あなたの理想のリーダー像は相手が求めるものではないかもしれない。

今月の研修:リーダーシップパワー理論

これまでリーダーシップに関する記事をいくつか書いてきました。

リーダーは列の先頭に立つか、後ろに立つか。
想定と準備、その範囲はどんなに広くてもいい。
記憶とは何たるかを知らないリーダーはメンバーの非を打つばかり。

私がこれらの記事の中で書いた「列の先頭に立つ」や「誰よりも想定と準備の範囲を広くする」といったことはどんなリーダーにも欠かせないものだと考えます。

しかし、自分が思う理想のリーダーシップをそのまま相手に発揮してはいけない場合があります。

必須スキルと選択スキル

自分が思う理想のリーダーシップをそのまま相手に発揮してはいけないのは、自分が発揮したいリーダーシップと相手が求めるものにずれがある場合です。

リーダーはさまざまな力を持ち得ます。例えば、判断力・決断力、情報力、人脈力、報酬・懲罰を与える力などが挙げられるでしょう。

具体例として「判断力に長けたリーダーを理想とするあなたは、会社においてアルバイトAさんの世話をする係を任されている」と仮定しましょう。

Aさんはさほど成長欲求がありません。その仕事の経験を積んでおきたいなどではなく、単に交際費としてのお金を稼ぎたいと考えています。あなたは、そんなAさんから仕事の内容についてわからないことがあるから教えてほしいと尋ねられました。

判断力を重んじるあなたは、どういう背景があって、どういう根拠によって、どのような仕事を、どのように行ってほしいかを論理的に説明したとします。

Aさんは満足するでしょうか?実のところ、「話長いな……」「結論だけ言ってくれればいいのに……」と思うのではないでしょうか。なぜなら、Aさんは判断力に基づく論理的な説明など求めていないのですから。

つまり、相手が何を求めているかによって、発揮するリーダーシップを変えなければならないのです。

しかし冒頭でも述べたとおり、どんなリーダーにも欠かせないスキルがあるはずです。私はそうした普遍的に重要なスキルを必須スキルと呼び、相手の欲求に応じて発揮すべきかどうかが異なるスキルを選択スキルと呼ぶことにしました。

報酬力・懲罰力とは、それぞれ報酬・懲罰を与える力のこと。

必須スキルは言わばリーダーとしての土台。そして選択スキルはリーダーとしての武器といえるでしょう。上の図はそのイメージです。ここまでで述べてきたように、どの武器を選んで相手と向き合うか、それは相手が何を望んでいるかに依るのです。

ですから、自分が発揮したい、あるいは憧れているリーダーシップのスキルを軽率に相手に押し付けてはいけないのです。

※判断力・決断力は行使するかは別としてリーダーの必須スキルでもあります。

必須スキルの説明はこちら↓

これから研修を受ける方々へ

リーダーであるなしに関わらず、相手のことを思うのであれば、相手の望むものは何であるかを考える視点は欠かせません。本研修は、これまでの人との関わり合いの中で相手の欲求に応えられていたか、信頼を積み重ねられていたかを振り返り、今後どう振る舞うべきかを考えるよい機会になると思います。

研修で学んだこと

  • 成熟度によって相手がリーダーに求めるパワーは異なる
  • 相手から信頼されているかどうかは過去の自分の行いで判断できる

この記事の著者/編集者

藤原穫 東京大学大学院薬学系研究科  リーダーズカレッジ リーダー 

秋田県出身。高校時代は強豪校でバドミントンをしていました。大学に入ってからは民族舞踊に励み、修士1年になった現在は薬物動態の研究をしています。趣味は旅行。死ぬまでにすべての温泉地を回りたいと思っています。これまで複数の組織で培ってきたリーダーシップに磨きをかけるべく、A&PROでの研修に励んでいます。

最新記事・ニュース

more

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった3日間の集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレン…

嶋田 夏生 草野柾樹 原 駿介 星野 歩華 齋藤祐太 17Picks

復習回数を闇雲に増やしたり、ノートいっぱいに何度も書かせる記憶法は、社会に出てから通用しない。 多忙なリーダーは、重要事項を一発で覚える。 たとえそれができなくても、復習回数を最小限にし、効果的・効率的に記憶することが大切。

今や社会人に必須のスキルとされている報連相。その重要性は誰もが知るところですが、時が経つにつれて報告・連絡・相談の目的や意図が本来のものから逸れてしまい、意味を勘違いしている社会人が増えてきました。 この記事では報連相の正しい意味と活用方法について分かりやすくご紹介します。

社会は常に変化し続けています。立ち止まればどんどん遅れていくことになります。

大きな課題に怖気付いたり、ミスに落ち込んでしまう方がほとんどではないでしょうか。私も前者に近い状態です。しかし、そのような状態ながらも、大変なことに対してプラスに捉えることができるようにと心がけていることがあります。

私は正直、2日間で自分の考えがここまで大きく変わるとは参加前は思っていませんでした。 これはこの研修が、ただただ新しい知識を先生から学ぶのではなく、納得できるまで本質を考え、自分と向き合うことができるからこそだと思います。そして、何より大学生の自分に、ここまで真剣に向き合い、厳しく指導してくださる大人に出会えたからです。こんな機会滅多にないので、迷っている方はぜひ参加をおすすめします。

田村稔行 藤原穫 信宗碧 3Picks

そんな「短期間で簡単に過去の自分を変えることなんて不可能だ」と感じる方が大多数だと思います。しかしながら、自身が徹底的に弱みと向き合い続け、目標とするリーダー像に成長したいと思う意思を持っていれば、必ず変われます。この研修には、それを応援してくれる森口さんと仲間がいます。

藤原穫 田村稔行 信宗碧 3Picks

これまでにリーダーシップの研修やインターンに参加したことがある人でも、必ず新しい発見が得られる研修です。私自身、2日間という短い時間の中でひたすら考え、そして行動する習慣を身につけることができました。また、自分自身としっかりと向き合い、自分の弱さを誠実に受け止めることができるようになりました。それは、「本気で変わりたい」という気持ちを真剣に持つことができるようになったからです。

藤原穫 田村稔行 信宗碧 3Picks

この研修の中で誠実という言葉が1つ重要であった研修であったと思います。ただの事実を述べる”正直”とは違い、”誠実”は本来あるべき姿に事象を持っていくことです。リーダーは自分と向き合い、弱さに向き合い、成長していく自分に対しての誠実さはもちろん、チームのメンバー・顧客等々、あらゆる立場の人に対して誠実でなければなりません。

田村稔行 藤原穫 信宗碧 3Picks