大事な時、本当に頼りになるリーダーとは?

今月の研修:災害時・緊急時の対応

周りをいかに見られるか、活かせるか、

様々な災害・事故を分析すると、発生時にマニュアルを見る余裕のない緊急事態が存在します。その中でも遭遇率の高い「地震」に焦点を当て、私たちは避難訓練を行いました。マニュアルを見ずともマニュアル通りに動き、かつ想定外にも対応するトレーニングです。

私は今回、避難行動を主導するリーダーの補佐役として避難訓練に臨みましたが、その中で以下の学びを得ました。

「緊急時に本当に頼りになるのは、A:常に先頭に立って動くだけのリーダーではなく、B:全体を見渡す視野も合わせ持つリーダーである」

もう少し具体的にご説明します。Aのリーダーは第3者的に見ると、いかにも頼りがいのあるリーダーという風に映るかもしれません。しかしAのリーダーには、緊急時において大きく2つの欠点があると考えます。

まず1つ目が、優先順位を正しく判断して行動に移す必要のある緊急時において、最初から1人で全てをやり切ろうとすることは、最善とは言えません。すべての判断・行動を1人で抱え込むよりも、必要に応じて周囲のメンバーに効果的にサポートを求め、協力して対応する方が、よっぽど効率的かつ低リスクではないでしょうか。

例えば地震が発生した際、身の安全の確保・建物や避難経路の安全確認・顧客の人数確認等々、確認事項はたくさん存在します。これらを確実かつスピーディーに実施していくには、周囲のメンバーから頼りになる存在を的確に見極め、彼らに効果的に指示を与え、同時進行で取り組むことが不可欠です。こうした行動をとれるのは、常に視野広く全体を見渡すこともできる、Bのリーダーでしょう。

実際私はリーダーの補佐役として訓練に臨んだ際、リーダーが私自身に具体的な指示を出してくれる(と同時にリーダー自身が何をするかを共有してくれる)ほど、避難行動自体がスムーズに進む、かつ想定外の事象にも落ち着いて対処できるように感じました。

そして2つ目が、周囲のメンバーに与える心理的影響です。Aのリーダーは、常にこれから取るべき行動にばかり目が行ってしまい、その瞬間の周囲の状況把握が疎かになりがちです。こうしたリーダーの姿は、周囲の顧客にとってみれば、今の状況を掴めていないように映り、焦りや不安を与える存在になってしまいます。

ここでも地震を具体例に挙げますが、先述のようなマニュアルとして定められている確認事項以外にも、状況によって取るべき行動は発生します。例えば周囲にひどく気が動転しているメンバーがいた場合を考えてみてください。ただひたすらに緊張感を全面に出して行動していては、さらなるパニックを招きかねません。そんな状況を察知し「落ち着いて。自分の指示取りに行動すれば安心です」という一言があるだけで、周囲のメンバーからは、周りが良く見えている、信頼できる存在に映るのではないでしょうか。

ここまで、緊急時にリーダーシップをとる人間にとって、いかに全体を見渡すことが大切かということを述べてきましたが、大前提、自分1人でもマニュアル通りにすべての行動をとれることが必要です。ここの基本が出来てこそ、周囲のメンバーをうまく活かし、最善の選択をできるようになることは、言うまでもないでしょう。

これから研修を受ける方々へ

頭にインプットした通りに完璧に行動する。言葉にすることは簡単でありながら、なかなかできないことでもあります。今回の研修では、地震という緊急時を想定した訓練を行いましたが、さらに考える対象を広げれば、私たちが普段何かしらの形で「学んでいる」こと全てに対して、今回の研修は問題提起をしているのではないかと感じます。インプットしたことを、どんな状況下でもいかに正確かつ臨機応変に発揮できるか。こういった視点を持ち参加することで、研修の価値は何倍にも膨れ上がるのではないでしょうか。

研修で学んだこと

  • 責任を持つとは、想定外の事にも対応できる状態でいること
  • マニュアルを頭に浮かべながら動くのでは、実際の緊急時には対応しきれない
  • 緊急時こそ、周囲に自分の取る行動を事前に共有することが大切(黙って一人で行動していては、十分な連携が取れない)
  • 緊急時のリーダーの落ち着いた行動により、周囲のメンバーに安心感を与えることが出来る

この記事の著者/編集者

萩原佑太 早稲田大学 基幹理工学部  

高校まで10年間野球に打ち込み、一浪の末、早稲田大学理工学部へ

大学では、個別指導塾や引っ越しアルバイトを経験後、大学2年次からA&PROに所属している

A&PROでは塾講師を務め、4年次からはキャリア支援の学生団体にて顧客開拓部署のリーダーも務める
現在はA&PROと学生団体とのコラボプロジェクトに取り組み、日々相乗効果を目指し奮闘中

趣味はカラオケで、全国採点1位を獲得したことも!

最新記事・ニュース

more

周囲への感謝の気持ちを伝えることは、人間関係を豊かにし続けます。本記事では特に私が大切にする3つの考え方をお伝えします。読み終わった後にはつい照れてしまって感謝を大事な人に伝えきれていない人も「ありがとう」と周りに言いたくなるような記事です。

須賀渉大 羽田 優作 香山 渉 3Picks

感謝は大事だと分かっているけれど、感謝を後回しにしてしまう。そんな方に、感謝の価値を改めて実感していただき、実践するための準備となるメッセージになればと思います。

「ありがとう」と人に感謝を伝えるとき、皆さんはどのようなことを意識していますか。形骸化した「ありがとう」では、お互いに実りのあるコミュニケーションをとることができません。価値のある「ありがとう」を伝え、自分自身や相手、そして組織全体にプラスの影響を生み出していきましょう。

松本 康士朗 香山 渉 2Picks

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。