リーダーは一番合理性のある意見に従うものだと気づいた

研修を通じて気づいたこと

手先や口が器用な人が学生時代はリーダーをすることが多いし、自分自身もそのタイプだと認識しています。そのため、一番しっかり意見を言えていて、芯のある人がリーダーなのかなと認識するようになっていました。

しかし今回の研修を受けて、リーダーとは一番合理的なものに従うものだと気づきハッとしました。今まではメンバーの人生を削っている、あるいは預かっているという認識はなかったです。

そのように考えるなら、「一番組織のために合理的に動ける人がリーダーになる」という考え方が大事だと知りました。そして、その上で「自分が一番合理的な意見を言えばいい」と認識し、自分がものごとを表層的にみていたことを実感しました。

また今までコーチングをする場面などでは、「答えは相手の中にある」と考えていました。しかし、外生的にそれを与えられても内生化できれば、それも答えとして正しいと認識できました。このメカニズムを知ると、一般的なコーチングと違って「なぜ?」「どうすれば?」といった導き以外の手段も必要になってくるなと感じました。

これは3つ目の気づきとしてもあげられるものですが、広義の意味でコーチングをすると、目的のためならティーチングを使うという考え方も自然になります。自分の中で、1つの考え方に固執していたことに気づきました。

心境の変化

まずは3日間ありがとうございました。初日は正直、興味はありつつも講座や研修で変わるものなのかと疑っている自分もいました。しかし、研修を受けていくにつれて、これは変われる、そして変わるために自分の意思と実行が必要だと思うようになりました。

口だけでなく本気で自分を出し切る機会くださり、ありがとうございました。自分の限界とは何か、何をより伸ばせるかが見えました。

3日間の実践記録

研修で学べたこと・感じたこと

  • リーダーとは一番合理的なものに従う
    →従いつつ、それを出していくのもリーダー
  • リーダーとは想定したものに責任を持ち、想定を広げるもの
  • 答えは相手の中にあるとは限らない
  • 目的・目標とモチベーションを結びつけることが大事
    →その上で目標に向かって主体的に取り組むように導く
    →目標に達するために、広義のコーチングが必要
    →ノルマではなく、コミットメントで目標を決定していく
  • コーチングは成長欲がある人に効く
    →生存欲が満たされていない時には別のアプローチをすべき
  • 使えるものは使う、広く構造的に社会を捉える
  • あらゆる仕事はコミュニケーションと結びつけると豊かになる

Gmap-c(目標設定・成果と課題の把握)

研修全体を通じた目的:合理的かつ意図が伝わりやすいコミュニケーション

1日目:

  1. 目標 Goal(本日の目標と計画の宣言)
    意図が伝わりやすいコミュニケーション
    (森口さんに「ん?」と止められる回数を0に)
  2. 実施内容 Measure(現状・成果の把握)
    目標達成度:20%
    ・短期記憶が足りない
    ・端的に、時には具体的に
    ・気が抜けた時に話がまとまっていない
    ・相手の立場に立って考えていく
    ・使えるものは使う
  3. 考察 Analyze(ギャップの分析・課題の抽出)
    自分への甘さ
    ・思考体力
    ・集中力
    ・そもそも思考(離れたところから考える)
  4. 対策 Plan(今後の対策・計画)
    事前準備:食事と睡眠の準備を万全にする
    研修中:意識をし続ける
    →瞬時にできるものではない。
    →まずは3時間、その後休みをしっかりとり、その後また3時間と明日は意識をし直す。

2日目:

  1. 目標 Goal(本日の目標と計画の宣言)
    思考に甘えをもたせない
    ・具体的な指標。森口さんに止められる数。
    →まずは限界を維持し続ける
  2. 実施内容 Measure(現状・成果の把握)
    目標達成度:80%
    止められるという点では僕自身はなかった
    →ただチームはあった。これからはチームもという考えで動きたい
  3. 考察 Analyze(ギャップの分析・課題の抽出)
    ・適宜、自分の体を考えて集中できる準備はできた
    ・話をしっかり聞き続け、相手の発言の意図を考えるという意識を持ち続けられた
    ・周りにも同じ状態を作れる動きが見えてないなかった
  4. 対策 Plan(今後の対策・計画)
    ・継続が大切
    ・自分のテーマにより近くように動いていく
    →意図が見えるコミュニケーションや適切なコーチングを会得しきる

3日目:

  1. 目標 Goal(本日の目標と計画の宣言)
    5回はメンバーに気づきを与える
  2. 実施内容 Measure(現状・成果の把握)
    目標達成度:80%
    合計5つ
  3. 考察 Analyze(ギャップの分析・課題の抽出)
    ・自分がしっかりと準備できたこと
    →より深いレベルでの理解を表明することが大事
    ・聞き手を意識したコミュニケーションができた
    ・自分の身で相手に示すことができなかった
  4. 対策 Plan(今後の対策・計画)
    常に想定の範囲を広くしておく
    自分がコーチングの原理原則を体の芯まで満たせる状態にし、使える状態にする

これから研修を受ける方々へ

人を動かす立場にいる人で、自分はある程度できていると思っている人はぜひ受けて欲しい研修です。その中で、なんとなくこれ以上は伸びないと思えているものの、漠然とした閉塞感を持っている人はさらに受けて欲しいです。何が原理で、なぜこれが起きるのか、あるいはここで学べるものを論破できるのか、ぜひ体感してほしく思います。

表面的ではなく、本質的かつ主体的に取り組めるこの研修は自身に新たな気づきと伸びしろを感じさせる絶好の機会だと考えます。また単なる体験とは異なり、今後社会で働く上で有益な考え、見方、そしてスキルを会得できると信じています。

この記事の著者/編集者

K.K. 早稲田大学 政治経済学部  

するとコメントすることができます。

新着コメント

  • 藤原穫

    東京大学大学院薬学系研究科 リーダーズカレッジ リーダー 2021年04月24日

    表面上でのみ口が巧い人、小手先のテクニックでうまくまとめられてしまう人がリーダーを務め、真に合理的であり、組織全体を考えられている人が埋もれてしまうのは、あまりに悲しいことです。K.K.さんは、合理的に物事を考えられることがリーダーとして必要な資質であると認識し、さらに自身がそのようになるのだと考えられていますね。
    自身が研修において定めた目標を達成できたと満足するのではなく、それをチーム全体の目標へと昇華させる意識もあるK.K.さんであれば、合理性・全体を把握する視野を兼ね備えた最高のリーダーになれるのではないでしょうか。
    本研修での学びが今後の活動で活きること、K.K.さんが埋もれてしまわずにリーダーとして活躍されることを切に願っています。機会があれば、ぜひプロジェクトでご一緒したいところです!

    リーダーズカレッジリーダー:藤原

    +4
  • 信宗碧

    早稲田大学 文学部 美術史コース リーダーズカレッジ リーダー 2021年04月27日

    リーダーとはうまくまとめられる人間がやるものだということだ、というのはリーダーの機能に着目したからだと考えられます。事実、自分もリーダーシップゼミに参加する前間では同じ考えをしていました。しかし、リーダーの本質を考えた時にこの考えは変わります。最も準備できているものがリーダーを務め、リーダーは最も説得力がある意見に従う組織風土を自ら作っていくことが重要です。
    K.K.さんは、日頃からリーダーを務めることが多く、組織を動かす人材だと思います。だからこそ、メンバーの人生を背負い、彼らの成長を促進できるリーダーになり、さらに高次元のリーダーシップを身につけてくれることを期待しています。

    +3
  • 草野柾樹

    早稲田大学商学部 2021年04月25日

    0

最新記事・ニュース

more

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった3日間の集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレン…

嶋田 夏生 草野柾樹 原 駿介 星野 歩華 齋藤祐太 17Picks

復習回数を闇雲に増やしたり、ノートいっぱいに何度も書かせる記憶法は、社会に出てから通用しない。 多忙なリーダーは、重要事項を一発で覚える。 たとえそれができなくても、復習回数を最小限にし、効果的・効率的に記憶することが大切。

今や社会人に必須のスキルとされている報連相。その重要性は誰もが知るところですが、時が経つにつれて報告・連絡・相談の目的や意図が本来のものから逸れてしまい、意味を勘違いしている社会人が増えてきました。 この記事では報連相の正しい意味と活用方法について分かりやすくご紹介します。

社会は常に変化し続けています。立ち止まればどんどん遅れていくことになります。

大きな課題に怖気付いたり、ミスに落ち込んでしまう方がほとんどではないでしょうか。私も前者に近い状態です。しかし、そのような状態ながらも、大変なことに対してプラスに捉えることができるようにと心がけていることがあります。

私は正直、2日間で自分の考えがここまで大きく変わるとは参加前は思っていませんでした。 これはこの研修が、ただただ新しい知識を先生から学ぶのではなく、納得できるまで本質を考え、自分と向き合うことができるからこそだと思います。そして、何より大学生の自分に、ここまで真剣に向き合い、厳しく指導してくださる大人に出会えたからです。こんな機会滅多にないので、迷っている方はぜひ参加をおすすめします。

田村稔行 藤原穫 信宗碧 3Picks

そんな「短期間で簡単に過去の自分を変えることなんて不可能だ」と感じる方が大多数だと思います。しかしながら、自身が徹底的に弱みと向き合い続け、目標とするリーダー像に成長したいと思う意思を持っていれば、必ず変われます。この研修には、それを応援してくれる森口さんと仲間がいます。

藤原穫 田村稔行 信宗碧 3Picks

これまでにリーダーシップの研修やインターンに参加したことがある人でも、必ず新しい発見が得られる研修です。私自身、2日間という短い時間の中でひたすら考え、そして行動する習慣を身につけることができました。また、自分自身としっかりと向き合い、自分の弱さを誠実に受け止めることができるようになりました。それは、「本気で変わりたい」という気持ちを真剣に持つことができるようになったからです。

藤原穫 田村稔行 信宗碧 3Picks

この研修の中で誠実という言葉が1つ重要であった研修であったと思います。ただの事実を述べる”正直”とは違い、”誠実”は本来あるべき姿に事象を持っていくことです。リーダーは自分と向き合い、弱さに向き合い、成長していく自分に対しての誠実さはもちろん、チームのメンバー・顧客等々、あらゆる立場の人に対して誠実でなければなりません。

田村稔行 藤原穫 信宗碧 3Picks