恩返しの前に感謝を言葉にして伝える理由

クレド1.周囲の人、物事全てに感謝

私たちが社会で生きていけるのは、周りの人・物事のおかげです。相手から感謝される人は自分自身が周りに感謝している人。すべてに感謝し、豊かな人間関係を構築し、社会貢献していきます。

感謝する機会、作っていますか?

あなたは普段お世話になっている人、関係の深い人に感謝を伝えられていますか。

「確かに、少なくとも心の中では感謝している。だから代わりに何かをしている。」という方もいるかも知れません。しかし、私はこのクレドの意義を考えたとき、そのような行動をする前に、まずは直接感謝を伝えることで、いっそう豊かな関係を構築することにつながると感じました。

なぜ感謝を伝えるのか

そもそもなぜ人は感謝を伝えるのでしょうか。

この問いについて考えたとき、2つの答えが浮かびました。1つは純粋に相手の存在や行動が「有り難い」と感じていて、それを伝えたいから。そしてもう1つは、感謝を伝えなければ、自分にとってその状況が当たり前になってしまうから、というものです。

普段私たちは、周囲の様々な人の助けを受けて生活、活動しています。一方で私たちは、意識しなければ「慣れ」によって、徐々にそのような状態が普通、つまり当たり前に感じてしまうことでしょう。そうなれば、相手に助けてもらうことに対して感じることが少なくなるだけでなく、相手に助けてもらえなかったことに一方的に不満を抱くことにつながると考えます。双方にとって価値ある時間を過ごすためには、互いがその存在の価値を認識できていることが重要ではないでしょうか。

言葉として感謝を伝える意義

では、なぜ感謝自体を伝える機会を作ることに意味があるといえるのでしょうか。恩返しとは、相手への感謝を言葉ではなく行動で伝えることであるといえます。

しかしながら、言葉として感謝を伝えずに行動に移したとして、「有り難さ」を認識することはできるでしょうか。もし「これはきっと相手のためになるだろう」という考えが独りよがりになってしまうと、「私はあなたのために〇〇をしているのに」と恩返しを押し付けてしまうことにならないでしょうか。もちろん、相手のためにと行動することは素晴らしいことです。しかし、行動に移すことに加えて感謝を伝える機会も別に設けることで、より自分が感謝の念を抱いていることを相手に伝えることができると考えます。

そのようなことをもとにすると、私の解釈ではありますが、クレドの内容として「相手のために行動する」ことではなく「感謝を伝える」ことが主として述べられているのは、感謝を伝える機会こそが前提として重要であり、かつ見逃してしまいがちなことだからだと感じます。

例えば、家族に感謝を伝えることを考える時、家事を手伝うといったことも考えるかもしれません。もちろんそれも感謝を伝える良い手段の一つかもしれません。しかし、お手伝いをするだけでなく、メッセージカードや家族のアルバムを作ってみる、花を贈るなどするのはいかがでしょうか。

家族にとっては、普段伝える機会の少ない感謝の言葉を受け取る、感謝を伝えることそれ自体のために何かを贈ることが、きっと特別で、お互いにとって「有り難い」時間になるのではないでしょうか。

自分事にして感謝を伝える

感謝を伝える機会を作る意義についてお伝えしてきましたが、私自身はA&PROに参加しこのクレドを目にするまで、中々感謝する機会を作れていませんでした。感謝を伝える意義をお伝えしても、照れくさい、などと自分ごととして捉えなければ、私自身が変わることは難しいでしょう。

A&PROには、メンバーの誕生月には手作りのメッセージアルバムを贈る文化もあります。私も以前誕生月にアルバムをいただきましたが、改めて周囲のメンバーからの言葉をもらう特別感を抱きました。

そのような機会をA&PROのメンバーだけでなく、家族、友人などに対しても作るよう意識し、例えば誕生日などの節目の機会には感謝の言葉を伝えたいところです。

この記事の著者/編集者

田村稔行 早稲田大学 基幹理工学部 情報通信学科  

高校時代から英語の部活、サークルでの活動を続けており、大学では理工学部生向け英語サークルの代表を務めました。
更に、大学1、2年生がキャリアついて考える機会を提供すべく、大学生向け就活支援の学生団体「エンカレッジ」で活動。記事執筆やSNSの運用を行っています。

最新記事・ニュース

more

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 大庭彩 3Picks

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

メンバーに尊敬されるリーダーは当たり前ですが、メンバーを尊敬できるリーダーは少ないのではないでしょうか? 今回の記事ではメンバーを尊敬することで得られるメリットについてご紹介していきます。

大庭彩 1Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。 各種マネジメントツールにもてあそばれず、プロジェクトマネジメントの本質を理解し、やるべきことを実践し続ける。 そんな責任あるリーダーを対象とした研修です。