連載ビジネス基礎研修 -実体験に結びつける-

より良い組織設計のために

今月の研修:リーダーシップパワー理論

リーダーシップパワー理論を人材採用へ活用する

影響力とは、相手の心の中に生じる

これは、A&PROのリーダーシップパワー理論における、最も大事な考え方の一つです。

人は、年齢や属する環境・個人の性格など、さまざまな変数に応じて、「どのような人物の影響を受けやすいか」が変わってきます。だからこそ、自分自身が影響を受けやすい一面で相手を動かそうとせず、相手が最も影響を受けやすいであろう一面を見極めたうえで相手と接することが大切です。今回の研修では、以下の7つに分類された「他人への影響力」について確認した後、実際に周囲の人と関わる中で、この7つの要素をよりうまく活用する余地はないかについて、深掘りしました。

  • 専門性の力
  • 人間的魅力
  • 情報力
  • 社会的地位
  • 人脈力
  • 報酬を与える力
  • 懲罰を与える力

一般には、上記7つの力を相手によって使い分け、相手が成長するにつれ、より上部の力を活用して導くことが良しとされています。今回私は、本研修内容を組織設計の基盤となる「人材採用」と関連付け、以下のように考えました。

人材採用における採用基準は、リーダーシップパワー理論における他者への影響力と関連付けることでより本質的・かつ具体的になる。

こう考える背景を、私自身が所属する学生団体を例にご説明します。この団体では、大学の先輩が後輩に向けたキャリア支援・就活支援を行っているのですが、無給のNPO法人という側面もあり、運営メンバーのコミット度・スタンスの違いにより様々な問題が存在します。

例えば、メンバー全員で行う必要のあるユーザーの新規獲得に関すること。まだまだ認知度が低い組織ゆえ、知り合いづての紹介(リファラル)が重要な獲得チャネルになりますが、このユーザーの新規獲得に対するスタンスはメンバー間で様々です。自分が持ちうる人脈を最大限に駆使して獲得に動くメンバーもいれば、そうでない人もいる、といった具合です。

もちろん、後者寄りのメンバーをいかに引き上げるかは大切です。しかし一方で、メンバーを採用する段階で適切なスクリーニングができていれば・・・と考えることもできます。つまり、より良い採用基準の設定が必要不可欠なのです。

確かに、1人でも仲間が増えた方が、組織としての存在感やインパクトは大きくなる。しかしここを重視するあまり、組織の一員として必要な、ある意味最低限のパフォーマンスすら発揮しない(発揮するつもりのない)メンバーを採用してしまっては、元も子もありません。なぜならば、彼ら下位層のパフォーマンス向上のために、誠実に活動しているメンバーの時間や労力が奪われたり、組織としての一体感が失われたりするからです。

こうした事態を防ぐために必要なことが、冒頭でお伝えした、採用基準とリーダーシップパワー理論における他者への影響力の関連付けです。

例えば、何事も自身の損得で意思決定をする人が、そもそもNPO法人であり無給の学生団体のメンバーとしてどれだけの貢献をするかは、懐疑的です。対して、立場に関係なく意見を主張し、組織の理念から逆算して最も理に適った意見を取り入れるスタンスのある人にとって、一般企業に比べ役職によるパワーバランスに差がない学生団体は、活躍するための絶好の環境と言えるでしょう。

つまりこの場合、「個人の損得勘定よりも、組織としての理念を優先し意思決定・行動できる」という採用基準が生まれます。

そして、これはあくまで一例に過ぎません。今ある組織課題のうち、採用段階に要因があるものを洗い出し、改善できる部分は改善したうえで来季の後輩へとバトンタッチすることが、残りの活動期間で果たすべき、自分自身の役目だと考えています。

これから研修を受ける方々へ

今回の研修では、周囲の人をいかに動かすか、ということについて体系的な学びが得られます。バイト・サークル等々、どんな組織においてもメンバーの巻き込みをすることは必要不可欠だからこそ、全ての大学生、特にメンバーをまとめるリーダー的なポジションにいる方にとって、大変おすすめの研修です!!

研修で学んだこと

  • 信頼残高:ある人に対しての自身のこれまでの行動・立ち振る舞いによって決まる、相手から見た自分への信頼度合い
  • 信頼を積み重ねるためには、自分か積極的に約束をして、確実に守ることが有効

この記事の著者/編集者

萩原 佑太 早稲田大学 基幹理工学部  

大学・学部:早稲田大学 基幹理工学部  部活:硬式野球(高校)先輩の中には甲子園でノーヒットノーランを達成した投手も!  サークル:硬式テニス(今年で63年目を誇る、日本最古のサークルに所属。)  趣味:カラオケ、ラーメン屋巡り、野球観戦(こだわりは太陽の下で楽しむ屋外球場!)  アルバイト:個別指導塾講師、引っ越し  その他の活動:Nexus(大学生の今から、社会で活躍するための基礎を学んでいます!)

この連載について

ビジネス基礎研修 -実体験に結びつける-

連載の詳細

~年間30万円/人からのプロジェクトリーダー育成プログラム~

クライアント企業のニーズと幹部候補社員の状況に合わせカスタマイズした育成プログラムを提供。

研修申込フォーム(メンバー向け)

※A&PROと提携する大学・企業から推薦されたメンバーのみが参加可能

話題のニュース

more

目次 プロフィール私の経験談初志は唯一無二の研究者志に対する自問自答を繰り返す研究者志向から、事業家志向へ最後の学生生活1年で為すことリーダーと ...

今月の研修:リーダーシップパワー理論 信頼口座・信頼残高について、皆さん知っていますか?簡単に説明すると、信頼口座・信頼残高とは、相手からの信頼 ...

皆さんこんにちは!! A&PROの長期インターン生として活動をはじめて2年が経過した、早稲田大学4年の萩原佑太です!! 今回の記事は、本 ...

「あなたが尊敬する人は誰ですか?」 面接などの定番質問ですね。一度は聞かれたことがあるのではないでしょうか。 この質問をされたときにパッと思い浮かぶ人物はいますか? もしかしたら、今近くに尊敬できる人がいないと悩んでいる方もいるかもしれませんね。尊敬できる人に出会うことは自らの成長に繋がります。人との出会いが人生を変えることもあるのです。そこで、この記事では尊敬できる人に出会う方法をお伝えしていきます。

今月の研修:リーダーシップパワー理論 人から信頼される人間になりたい、これは誰しもが思うことではないでしょうか。さらにリーダーという立場であれば ...

今月の研修:災害時・緊急時の対応 皆さんは今この瞬間地震が起きたらどう対処しますか?火事だったら?強盗がガラスを割ったらどう行動するでしょうか? ...

他者に説明をしたり指示を出したりした際に「言っていることをなかなか理解してくれない」、「指示した通りに行動してくれない」と思ったことはありませんか? このような場面では、つい相手に非があるように感じてしまいますが、実は自分の取り組み次第でコミュニケーションの質は格段に上がるのです。そこで今回の研修で学んだ、コミュニケーションを図るうえで人の上に立つ人が心得るべきことについてご紹介します。

今月の研修:リーダーシップパワー理論 目次 リーダーシップパワー理論を人材採用へ活用するこれから研修を受ける方々へ研修で学んだことリーダーシップ ...