私にとっての人生の恩師! 真のリーダーとは何か

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること

リーダーは知恵を使う

3日間の研修を通して、ずっとあったのは頭を使っている感覚でした。

今、目の前で起こっていること、話していることだけに注目するのではなく、常に行動の目的・目標に立ち返って、「自分はどうすべきか」を考えることで、1秒たりともボーっと聞いている時間はなくなりました。

これによって、チームにも価値貢献できている実感が湧き、実際に研修中のワークでも数値として成果が上がりました。

「誠実」であることの大切さ

口だけで行動が伴わなかった私には、これが足りていなかったのだと気づかされました。例えば、

  • 毎日コツコツ振り返りをして、次に起こりうる事態に備える
  • ミーティングには、誠意を持って準備して参加しているメンバーがいるのだから、リーダーの自分も当たり前のように準備する

ことなどが自分には足りていませんでした。

コミュニケーションマップ

普段話しながら、「あれ、何の話だっけ」となってしまうことが多々ありました。ワークでコミュニケーションマップを知った時、まさにこれだと感じ、深く印象に残りました。

キャリア支援団体において、22卒に対して自分が面談をする際、彼らの時間を最大限使って良い方向に導くために、いつも頭の中に描きたいです。

心境の変化

私はリーダーをただの肩書として捉えていました。

そのような恐ろしい状態の私は3日間を通して大きく変わりました。

まず、リーダーの責任。リーダーは何人もの人をまとめる役職で組織の代表であるため、メンバーの失敗もすべて背負っている。そのことを態度や行動で教えてくれた研修メンバーには感謝しています。

それから、本気で取り組むことが誠意である、という気付きもありました。前半は厳しい環境になれず、自分は参加して何かこの場に価値を提供できているのか?抜けたほうがいいのではないか?と思っていました。

ただ、ふと周りを見て気が付いたのは、全員が本気で成長したいがために真剣に取り組んでいることです。このように自分の中途半端な姿勢を正し、真のリーダーとは何かを自ら体現して教えてくださったみんなと森口さん、本当に人生の恩師です。ありがとうございます。

私ができる恩返しはこの研修で学んだことを社会で活かすことだと思いますのでしっかり体現していきます。また、この研修に誘ってくれた萩原くんも、設計から当日の準備・記録など私たちのために力を尽くしてくれて本当に感謝しています。ありがとう!

3日間の実践記録

研修で学べたこと

  • あらゆる仕事はコミュニケーションと結びつけると豊かになる
  • リーダーは知恵を使う
  • 目標はSMARTに
  • 誠実であることの大切さ
  • A&PROのコーチング
  • 目的・目標をモチベーションと結びつける
  • 目標に向かって主体的に取り組むよう導く
  • 相手の存在を認め、共感する
  • コミュニケーションマップで正確かつ最短で相手を導く
  • ティーチングとコーチングの違い
  • 信頼、自信のつけ方
  • 説得力のある意見に従う

Gmap-c(目標設定・成果と課題の把握)

研修全体を通した目的:「この人ならついていきたい」と思わせるリーダーになる

1日目:

  1. 目標Goal(本日の目標と計画の宣言)
    リーダーとしてのコミュニケーションスタンスを身につける。
    「リーダーはメンバーに対して、外に対して、どうあるべきか」を自分の中に持つ。
  2. 実施内容Measure(現状・成果の把握)
    目標達成度:10%
    自己紹介、情報の受け手、聞き手
  3. 考察Analyze(ギャップの分析。課題の抽出)
    リーダーとしてのスタンスは学ぶことができた。しかし、まだ受け身の癖がなおらず、リーダーとしてのスタンスも自分の中でしっかり落とし込んで行動まで移せていないのが現状。
  4. 対策Plan(今後の対策・計画)
    帰宅後、自分の考える「リーダー」とは何かを整理する
    人の発表に集中して、本質を見極めたうえで意見を持つ
    自ら積極的に発言・行動して「リーダー」を体現する

2日目:

  1. 目標Goal(本日の目標と計画の宣言)
    目指すリーダー像を、ワークを通して体現する。
    本気で取り組んで1分1秒を大切にする
    「何のためにやっているのか、何が言いたいのか」を意識する
  2. 実施内容Measure(現状・成果の把握)
    目標達成度:50%
    前半は、正直昨日から指摘を受けすぎて、「自分はリーダー向いていないんじゃないか、研修から抜けたほうがいいんじゃないか」と思っていて、なんでやっているのかわからなかった。しかし、くよくよしている態度こそが周りの時間を奪っている、森口さんは自分のことを本当に伸ばしたいと思ってくれているから応えたいと思うようになり、集中してのめりこんだ。
  3. 考察Analyze(ギャップの分析。課題の抽出)
    良かった点:
    他のメンバーへの指摘も我が事として捉えたので、学びが多かった。
    自分の目指すリーダー像が明確になり、足りないところを考えて行動できたので、少しだけ自信がついた。
    途中から目的を考えながら発言・行動できた。
    改善点:
    学んだことをまだ体現する段階までいけてない。
  4. 対策Plan(今後の対策・計画)
    今日のスタンスを維持する。
    今日の研修の復習をする
    話を聞きながら、自分のキャリア支援団体での活動でどう活かすかを考える

3日目:

  1. 目標Goal(本日の目標と計画の宣言)
    誰よりも本気で取り組んで、1分1秒を大切にする。
    「何のため」「チームのための行動」を意識
    インプットしたことをキャリア支援団体での活動に当てはめて考える。
  2. 実施内容Measure(現状・成果の把握)
    目標達成度60%
    コーチング研修
  3. 考察Analyze(ギャップの分析。課題の抽出)
    良かった点:
    最後まで本気で取り組めた。
    目標を意識して取り組むことができた。
    我が事として考えることができた。
    改善点:
    途中、周りで動きがあると集中力が下がってしまった。
    前半は「何のため」がまだ意識できず、チームで無駄な時間を使ってしまった。
  4. 対策Plan(今後の対策・計画)
    チームのために全力を尽くす。
    全体像を見て、目標をどう達成していくかのマップを作る。

これから研修を受ける方々へ

本気でやることを恐れていませんか?私は恐れていました。

しかし、本気でやることは自分のためにも周り(チーム)のためにもベストである。この研修でそう気づくことができました。

だからこそ自分に自信がない、でも頑張りたいという人に特にこの研修をおすすめしたいです。はっきり言ってこの研修はとても厳しいものです。しかし、厳しいからこそ、本気で向き合ってくれる講師の森口さんやメンバーという最高の環境が必ずあなたを成長させてくれると約束します。

A&PROより

リーダーはやりたい人ではなく、準備ができている人がやる。これは私がA&PROの3日間の研修を受けた際に言われて印象に残っている言葉です。

大学生までは、なんとなく組織の中心にいたり、ただ立候補した人がリーダーになるケースが多いと思います。そのことから、S.Aさんはリーダーをただの「肩書き」ととらえていたのではないでしょうか。しかし、社会に出てからはしっかりと実績を積み、準備ができている人がリーダーに選ばれます。S.Aさんも研修を通してそれを認識し、リーダーになるための一歩目を踏み出すことができたと思います。

S.Aさんは研修中厳しく指摘され、大変な思いをしたと伺いました。しかし、その厳しい指摘にも向き合い、チームに価値をもたらそうと主体的に取り組んだ3日間は、S.Aさんの成長につながったのではないでしょうか。

周りに価値を提供する姿勢で日々の活動に誠実に取り組んでいけば、肩書だけではない本物のリーダーに近づいていけると思います。応援しています!

(リーダーズカレッジ:矢後)

この記事の著者/編集者

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 大庭彩 3Picks

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

メンバーに尊敬されるリーダーは当たり前ですが、メンバーを尊敬できるリーダーは少ないのではないでしょうか? 今回の記事ではメンバーを尊敬することで得られるメリットについてご紹介していきます。

大庭彩 1Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。 各種マネジメントツールにもてあそばれず、プロジェクトマネジメントの本質を理解し、やるべきことを実践し続ける。 そんな責任あるリーダーを対象とした研修です。