが大切です。引き続き、誠実に向き合いながら、ともに成長できるリーダー同士として、互いに高め合っていきましょう。

  • 古屋大和

    早稲田大学 教育学部大学生 2022年07月18日

    研修を通して、「自分視点」だけではなく「他者視点」をもったコミュニケーションがビジネスにおいて大切だということを学んだんですね。だからこそ今回学んだ「時間への意識」や「事前準備の重要性」を今後は意識して真のリーダーとしての活躍をしてほしいと思います。がんばってください。

最新記事・ニュース

more

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 大庭彩 3Picks

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

メンバーに尊敬されるリーダーは当たり前ですが、メンバーを尊敬できるリーダーは少ないのではないでしょうか? 今回の記事ではメンバーを尊敬することで得られるメリットについてご紹介していきます。

大庭彩 1Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。 各種マネジメントツールにもてあそばれず、プロジェクトマネジメントの本質を理解し、やるべきことを実践し続ける。 そんな責任あるリーダーを対象とした研修です。

「大変なこと」を楽しむことは理想だとは分かっているけれど、中々そう上手くはいかない。そんな「大変なこと」との付き合い方に悩んでいる人に贈る、「大変なこと」を味方にするための記事になっています。

大庭彩 1Picks