遠慮はするな、配慮せよ。

今月の研修:アサーティブ研修

突然ですが、皆さんはこのような経験はありますか?

『おかしいとわかっているのに言えず、溜め込んでしまう…』
『相手のことをよく理解しないで意見をぶつけてしまう…』

これらの感情を経験したことがない人はほとんどいないのではないでしょうか。かく言う私もこのような経験があり、相手を傷つけてしまうことや私自身も傷ついてしまっていると感じることがあります。

しかし、今回のアサーティブ研修を受けて、後述のアサーティブなコミュニケーションを取ったところ、お互い傷付かない"平和的な解決”をすることができました。

3つのコミュニケーション

今回のアサーティブ研修では3つのコミュニケーションについて学びました。

アサーティブ自己主張的な(※意見を無理に押し通すのとは違う)
アグレッシブ侵略(攻撃)的な、強引な、積極的な
パッシブ受身の、無抵抗の

私たちが目指すべきコミュニケーションはアサーティブなコミュニケーションです。自分の意見を溜め込まず、相手を不快にさせずに主張することで組織、個人間において建設的に議論をすることができます。

遠慮はするな、配慮せよ。

『遠慮はするな、配慮せよ。』

これは私が所属する組織での行動指針です。

所属する組織のMVV(Mission、Vision、Value)

実はこの言葉はアサーティブになるために意識すべき点を網羅した非常にスマートな行動指針です。

遠慮はするな=パッシブなコミュニケーションになるな
配慮せよ=アグレッシブなコミュニケーションになるな

アサーティブなコミュニケーションを取れ

言いたいことがあるのに相手を変に気遣うあまり、相手に対して遠慮をするパッシブなコミュニケーションになってはいけない

また、相手に伝えるときには相手の感情に寄り添うことで相手に対して配慮をしないアグレッシブなコミュニケーションになってはいけない。

そしてそのようにコミュニケーションを取ることで相手に対して建設的に議論ができるアサーティブなコミュニケーションになるのだ。

と、この行動指針が示しているのです。

アサーティブなコミュニケーションを取って見えたこと

先日、上述の行動指針をうまく体現できたと思える出来事がありました。

私は学生団体の領域リーダーを務めています。毎週金曜日に定例会議を行っています。しかし先日、会議に出席せず、一部メンバーのみで打ち上げを開催していたということが起こりました。その日の会議はなかなか人が集まらず、リーダーとしてもかなりやりにくさを感じました。

両者の主張は以下の通りです。

揉めることになりましたが、メンバーとしての意見をしっかり聞き、こちらとしても「メンバーの気持ちはとてもわかるがリーダーとしてこうするしかなかった、そこを理解してもらった上で頼りにしているから頑張ろう!」という配慮はしつつも遠慮せずにきちんと伝えるコミュニケーションを取りました。

昨日のことなんだけど、打ち上げにいきたい気持ちもわかる(相手の主張)し、そういう文化があるのはとてもいいことだと思う。
(中略)
遊びたい自分とリーダーとしての自分がいるから俺の立場はマジで難しくて、みんなとの関係性もあってズバッと言いにくいこともあるけど、やっぱりここはリーダーとしての自分を出さないといけないと思ってる(自分の主張)みんなのことは頼りにしてるしついてきてほしいとは思ってるから来週以降は切り替えて一緒に頑張ろう!

実際にメンバーに送ったLINEを引用

最終的にお互いがお互いの立場を十分に考えていなかったという結論になり、お互いが謝罪し、再発防止に努めるということで、組織が崩壊するようなピンチがむしろ団結力が増すというチャンスに変わりました。

ここでの気づきは、自分の中でどうしようもない怒りも、配慮して相手の立場になってみると実は案外理解できるものだということです。

リーダーにもメンバーにも自分なりの主張があるわけです。もちろんその意見の全て反映させることはできませんが、メンバーの意見を聞くことと、リーダーとしての立場を伝えて歩み寄ることはすぐにでも出来ることなのです。

まとめ

今回は私が所属する組織の行動指針である『遠慮はするな、配慮せよ。』を紹介しました。遠慮をして言いたい事を溜め込むと自分が苦しんだり、関係者に迷惑をかけたりすることがあり、それを伝えるのにも配慮がないと相手を傷つけてしまいます。自分の意見が絶対であると思考を停止するのではなく、相手の立場を理解した上で話すことを心がけていきたいです。

これから研修を受ける人へ

今回のビジネス基礎研修はビジネスだけの話ではなく、友達、家族、恋人などの日常生活でも適応できる研修でした。私自身もこの研修を受けて少し大人になれた気がしましたし、人生において豊かになったと実感できました。人間関係で悩んでいる人にはぜひおすすめしたい研修です!

研修で学んだこと

  • パッシブ・アグレッシブ・アサーティブのメカニズム
    悩みを抱え込んでしまったり、強く言い過ぎてしまったり、皮肉を込めて言ってしまうときは自分がどういう心理状態か客観的に把握することが大切である。また、メンバーに対して敏感に察知できる能力も必要で、各個人に適切なアプローチをしなければ最悪な事態を引き起こす。
  • アサーティブになるために必要な4つの柱、7つの基本姿勢
    アサーティブに問題を解決するには誠実・率直・対等・自己責任の4つの柱と7つの基本姿勢を意識するべきである。メカニズムを学んで感情的にならずに対処することがより良い解決につながる。
  • DESC法を用いて伝える
    DESC法を用いて相手に自分の意見を伝える。別にこちらが譲歩をしなくても論理的に意見を言えれば相手に不快感なく説得力の良い提案をできる。ただし、機械的にこの方法を用いることはよくない。

この記事の著者/編集者

中都智仁 早稲田大学 教育学部数学科 

早稲田大学在籍。サークルとバイトだけの大学生生活を送っていたが、コロナ禍になり自分のキャリアを見つめ直し、ビジネススクールに入校。
『もっと早くからキャリアを考えればよかった』という後悔からキャリア支援団体のen-courageで早稲田生のキャリア支援をしている。現在は1、2年生向けのイベントを企画、運営するセクションに所属し、10人規模のマネジメントを行なっている。
メンバーの成長を促進する一流のリーダーになるべく、リーダーズカレッジに参画。

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

「人は強く望んでいることを容易に信じてしまうものである」噂・偏見・思い込みで、誠実に行動している人を傷つけてはいけない。本質を理解し、誠実に行動…

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレンジし、社…

嶋田 夏生 草野柾樹 原 駿介 星野歩華 伊藤純希 45Picks

研修参加前は、本当に自分はリーダーに向いているのか不安に感じていました。それは、リーダーはセンスや性格で決まるものだ、という考えに基づくものでした。しかし、研修を通じて自分自身も努力次第でリーダーになることができることに気づき、リーダーをやることに対して積極的に考えるようになりました。 また、自分自身の甘さやリーダーになることの大変さにも気付くことができたので、それと真摯に向き合って誠実なリーダーを目指し、継続的な努力を続けていきたいと思います。

まさに想像を超えてくる研修だと思います。 日常では気づけないことにたくさん気づくことができます。当たり前のように使っているコミュニケーションの奥深さに気づくこともできます。 これまで数多くの会社のインターンに行きましたが、ここまで自分と向き合い、実際のビジネスにおける視座でコミュニケーションを取れる機会はありませんでした。間違いなく貴重な経験となるので、自身の弱みは隠さず、全てを吸収するという覚悟を持って臨むことをお勧めします!

クレド2.互いに尊敬し合えるチームであれ 普段、感謝を伝える機会を作れていますか?恩返しとして行動に移すことも素晴らしいことですが、相手に言葉として感謝を伝えることで、より有り難さをお互いに認識することができるのではないでしょうか。

二日間の研修で、表面的な親切心は妥協でしかなく、本当に相手のことを思った言葉ではないと気づきました。リーダーは相手の未来の成長を常に考え、耳の痛いアドバイスも与えることができる人です。私も「いい人」ではなく「嫌われる勇気を有する人」としてコミュニケーションできる人材になろうと、根本から価値観を転換することができました。

台風、大雨、洪水、大雪、地震などたくさんの災害が起こる日本。リーダーとしてメンバーの命を預かる際、これらの災害に対して正しく向き合えていますか?

クレド1.周囲の人、物事全てに感謝 普段、感謝を伝える機会を作れていますか?恩返しとして行動に移すことも素晴らしいことですが、相手に言葉として感謝を伝えることで、より有り難さをお互いに認識することができるのではないでしょうか。

地震が起きた際、コミュニケーションを使い分ける必要性があります。最初は強いコミュニケーションで身の安全を守ることを命令し、その後は大きな声で落ち着いて指示を出すとよいでしょう。いつ起こるかわからないからこそ、準備ができているリーダーになりましょう。

誰しもが受けたことがあるはずの避難訓練。しかし、それも生活様式の変化によって変わってきているはずです。今回の記事では、テレワーク下における避難訓練についてお話します。

早稲田大学の星野歩華と申します。大学生活ではダンスサークルの活動に注力しており、広報部長を務めていました。最後の1年はコロナの影響で普段の活動ができませんでしたが、逆境を成長のチャンスと捉え「今しかできないこと」に取り組み乗り越えました。