より良い組織設計のために

今月の研修:リーダーシップパワー理論

リーダーシップパワー理論を人材採用へ活用する

影響力とは、相手の心の中に生じる

これは、A&PROのリーダーシップパワー理論における、最も大事な考え方の一つです。

人は、年齢や属する環境・個人の性格など、さまざまな変数に応じて、「どのような人物の影響を受けやすいか」が変わってきます。だからこそ、自分自身が影響を受けやすい一面で相手を動かそうとせず、相手が最も影響を受けやすいであろう一面を見極めたうえで相手と接することが大切です。今回の研修では、以下の7つに分類された「他人への影響力」について確認した後、実際に周囲の人と関わる中で、この7つの要素をよりうまく活用する余地はないかについて、深掘りしました。

  • 専門性の力
  • 人間的魅力
  • 情報力
  • 社会的地位
  • 人脈力
  • 報酬を与える力
  • 懲罰を与える力

一般には、上記7つの力を相手によって使い分け、相手が成長するにつれ、より上部の力を活用して導くことが良しとされています。今回私は、本研修内容を組織設計の基盤となる「人材採用」と関連付け、以下のように考えました。

人材採用における採用基準は、リーダーシップパワー理論における他者への影響力と関連付けることでより本質的・かつ具体的になる。

こう考える背景を、私自身が所属する学生団体を例にご説明します。この団体では、大学の先輩が後輩に向けたキャリア支援・就活支援を行っているのですが、無給のNPO法人という側面もあり、運営メンバーのコミット度・スタンスの違いにより様々な問題が存在します。

例えば、メンバー全員で行う必要のあるユーザーの新規獲得に関すること。まだまだ認知度が低い組織ゆえ、知り合いづての紹介(リファラル)が重要な獲得チャネルになりますが、このユーザーの新規獲得に対するスタンスはメンバー間で様々です。自分が持ちうる人脈を最大限に駆使して獲得に動くメンバーもいれば、そうでない人もいる、といった具合です。

もちろん、後者寄りのメンバーをいかに引き上げるかは大切です。しかし一方で、メンバーを採用する段階で適切なスクリーニングができていれば・・・と考えることもできます。つまり、より良い採用基準の設定が必要不可欠なのです。

確かに、1人でも仲間が増えた方が、組織としての存在感やインパクトは大きくなる。しかしここを重視するあまり、組織の一員として必要な、ある意味最低限のパフォーマンスすら発揮しない(発揮するつもりのない)メンバーを採用してしまっては、元も子もありません。なぜならば、彼ら下位層のパフォーマンス向上のために、誠実に活動しているメンバーの時間や労力が奪われたり、組織としての一体感が失われたりするからです。

こうした事態を防ぐために必要なことが、冒頭でお伝えした、採用基準とリーダーシップパワー理論における他者への影響力の関連付けです。

例えば、何事も自身の損得で意思決定をする人が、そもそもNPO法人であり無給の学生団体のメンバーとしてどれだけの貢献をするかは、懐疑的です。対して、立場に関係なく意見を主張し、組織の理念から逆算して最も理に適った意見を取り入れるスタンスのある人にとって、一般企業に比べ役職によるパワーバランスに差がない学生団体は、活躍するための絶好の環境と言えるでしょう。

つまりこの場合、「個人の損得勘定よりも、組織としての理念を優先し意思決定・行動できる」という採用基準が生まれます。

そして、これはあくまで一例に過ぎません。今ある組織課題のうち、採用段階に要因があるものを洗い出し、改善できる部分は改善したうえで来季の後輩へとバトンタッチすることが、残りの活動期間で果たすべき、自分自身の役目だと考えています。

これから研修を受ける方々へ

今回の研修では、周囲の人をいかに動かすか、ということについて体系的な学びが得られます。バイト・サークル等々、どんな組織においてもメンバーの巻き込みをすることは必要不可欠だからこそ、全ての大学生、特にメンバーをまとめるリーダー的なポジションにいる方にとって、大変おすすめの研修です!!

研修で学んだこと

  • 信頼残高:ある人に対しての自身のこれまでの行動・立ち振る舞いによって決まる、相手から見た自分への信頼度合い
  • 信頼を積み重ねるためには、自分か積極的に約束をして、確実に守ることが有効

この記事の著者/編集者

萩原佑太 早稲田大学 基幹理工学部  

高校まで10年間野球に打ち込み、一浪の末、早稲田大学理工学部へ

大学では、個別指導塾や引っ越しアルバイトを経験後、大学2年次からA&PROに所属している

A&PROでは塾講師を務め、4年次からはキャリア支援の学生団体にて顧客開拓部署のリーダーも務める
現在はA&PROと学生団体とのコラボプロジェクトに取り組み、日々相乗効果を目指し奮闘中

趣味はカラオケで、全国採点1位を獲得したことも!

最新記事・ニュース

more

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 大庭彩 3Picks

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

メンバーに尊敬されるリーダーは当たり前ですが、メンバーを尊敬できるリーダーは少ないのではないでしょうか? 今回の記事ではメンバーを尊敬することで得られるメリットについてご紹介していきます。

大庭彩 1Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。 各種マネジメントツールにもてあそばれず、プロジェクトマネジメントの本質を理解し、やるべきことを実践し続ける。 そんな責任あるリーダーを対象とした研修です。