他者の時間は簡単に奪えてしまう。他者の時間を大切にできていますか?

クレド5.時間の有限性を理解する

限りある時間を有意義に活用するために、準備を徹底していきます。自分の時間を大切にしなければ、他者の時間も大切にすることはできません。他者(顧客・提携先・メンバー)の時間を尊重することで、自分の時間も尊重されます。

はじめに

「意識せずに他者の時間を奪っている」そんなことがよくあることをご存じですか?もちろん、他者の時間を大切にしている人なら、そのような事例に当然気づいていることでしょう。しかし、まだまだそのことに気づけていない方も多くいると考えています。

例えば、会議での発表など。手間取ることなくスムーズに発表できていますか?機械トラブルを起こし、発表を長引かせている人を見たことはありませんか?

これは、実は他者の時間を奪っている行為です。

このような視点を持てると他者を大切にすることができるようになり、信頼を得られるようになります。

オンライン授業での経験

コロナウイルス蔓延の影響を受け、私の通っている大学では授業がオンラインで行われるようになりました。

私は授業の開始時間に合わせ予定を調整し、パソコン・Wifiなどの通信環境を揃え、授業に向け準備をしていました。授業で使われるZOOMへの入り方も確認し、自分にできる準備は全てしたつもりでした。もちろん、教授側も同様の準備をしているだろうし、スムーズに授業が進むのだろうと考えていました。

しかし、いざ授業がはじまるとその期待は裏切られることになります。教授側で音の出し方が分からない、画面が写らないなどのトラブルが起き、授業がまともに進まなかったのです。結局私達は教授がパソコンの使い方を理解するまで待たされることになりました。

こちらは予定を調整し、時間を確保していたのに…

機械が苦手なことを言い訳に準備を怠った人が1人いたことで、何十人といた生徒の時間が犠牲になったのです。

これが他者の時間を奪うということです。時間を奪っている本人はそのことに気づいていないでしょう。「ごめんね、機械に弱くって」と謝罪はするものの、「機械に弱いから仕方ないよね」という気持ちが伝わってきました。

しかし、このようなことを実は私達もしている可能性があります。私も以前、人前で発表をする際に、PowerPointを上手く表示することができず、他者を待たせてしまったことがありました。

「自分が他者の時間を奪っている」という視点を持つことで、他者を大切にできる人に近づくのないでしょうか?

人の時間を奪わないために

他者と何かするとき、私たちは他者の時間をいただいています。他者を大切にすることは、他者の時間も大切にすることです。他者を尊重するというのなら、他者の時間も尊重すべきでしょう。時間をないがしろにすることはできません。

そのため、他者の時間をいただく際、私達は他者に有意義な時間を提供する必要があります。いただいた時間を有意義にするために、私達は何ができるのでしょうか?

それは「準備」です。

当然のことだと思われるかもしれませんが、準備をないがしろにしてしまう人は多くいます。また、準備を怠ると先ほどのように他者の時間を奪うことになります。

例えば、先ほどの授業を例に考えてみると、以下のようなことが準備として考えられるでしょう。

  • PowerPointが正しく動くか
  • PowerPointの内容に間違いがないか
  • ネットワークに接続できているか
  • 接続が切れた場合の対応方法を考えているか
  • マイク、イヤホンは正しく動くか
  • 生徒がZOOMに接続できる環境を作っているか
  • 人数制限がかかっていないか(全ての生徒が参加可能か)

他にも準備すべきことがあるかもしれません。普段から準備を大切にし、学び続けることで準備すべきことの理解は深まります。普段からの訓練が失敗のない行動に繋がり、他者の時間を尊重することに繋がると考えています。

人の時間をいただく

私達が他者と何かするときは必ず「他者の時間」をいただいています。例えば、ちょっとした活動報告も他者の時間をいただく活動です。報告内容の要点をまとめられず、グダグダと長い報告を行うと、他者の時間を奪うことになります。話の要点をまとめ簡潔に伝えることで、他者の時間を大切にすることができます。短縮された時間の分、他者は有意義なことに時間を活用できるからです。

このような小さなことから「準備」が大切になります。私達の行う活動は準備が必要な活動に溢れているのです。他者の時間を尊重するために準備は欠かせません。私自身、他者の時間を大切にするためにも時間の有限性を理解し、準備を怠ることなく活動していこうと思います。

この記事の著者/編集者

長谷川拓志   

東京都出身。高校時代はハンドボール部に所属していました。大学に入ってからはバドミントンサークルに所属しています。趣味はスノボや山登りなど、自然に触れながら体を動かすことです。毎回の研修で得たものを実践し、価値ある記事を作っていきます。

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 大庭彩 3Picks

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

メンバーに尊敬されるリーダーは当たり前ですが、メンバーを尊敬できるリーダーは少ないのではないでしょうか? 今回の記事ではメンバーを尊敬することで得られるメリットについてご紹介していきます。

大庭彩 1Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。 各種マネジメントツールにもてあそばれず、プロジェクトマネジメントの本質を理解し、やるべきことを実践し続ける。 そんな責任あるリーダーを対象とした研修です。

「大変なこと」を楽しむことは理想だとは分かっているけれど、中々そう上手くはいかない。そんな「大変なこと」との付き合い方に悩んでいる人に贈る、「大変なこと」を味方にするための記事になっています。

大庭彩 1Picks