あなたの理想のリーダー像は相手が求めるものではないかもしれない。

今月の研修:リーダーシップパワー理論

これまでリーダーシップに関する記事をいくつか書いてきました。

リーダーは列の先頭に立つか、後ろに立つか。
想定と準備、その範囲はどんなに広くてもいい。
記憶とは何たるかを知らないリーダーはメンバーの非を打つばかり。

私がこれらの記事の中で書いた「列の先頭に立つ」や「誰よりも想定と準備の範囲を広くする」といったことはどんなリーダーにも欠かせないものだと考えます。

しかし、自分が思う理想のリーダーシップをそのまま相手に発揮してはいけない場合があります。

必須スキルと選択スキル

自分が思う理想のリーダーシップをそのまま相手に発揮してはいけないのは、自分が発揮したいリーダーシップと相手が求めるものにずれがある場合です。

リーダーはさまざまな力を持ち得ます。例えば、判断力・決断力、情報力、人脈力、報酬・懲罰を与える力などが挙げられるでしょう。

具体例として「判断力に長けたリーダーを理想とするあなたは、会社においてアルバイトAさんの世話をする係を任されている」と仮定しましょう。

Aさんはさほど成長欲求がありません。その仕事の経験を積んでおきたいなどではなく、単に交際費としてのお金を稼ぎたいと考えています。あなたは、そんなAさんから仕事の内容についてわからないことがあるから教えてほしいと尋ねられました。

判断力を重んじるあなたは、どういう背景があって、どういう根拠によって、どのような仕事を、どのように行ってほしいかを論理的に説明したとします。

Aさんは満足するでしょうか?実のところ、「話長いな……」「結論だけ言ってくれればいいのに……」と思うのではないでしょうか。なぜなら、Aさんは判断力に基づく論理的な説明など求めていないのですから。

つまり、相手が何を求めているかによって、発揮するリーダーシップを変えなければならないのです。

しかし冒頭でも述べたとおり、どんなリーダーにも欠かせないスキルがあるはずです。私はそうした普遍的に重要なスキルを必須スキルと呼び、相手の欲求に応じて発揮すべきかどうかが異なるスキルを選択スキルと呼ぶことにしました。

報酬力・懲罰力とは、それぞれ報酬・懲罰を与える力のこと。

必須スキルは言わばリーダーとしての土台。そして選択スキルはリーダーとしての武器といえるでしょう。上の図はそのイメージです。ここまでで述べてきたように、どの武器を選んで相手と向き合うか、それは相手が何を望んでいるかに依るのです。

ですから、自分が発揮したい、あるいは憧れているリーダーシップのスキルを軽率に相手に押し付けてはいけないのです。

※判断力・決断力は行使するかは別としてリーダーの必須スキルでもあります。

必須スキルの説明はこちら↓

これから研修を受ける方々へ

リーダーであるなしに関わらず、相手のことを思うのであれば、相手の望むものは何であるかを考える視点は欠かせません。本研修は、これまでの人との関わり合いの中で相手の欲求に応えられていたか、信頼を積み重ねられていたかを振り返り、今後どう振る舞うべきかを考えるよい機会になると思います。

研修で学んだこと

  • 成熟度によって相手がリーダーに求めるパワーは異なる
  • 相手から信頼されているかどうかは過去の自分の行いで判断できる

この記事の著者/編集者

藤原穫 東京大学大学院薬学系研究科  リーダーズカレッジ リーダー 

秋田県出身。高校時代は強豪校でバドミントンをしていました。大学に入ってからは民族舞踊に励み、修士2年になった現在は薬物動態の研究をしています。趣味は旅行。死ぬまでにすべての温泉地を回りたいと思っています。これまで複数の組織で培ってきたリーダーシップに磨きをかけるべく、A&PROでの研修に励んでいます。

するとコメントすることができます。

新着コメント

  • 信宗碧

    早稲田大学 文学部 美術史コース リーダーズカレッジ リーダー 2021年07月16日

    リーダーを志す人にはとても学びのある記事でした。リーダーズカレッジの中ではリーダーが持つべき様々なスキルやスタンスを学びます。しかし、それを全てあらゆる場面で適応させようとするのはナンセンスです。組織の状態や相手の状況を把握した上で使うべきスキルの取捨選択をすることが柔軟性のあるリーダーにも繋がるのだと思います。

    今後も学んだことをどう使うか、いつ使うか常に考えながら成長していきます。常に成長を続けながらも知識やスキルの行使に酔わないリーダーになることを目指していきます。

最新記事・ニュース

more

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。

研修参加前は、私はリーダーの素質がないと思っていました。しかし研修を通して、私には素質がないのではなく準備ができていないということに気付かされました。

誰しも緊張して力を出しきれなかった経験があるのではないでしょうか?この記事では、緊張に対処する方法と、緊張に関する野球部での実体験を紹介します。

研修中でさえも成長を感じられますが、研修後に努力を継続することで計り知れない学びを得ることができ、自己実現に繋げることができると実感しています。

本田花 川村杏 2Picks

参加後は自分がリーダーとして目指すべき姿やリーダーとして欠けていた部分を理解することができ、今後私がやるべきことを明確にすることができました。

本田花 川村杏 2Picks

研修参加前は、リーダーとしてチームを引っ張ることに不安を抱えていました。しかし参加した後は、リーダーとして働くことに対してポジティブに捉えられるようになりました。なぜなら、「今のチームにはこれが足りないのか」といった気づきや、「リーダーはこれが必要だったのか」というような実践に落とし込めるような内容であったからです。本研修に参加していなかったら、こうした心境の変化はなかったと思います。

本田花 川村杏 2Picks