自己主張することで好循環をつくる。

今月の研修:『アサーティブコミュニケーション』

はじめに

皆さんはこんな経験をしたことはありませんか?

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている……。」

「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている……。」

こうした悪循環は、筆者の私にも、常につきまとってきました。

この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。

そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

では、「Assertive」とは何か、そして「Assertive」になるためにどうしたら良いのか、これらについて考えていきましょう。

Passiveなコミュニケーションについて

Passiveを理解する

「Passive」なコミュニケーションは、以下で定義されます。

  • Passiveなコミュニケーション:自分の要求や意見を抑え、相手の意見を大事にして発言すること。相手だけを大事にするコミュニケーション。

場面によって私は、Passiveなコミュニケーションを取ってしまうことが多くあります。例えば以下のパターンです。

  • お願いした仕事を守れず、投げ返してくる仲間に対し「忙しいなら仕方ない」と伝え、自分も忙しい中でその仕事を巻き取る。
  • メンバーに対して改善してほしいことがあるが、相手の気持ちを配慮して発言しない。

どちらも相手の気持ちだけを大事にし、自分の要求を伝えられていません。

Passiveは悪循環を引き起こす

Passiveなコミュニケーションについて、皆さんの中では、「相手のためになればそれでいいじゃないか、それが本望だ」という声もあるかと思います。

確かに、そのコミュニケーション単体ではそう思えるかもしれません。しかし積もり重なると、要求ばかりしてくる相手に嫌気が差し、その人を貶めようと陰口といった後ろ向きなコミュニケーションにも繋がりかねません。そして陰口となれば、それは誰もが利を得ないコミュニケーションとなります。

Passiveなコミュニケーションは、その場の自分にとってだけでなく、結果的に自分も周りも利を得ないコミュニケーションです。

では、自分も周りも利を得続けるコミュニケーションとは何か?

それがズバリ、Assertiveなコミュニケーションです。

  • Assertiveなコミュニケーション:自分の要求や意見を、相手の権利を侵害することなく、誠実・率直・対等に表現すること。自分も相手も大事にするコミュニケーション。
コミュニケーションをPassiveからAssertiveへ

PassiveからAssertiveへの転換方法

Assertiveになるためには、以下の手順を踏むことを意識します。

  1. 自分の本当の要求を言語化する。
  2. 相手と話す場を設け、まずは相手の状況、気持ちを徹底的に聴く。
  3. その後、要求の背景を「感情中立的に」「分かりやすく」伝える。(参考記事
  4. 主語を「私は、」にして、丁寧に要求を伝える。
  5. 互いの要求が満たされるような解決策を提案する。

各手順が重要で、漏らさないようにすることがAssertiveであり続けるコツです。

私の場合、お願いした仕事の期日が守れていない仲間に対し、自己主張をしようとするあまり「2.相手と話す場を設け、まずは相手の状況、気持ちを徹底的に聴く」を十分にできず、Assertiveなコミュニケーションに失敗した経験があります。具体的には以下です。(各数字が手順の番号と対応します。)

要求:相手に仕事をやりきってほしい。

私:「この間お願いした仕事の進捗どうだろう?」

仲間:「申し訳ない忙しくてできていない……。正直最近忙しくて厳しい……、この仕事お願いしてもいいかな?」

私:「そうか。〇〇が忙しいのは分かっている。だけど、みんな仕事を責任持ってこなすことが必要な状況なんだ。分かってくれるかな?」

仲間:「それはそうだけど……。自分の予定も大事。」

私:「それも分かるけど、私は、〇〇にこの仕事をやり遂げてほしいんだ。それによって〇〇が仲間を支え、成果に繋がるんだ。私も〇〇が協力してくれたら嬉しい。」

仲間:「正直そう言われても、時間がないものはないな……。この仕事今は厳しいや。」

私:「そうか……。でも……。」

このように「2.相手と話す場を設け、まずは相手の状況、気持ちを徹底的に聴く」が十分にできていないため一方的なお願いになってしまい、「5. 互いの要求が満たされるような解決策を提案する」ができていません。Assertiveなコミュニケーションを実践していれば、以下のようにできたはずでした。

要求:相手に仕事をやりきってほしい。

私:「この間お願いした仕事の進捗どうだろう?」

仲間:「申し訳ない忙しくてできていない...。正直最近忙しくて厳しい...この仕事お願いしてもいいかな?」

私:「そうか。〇〇も最近忙しいもんな。最近はどう忙しいのだろう?」

仲間:「友人との予定が多くて、忙しい感じ。」

②・③私:「友人との予定が多いのか、分かった。友人との予定も大事なのは分かるが、みんな仕事を責任持ってこなすことが必要な状況なんだ。分かってくれるかな?」

仲間:「それは分かるよ。」

④・⑤私:「ありがとう、だから私は、〇〇にこの仕事をやり遂げてほしいんだ。それによって〇〇が仲間を支え、成果に繋がるんだ。私も〇〇が協力してくれたら嬉しい。」

仲間:「そうだよね、理解した。私も忙しいけどみんなのためになりたい。この仕事最後までやり遂げるよ!」

私:「ありがとう!よろしくね!!」

「2.相手と話す場を設け、まずは相手の状況、気持ちを徹底的に聴く」を十分に行ったことで、「5. 互いの要求が満たされるような解決策を提案する」を実現しています。これがAssertiveなコミュニケーションです。

相手の状況、気持ちを徹底的に聴くことは、非常に重要である一方、自分で判断できないために意外と難しいところです。要求を通そうとする余り、相手への理解を示しきれないことが多々起こります。傾聴の方法についての詳細は、こちらの記事で方法が示されているので是非続いて読んでください。

ここまでAssertiveなコミュニケーションについて方法を話してきましたが、passiveだと自覚されている方には、勇気がいるかもしれません。しかし、Assertiveなコミュニケーションを継続することで、自分も周りも利を得られる素晴らしい状態を創り出すことができます。

慣れない中でも、一歩を踏み出すことが重要です。是非皆さんもコミュニケーションの際は上記手順を意識してみてください。

最後に

Assertiveであったかどうかを確認する簡単な方法があります。それは相手も自分も利を得たか?(Win-Winであったか?)を自問自答することです。Win-Winであったと互いに思えるなら、それがAssertiveであった証拠です。

今回の記事の内容を要約します。

  • Passiveなコミュニケーションは悪循環を引き起こす。
  • コミュニケーションは自他の要求を大事にする「Assertiveなコミュニケーション」を意識

是非皆さんもAssetiveなコミュニケーションを常日頃から意識してみてください。

研修で学んだこと

  • Win-Winを意識したAssertiveなコミュニケーションが重要である。
  • Assertiveであるための要素として、相手に共感することがある。
  • DESC法を使って提案することが重要。

この記事の著者/編集者

山嵜晴貴  早稲田大学 先進理工学部 

事業家志向の早大理系4年生。
大学1年次にインドへ渡航し、新興国での社会課題解決に興味を持つ。
2年次の経営コンサルインターンと起業家講座の学びから、ビジネスを通じた課題解決を志向。
将来は新興国で社会インフラとなる事業を創ることを夢見る。
現在は、その一歩として日本の学生の自立支援を志し、キャリア支援団体に所属。企業イベント領域のリーダーを務める。

するとコメントすることができます。

新着コメント

  • 矢後慶樹

    早稲田大学 商学部 2021年02月12日

    私はパッシブな人間ではないので、パッシブなコミュニケーションになってしまう思考回路、そこからアサーティブになる方法を具体的に知れたのは非常に大きな学びでした。チームのメンバーがパッシブになってしまってる際は今回の記事を思い出し、相手の話を徹底的に聞くところから始めたいと思います。

  • 前田佳祐

    早稲田大学教育学部 2021年02月12日

    私も所属団体でリーダーの役職で活動していますが、ついついメンバーの顔色を伺ってしまい、自分の要求を言い出しづらい時があります。しかし要求を伝える側として、まず相手の事情や状況をしっかり理解することが重要だと、この記事を見て初めて気づきました。
    常にコミュニケーションではwin-winのコミュニケーションを目指し、相手の要求を理解するヒアリングをすることと自分の伝えたいこともしっかり伝えることを意識していきたいと思いました。

最新記事・ニュース

more

周囲への感謝の気持ちを伝えることは、人間関係を豊かにし続けます。本記事では特に私が大切にする3つの考え方をお伝えします。読み終わった後にはつい照れてしまって感謝を大事な人に伝えきれていない人も「ありがとう」と周りに言いたくなるような記事です。

須賀渉大 羽田 優作 香山 渉 3Picks

感謝は大事だと分かっているけれど、感謝を後回しにしてしまう。そんな方に、感謝の価値を改めて実感していただき、実践するための準備となるメッセージになればと思います。

「ありがとう」と人に感謝を伝えるとき、皆さんはどのようなことを意識していますか。形骸化した「ありがとう」では、お互いに実りのあるコミュニケーションをとることができません。価値のある「ありがとう」を伝え、自分自身や相手、そして組織全体にプラスの影響を生み出していきましょう。

松本 康士朗 香山 渉 2Picks

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。