ありがとうの天才

クレド1.周囲の人・物事すべてに感謝

私たちが社会で生きていけるのは、周りの人・物事のおかげです。相手から感謝される人は自分自身が周りに感謝している人。すべてに感謝し、豊かな人間関係を構築し、社会貢献していきます。

thank-you

私が掲げる感謝3か条は「感謝はすぐする、したいときにする、できるうちにする」です。

感謝を意識して過ごすと、1日に何度も感謝できることが見つかります。他の人からすれば取るに足りないことでも自然と感謝の気持ちが芽生えるのです。すると、毎日がより鮮やかに意味あるものとして輝きます。

ですから皆さんには、息をするように感謝ができる「ありがとうの天才」になってほしいのです。そのきっかけになればと思い、ここでは私が感謝の大切さに気づいた時のエピソードをご紹介します。

「当たり前」に感謝

newspaper-delivery

大学進学と同時に始めた新聞配達。激しい風雨や轟く雷鳴、猛暑や大雪に曝されながらも、ただひたすらに走りました。どんな道でも全力で走り、毎日200階以上を駆け上がり駆け下りて……。滑ったり転んだりは日常茶飯事。当時は常に身体のどこかしらに傷があったものです。歩くことさえ辛い時や配達途中で病院に駆け込んだ時もありました。

このような日々を過ごすうちに、五体満足かつ健康であることのありがたみを実感するようになったのです。この想いがさらに強くなったのは、新聞配達を始めてから2年目の秋のことでした。

この頃、同じエリアを配達している他紙のスタッフの中でもよく顔を合わせる人がいました。その人は会うたびに笑顔で「頑張れ」と励ましてくれて、私はいつもその言葉に元気づけられていました。

しかし、ある時を境にぱったりと姿を見かけなくなったのです。しばらくしてから聞いたその人の訃報……。あまりにも衝撃が大きく、俄には信じられませんでした。亡くなる2日前にはいつも通り言葉を交わしていたのです。その時は死の気配など微塵も感じませんでした。

死因は過労による心筋梗塞だったそうです。この出来事により、昨日まで元気だった人が今日突然亡くなることもあるのだと、明日が来るのは決して当たり前ではないのだと知りました。

これ以降、明日は我が身と思い、今を精一杯生きることにしました。すると「今日も生きて帰ってこられた」、「1日を無事に終えられる」と今まで当然と思っていたことにも自然と感謝するようになったのです。その他、「天気が良い」、「車に道を譲ってもらった」などの些細なことに対しても心から感謝できるようになりました。

また、感謝できるうちにしておこうと考えるようになったので、きちんと感謝の気持ちを伝えるようになりました。

言えなくなる前に気持ちを伝える

heart

人の命はとても儚いものです。生きている以上、誰もが死と隣り合わせ。突然大地震が起きて大切な人が亡くなるかもしれません。自身が交通事故に遭って命を落とす可能性もあるでしょう。

もしも今日、自分または大切な人が死ぬとして、「きちんと感謝を伝えていれば良かった」と後悔することのないよう、感謝の念を抱いたらすぐに伝えることをおすすめします。

照れくさいから、言わなくても伝わっているから。

そう思う方もいるかもしれませんが、感謝を伝えてマイナスになることはありません。相手も自分もお互いに温かな気持ちになるので、マイナスどころかむしろプラスです。感謝を言葉にして伝えることは、喜びと笑顔をもたらします。

感謝はしてもされても嬉しいものです。恥ずかしがらずに、自分の言葉で感謝を積極的に伝えていきましょう。それができれば、あなたは自分も周りも幸せにできる「ありがとうの天才」です。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

この記事の著者/編集者

久保井美愛 リーダーズカレッジリーダー  

上智大学外国語学部卒。社会人として仕事に必要なノウハウや心構えを学ぶためにA&PROの研修に参加。大の読書家で、のべ5,000冊以上の本を読んできた本の虫。かつて「図書室の門番」という異名を付けられたことも(笑) 本から得た知識や自身のスキル・経験を活かして、皆さんに価値あるものをお届けします。

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

周囲への感謝の気持ちを伝えることは、人間関係を豊かにし続けます。本記事では特に私が大切にする3つの考え方をお伝えします。読み終わった後にはつい照れてしまって感謝を大事な人に伝えきれていない人も「ありがとう」と周りに言いたくなるような記事です。

須賀渉大 羽田 優作 香山 渉 3Picks

感謝は大事だと分かっているけれど、感謝を後回しにしてしまう。そんな方に、感謝の価値を改めて実感していただき、実践するための準備となるメッセージになればと思います。

「ありがとう」と人に感謝を伝えるとき、皆さんはどのようなことを意識していますか。形骸化した「ありがとう」では、お互いに実りのあるコミュニケーションをとることができません。価値のある「ありがとう」を伝え、自分自身や相手、そして組織全体にプラスの影響を生み出していきましょう。

松本 康士朗 香山 渉 2Picks

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。