弱みに向き合い、成長し続けるリーダーへ

研修を通じて気付けたこと、今後に役立てられること

①リーダーは準備ができている人がなるべき

私はこれまでリーダーは推薦された人がなるべきであると考えていました。
中学・高校の部活など今までの経験を振り返ると、リーダーは「周りをまとめるのが上手い人」、「周りからの人望がある人」がなっていたように思うからです。そして自分は元からリーダーに適していないと思っていて、副部長などサブリーダーとしての役割を多く担っていました。しかし今回の研修を通して、チームのメンバーにとって本当に必要なのは「準備ができているリーダー」であることを学びました。
確実にチームの目標を達成するためには、「周囲の人から好かれているから」という理由は全く必要とされておらず、メンバーに対して最も説得力のある発言をすることができる人、そして周囲の説得力のある意見を最優先にできる人がリーダーになるべきであると理解することができました。
それと同時に私は今までリーダーに向いていないと思っていましたが、それは準備ができていないだけなのだとも気付かされました。
今回の研修を通して、これからは「リーダー」になれるよう何事に対しても準備を常にし続けていきたいという覚悟ができました。

②「リーダー」は自身の「弱み」に向き合うべきである

今まで自分自身の「弱み」について把握はしていたつもりでしたが、その弱みに対して向き合おうとしてきませんでした。実際にその姿勢が自分に対する甘さにつながっていたのだと思います。高校時代の部活動ではコミュニケーションの場面において、メンバーのことを考えていない発言をしてしまったことでチームとしての目標を見失ってしまうということがありました。しかしこの研修を通して、自分が本当に変わり「リーダー」になるためには自身の弱みに向き合い続け、成長していくことが大切であると学びました。そして自身の弱みに向き合うことで初めてチームメンバーにも寄り添うことができるという話は自分の今まで感じていたモヤモヤを払拭してくれました。自分に厳しく向き合い成長を続け、模範となることで周りのメンバーの成長にも貢献したいです。

③限られた時間内で伝える

私は今まで相手に対して自分勝手なコミュニケーションを取ることが多かったように思います。今回の研修を通して、それは「相手の時間を奪っている」という意識が自分に足りていなかったからだと気付かせて頂きました。同時に、限られた時間内で相手に伝えたいことを伝える難しさも痛感しました。コミュニケーションとは「相手にある意図を持って伝えること」であり、そのためには「相手に提供したい価値」を常に意識することが必要です。この研修の初めにこの「コミュニケーションとは何か」を知り、研修中にずっと意識するようにはしていました。しかし実際に意識していたもののすぐにできるようなものではなく、常に「相手に価値を提供する」ことを意識し続けることで身に付く力であると感じました。自分のコミュニケーションに落とし込めるよう成長を続けていきたいです。

研修参加前後での心境の変化、研修講師やA&PROメンバーへのメッセージ

私はこの研修を通して本当に変わることができました。
参加前は「リーダーとして必要な資質とは何なのか、コミュニケーションの知識を身につけ今後に役立てることができれば良いな」と軽い気持ちでいました。
しかし、初日にその意識は一変しました。私はそれまで弱みに向き合っていなかったことを痛感し、その弱みを自覚していながら何も行動を起こしていませんでした。しかしこの研修に参加したことで、徹底的に自身に向き合い、準備をすることが「リーダー」としての資質であることを知りました。そして本当に自分を変えていくための強い意識が芽生えました。これまでの人生で、こんなにも自身に向き合ったことはありませんでした。
本当にかけがえのない三日間を提供してくださった森口さん、そして運営として参加して下さりメンバーのことを支えてくださった須賀さん、本田さん誠にありがとうございました。今後は、常に「相手に価値を提供する」ことを意識して何事にも準備を怠ることなく取り組んでいきたいと思います。

これからリーダーシップゼミを受ける人へのメッセージ

自分の弱みに向き合えていない人、自身のリーダー像を確立できていない人。
そんな人にぜひこの研修を受けてほしいです。この研修で私は、自分の弱みに向き合えないままリーダーになることがいかに危険なことか知ることができました。自分の弱みに向き合えるリーダーこそが、チームのメンバーを強くすることができるからです。
また、私はこれまで自身の求めるリーダー像とは何なのか、自分の中に答えを持てずにいました。しかし今回の研修を通して、自身が目指さなければいけないリーダー像を自分の中に持つことが出来ました。それは「誰よりも準備をし、信頼されるリーダー」です。かつての私のように、自身の目指すリーダー像をまだ持てていない人にこの研修をお薦めしたいです。

推薦してくれた方へのメッセージ

白石さん、この度は推薦してくださってありがとうございました。自分を見つめなおすことができ、今までの自身の未熟さを痛感した非常に濃い二日間でした。これからのエンカレッジでの活動では今回の研修を通して学んだことを活かし、「常に相手に価値を提供する」ことを考え尽力していきます。

研修を通じて学んだこと

  • 社会人の学びとは、「相手に価値を提供すること」
  • コミュニケーションとはある意図を持って相手に情報を伝え、引き出すこと
  • 「正直」と「誠実」は違う
  • 限られた時間内で伝える
  • 「リーダー」は自身の弱みに向き合うべきである
  • 「数値化」と「基準化」
  • 「概念化」と「構成要素」
  • 円滑なコミュニケーションのためには「豊かな」心配りをする
  • 伝え手を生かすも殺すも聞き手次第
  • 目標はSMART+Cで設定する
  • コーチングは「ヘルプ」ではなく「サポート」
  • ノルマをコミットメントにする
  • 「できない」ではなく「どうやったらできるか」
  • イメージを変えると目標を超える
  • リーダーは準備のできている人がなるべき

この記事の著者/編集者

するとコメントすることができます。

新着コメント

  • 川村杏

    早稲田大学商学部4年/エンカレッジ早稲田支部 2022年08月05日

    自身の弱みを認識するだけでなく、向き合い続けること。リーダーとして活動する上で重要な学びを得られたのだと思います。自身の弱みに向き合う姿勢を見せながら、周りのメンバーを成長させるリーダーとして活躍されることを期待しています。共に頑張っていきましょう。

最新記事・ニュース

more

周囲への感謝の気持ちを伝えることは、人間関係を豊かにし続けます。本記事では特に私が大切にする3つの考え方をお伝えします。読み終わった後にはつい照れてしまって感謝を大事な人に伝えきれていない人も「ありがとう」と周りに言いたくなるような記事です。

須賀渉大 羽田 優作 香山 渉 3Picks

感謝は大事だと分かっているけれど、感謝を後回しにしてしまう。そんな方に、感謝の価値を改めて実感していただき、実践するための準備となるメッセージになればと思います。

「ありがとう」と人に感謝を伝えるとき、皆さんはどのようなことを意識していますか。形骸化した「ありがとう」では、お互いに実りのあるコミュニケーションをとることができません。価値のある「ありがとう」を伝え、自分自身や相手、そして組織全体にプラスの影響を生み出していきましょう。

松本 康士朗 香山 渉 2Picks

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。