大事な時、本当に頼りになるリーダーとは?

今月の研修:災害時・緊急時の対応

周りをいかに見られるか、活かせるか、

様々な災害・事故を分析すると、発生時にマニュアルを見る余裕のない緊急事態が存在します。その中でも遭遇率の高い「地震」に焦点を当て、私たちは避難訓練を行いました。マニュアルを見ずともマニュアル通りに動き、かつ想定外にも対応するトレーニングです。

私は今回、避難行動を主導するリーダーの補佐役として避難訓練に臨みましたが、その中で以下の学びを得ました。

「緊急時に本当に頼りになるのは、A:常に先頭に立って動くだけのリーダーではなく、B:全体を見渡す視野も合わせ持つリーダーである」

もう少し具体的にご説明します。Aのリーダーは第3者的に見ると、いかにも頼りがいのあるリーダーという風に映るかもしれません。しかしAのリーダーには、緊急時において大きく2つの欠点があると考えます。

まず1つ目が、優先順位を正しく判断して行動に移す必要のある緊急時において、最初から1人で全てをやり切ろうとすることは、最善とは言えません。すべての判断・行動を1人で抱え込むよりも、必要に応じて周囲のメンバーに効果的にサポートを求め、協力して対応する方が、よっぽど効率的かつ低リスクではないでしょうか。

例えば地震が発生した際、身の安全の確保・建物や避難経路の安全確認・顧客の人数確認等々、確認事項はたくさん存在します。これらを確実かつスピーディーに実施していくには、周囲のメンバーから頼りになる存在を的確に見極め、彼らに効果的に指示を与え、同時進行で取り組むことが不可欠です。こうした行動をとれるのは、常に視野広く全体を見渡すこともできる、Bのリーダーでしょう。

実際私はリーダーの補佐役として訓練に臨んだ際、リーダーが私自身に具体的な指示を出してくれる(と同時にリーダー自身が何をするかを共有してくれる)ほど、避難行動自体がスムーズに進む、かつ想定外の事象にも落ち着いて対処できるように感じました。

そして2つ目が、周囲のメンバーに与える心理的影響です。Aのリーダーは、常にこれから取るべき行動にばかり目が行ってしまい、その瞬間の周囲の状況把握が疎かになりがちです。こうしたリーダーの姿は、周囲の顧客にとってみれば、今の状況を掴めていないように映り、焦りや不安を与える存在になってしまいます。

ここでも地震を具体例に挙げますが、先述のようなマニュアルとして定められている確認事項以外にも、状況によって取るべき行動は発生します。例えば周囲にひどく気が動転しているメンバーがいた場合を考えてみてください。ただひたすらに緊張感を全面に出して行動していては、さらなるパニックを招きかねません。そんな状況を察知し「落ち着いて。自分の指示取りに行動すれば安心です」という一言があるだけで、周囲のメンバーからは、周りが良く見えている、信頼できる存在に映るのではないでしょうか。

ここまで、緊急時にリーダーシップをとる人間にとって、いかに全体を見渡すことが大切かということを述べてきましたが、大前提、自分1人でもマニュアル通りにすべての行動をとれることが必要です。ここの基本が出来てこそ、周囲のメンバーをうまく活かし、最善の選択をできるようになることは、言うまでもないでしょう。

これから研修を受ける方々へ

頭にインプットした通りに完璧に行動する。言葉にすることは簡単でありながら、なかなかできないことでもあります。今回の研修では、地震という緊急時を想定した訓練を行いましたが、さらに考える対象を広げれば、私たちが普段何かしらの形で「学んでいる」こと全てに対して、今回の研修は問題提起をしているのではないかと感じます。インプットしたことを、どんな状況下でもいかに正確かつ臨機応変に発揮できるか。こういった視点を持ち参加することで、研修の価値は何倍にも膨れ上がるのではないでしょうか。

研修で学んだこと

  • 責任を持つとは、想定外の事にも対応できる状態でいること
  • マニュアルを頭に浮かべながら動くのでは、実際の緊急時には対応しきれない
  • 緊急時こそ、周囲に自分の取る行動を事前に共有することが大切(黙って一人で行動していては、十分な連携が取れない)
  • 緊急時のリーダーの落ち着いた行動により、周囲のメンバーに安心感を与えることが出来る

この記事の著者/編集者

萩原佑太 早稲田大学 基幹理工学部  

高校まで10年間野球に打ち込み、一浪の末、早稲田大学理工学部へ

大学では、個別指導塾や引っ越しアルバイトを経験後、大学2年次からA&PROに所属している

A&PROでは塾講師を務め、4年次からはキャリア支援の学生団体にて顧客開拓部署のリーダーも務める
現在はA&PROと学生団体とのコラボプロジェクトに取り組み、日々相乗効果を目指し奮闘中

趣味はカラオケで、全国採点1位を獲得したことも!

最新記事・ニュース

more

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 大庭彩 3Picks

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

メンバーに尊敬されるリーダーは当たり前ですが、メンバーを尊敬できるリーダーは少ないのではないでしょうか? 今回の記事ではメンバーを尊敬することで得られるメリットについてご紹介していきます。

大庭彩 1Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。 各種マネジメントツールにもてあそばれず、プロジェクトマネジメントの本質を理解し、やるべきことを実践し続ける。 そんな責任あるリーダーを対象とした研修です。