自分の役割を全うし尊敬し合えるチームになる

クレド2.互いに尊敬し合えるチームであれ

尊敬し合えるチームでなければ、最高のサービスは提供できない。プロ同士、互いに馴れ合いを排除する勇気を持って「尊敬される努力」と「尊敬する努力」をし続け、長所を生かし合えるチームを作ります。

身内にこそ尊敬の姿勢

普段チームのメンバーを尊敬すること、できていますか?

サービスを提供する相手に対してであれば、ホスピタリティを発揮するよう心がけることができているかもしれませんが、同様にチームメンバーへの尊敬も必要ということをこのクレドは述べています。

「尊敬される努力」と「尊敬する努力」について、私はそれぞれ、

尊敬される努力=組織内での自身の役割を全うすること
尊敬する努力=相手や周囲のメンバーの役割・貢献を尊重すること

と考えました。これは、サービスや製品が、全員が役割の1つ1つを果たすことではじめて成り立つものだからです。全員がそのことを理解し、自分もまた周囲に貢献できるように努力を重ねることにより、尊敬し合える組織を作り上げることができます。

引退前最後の主催イベント

最近、自身と周囲の役割について考える機会がありました。

私は大学にて、今秋まで英語サークルの代表を務めていました。つい先日、引退前最後のメインイベントとなる、他大学の学生を招待して行うオンラインのディスカッションイベントを主催し、私はその総括を務めました。

このディスカッションという活動は、あるトピックについて5、6人のグループで1人が進行役になり議論するというものなのですが、他大学の学生を招待するイベントということもあり、例年準備には4ヶ月ほど時間をかけています。

具体的には、

  1. トピック班:トピックを考案し、主に初めて進行役を務める1年生に対しての練習を管理する
  2. セレモニー班:トピックの内容を劇や映像にして解説し、開会/閉会式のコンテンツとして流す
  3. デザイン班:ゲスト向けパンフレットやトピック解説資料等を作成する

に分かれて準備を行います。

当日のパンフレットの表紙

メンバーは通常いずれかの班に所属するのですが、私の場合は総括として、3つの班や全体の動きを把握、管理する役割を担いました。昨年や一昨年は班のメンバーとして動画編集等を行っていた中、総括の役割は、各班の会議への参加や進捗の確認を行った上で、班長同士ともミーティングを行い、全体のスケジュール調整などを行うというものでした。

しかし、最初の頃は特に、会議にて班長の計画に不足があったことなどから、各班長の仕事であるにもかかわらず私が先回りして議論を進めてしまったり、班長が気づくべき点を、考えさせる時間を設けないうちに指摘しまうこともありました。

そのように各班に介入し続けていると、その他に行う必要のある自身の仕事に目が届かないことが起きました。また、総括が「木を見て森を見ず」という状況に陥ってしまえば、班の間の連携ができなかったり、全体への連絡が届かなかったりします。そのことに気付いてからは、介入したい気持ちを抑えて、全体の進捗を確認する役割に徹することとしました。

私はマネジメントがとても苦手というわけではなく、むしろ全体スケジュールの調整等では大きく周囲に貢献することもできました。しかし時には、自分はプレイヤーになりすぎてはいけない、という部分に歯がゆさを感じる時もありました。

班の間のスケジュール調整を行った

それでも、各班長を始めとした後輩が仕事を行う姿を尊重し、あくまで管理する立場に徹した結果として、2年生が中心となり各班の活動を見事に完成させてくれました。

本番のゲストに向けたアンケートでも、5段階評価で平均4.7ポイントをいただくことができました。

この際感じたのが、「今まで総括はとても大きな存在と感じていたが、総括一人だけでは何もできない」ということでした。今年は例年と異なり、下級生に班長を任せたこともあり、余計にプレイヤーではなくマネージャーとしての側面が多かったことも影響していたかもしれません。

実は、ムービーでの劇について、ミュージカル形式で歌って踊る場面を入れたいという私のアイデアが当初からあったのですが、これについても具体的に振り付けを考え、実現してくれたのは後輩たちです。

互いを尊敬する姿勢を持ち続ける

最初は相手の仕事の領域を侵してしまい尊敬できているとは言い切れていませんでした。しかし、自分の総括という役割を果たすことに徹するという、尊敬される努力を行うことが、後輩に仕事を任せるという、尊敬する努力ともつながり、イベントの成功につながったと感じます。

後輩の活躍を振り返ってみれば、今は「尊敬しなければ」と思わずとも自然と尊敬できる頼もしい後輩です。

このイベントを機に私はサークルを引退しますが、どこに所属していても、お互いの役割を全うする姿勢を意識し続けます。

この記事の著者/編集者

田村稔行 早稲田大学 基幹理工学部 情報通信学科  

高校時代から英語の部活、サークルでの活動を続けており、現在は理工学部生向け英語サークルの代表をしています。
更に、大学1、2年生がキャリアついて考える機会を提供すべく、キャリア支援NPO法人「エンカレッジ」で活動中。他のリーダーは4年生が務める中、唯一3年生として、記事執筆やSNSでの発信を行うセクションのリーダーを務めています。

最新記事・ニュース

more

「人は強く望んでいることを容易に信じてしまうものである」噂・偏見・思い込みで、誠実に行動している人を傷つけてはいけない。本質を理解し、誠実に行動…

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレンジし、社…

嶋田 夏生 草野柾樹 原 駿介 星野歩華 伊藤純希 45Picks

研修参加前は、本当に自分はリーダーに向いているのか不安に感じていました。それは、リーダーはセンスや性格で決まるものだ、という考えに基づくものでした。しかし、研修を通じて自分自身も努力次第でリーダーになることができることに気づき、リーダーをやることに対して積極的に考えるようになりました。 また、自分自身の甘さやリーダーになることの大変さにも気付くことができたので、それと真摯に向き合って誠実なリーダーを目指し、継続的な努力を続けていきたいと思います。

まさに想像を超えてくる研修だと思います。 日常では気づけないことにたくさん気づくことができます。当たり前のように使っているコミュニケーションの奥深さに気づくこともできます。 これまで数多くの会社のインターンに行きましたが、ここまで自分と向き合い、実際のビジネスにおける視座でコミュニケーションを取れる機会はありませんでした。間違いなく貴重な経験となるので、自身の弱みは隠さず、全てを吸収するという覚悟を持って臨むことをお勧めします!

クレド2.互いに尊敬し合えるチームであれ 普段、感謝を伝える機会を作れていますか?恩返しとして行動に移すことも素晴らしいことですが、相手に言葉として感謝を伝えることで、より有り難さをお互いに認識することができるのではないでしょうか。

二日間の研修で、表面的な親切心は妥協でしかなく、本当に相手のことを思った言葉ではないと気づきました。リーダーは相手の未来の成長を常に考え、耳の痛いアドバイスも与えることができる人です。私も「いい人」ではなく「嫌われる勇気を有する人」としてコミュニケーションできる人材になろうと、根本から価値観を転換することができました。

台風、大雨、洪水、大雪、地震などたくさんの災害が起こる日本。リーダーとしてメンバーの命を預かる際、これらの災害に対して正しく向き合えていますか?

クレド1.周囲の人、物事全てに感謝 普段、感謝を伝える機会を作れていますか?恩返しとして行動に移すことも素晴らしいことですが、相手に言葉として感謝を伝えることで、より有り難さをお互いに認識することができるのではないでしょうか。

地震が起きた際、コミュニケーションを使い分ける必要性があります。最初は強いコミュニケーションで身の安全を守ることを命令し、その後は大きな声で落ち着いて指示を出すとよいでしょう。いつ起こるかわからないからこそ、準備ができているリーダーになりましょう。

誰しもが受けたことがあるはずの避難訓練。しかし、それも生活様式の変化によって変わってきているはずです。今回の記事では、テレワーク下における避難訓練についてお話します。

早稲田大学の星野歩華と申します。大学生活ではダンスサークルの活動に注力しており、広報部長を務めていました。最後の1年はコロナの影響で普段の活動ができませんでしたが、逆境を成長のチャンスと捉え「今しかできないこと」に取り組み乗り越えました。