尊敬される努力、していますか?

クレド2.互いに尊敬し合えるチームであれ

尊敬し合えるチームでなければ、最高のサービスは提供できない。プロ同士、互いに馴れ合いを排除する勇気を持って「尊敬される努力」と「尊敬する努力」をし続け、長所を生かし合えるチームを作ります。

conference

身近に尊敬する人はいますか?

いるとしたら、その人に追いつこうと努力をしたことはありますか?

さらに、追いつくだけでなく、その人に尊敬されようと努力したことはありますか?

尊敬される努力

尊敬する人への意識・志向には3つのレベルがあると思います。そのレベルを、私の経験を交えて説明したいと思います。

1つ目は、尊敬する人を見上げるだけ。「あの人、すごいな。」「自分はあの人みたいにはできないや。」
自分と尊敬する人との差を大きく感じれば感じるほど、そのレベルまで努力しようとはしなくなるでしょう。私は高校時代、バドミントン部に所属していました。常に全県大会の決勝に進む部内の先輩を尊敬こそしていたものの、到底そのレベルには追いつけないと考えて、その先輩に追いつこうとは努力できていませんでした。

badminton

2つ目は、尊敬する人に追いつこうとすること。「あの人みたいになりたい。」「あの人に負けたくない。」
高校時代、私には実力テストや模試で順位や点数を競い合う親友がいました。とはいっても、いつも負けてばかりだったのですが。彼のように安定して良い成績をとりたくて、勉強法を工夫したり、1日十数時間も勉強したりしました。少なくとも尊敬する彼に追いついていないと、第一志望の大学には受からないと思っていたのです。

3つ目は、尊敬する人に尊敬されようとすること。「あの人に尊敬されるほどになりたい。」
尊敬する人に追いつくだけでなく、自分がもつものを極めようとすること、自分がもたないものを得ようとすることは、究極の努力と言えるでしょう。私はA&PROでこの努力をしようと心がけています。毎月のビジネス基礎研修で学んだこと、セルフブランディング研修で考えたことを行動に移し、私の尊敬するA&PROのリーダーたちに尊敬されようと努めています。報連相の徹底、適切な範囲での権限行使、メンバーに対するコーチング。易しいことではありませんが、常に僅かずつでも成長を感じられる日々となっています。

あなたは、尊敬する人に尊敬されようと努力していますか?
もし尊敬する人に尊敬されることができたら、今度は逆に、その人があなたにもっと尊敬されようと思い努力することでしょう。まさに切磋琢磨という形で、互いに高め合うことができるのです。

私の強み

自分の弱みを認識するのと同じくらい、自分の強みを認識することは大切です。私の強みは「誠実さ」であると思います。これは驕りゆえに述べているのではありません。周囲からそのような評価をしていただくことが多々あるからです。誠実であることとは、約束を確実に守ること、発言と行動を一致させること。それゆえ、誠実さは信頼を生むことでしょう。

自分の何気ない行動が相手の中に生んだ自分に対する良いイメージは、時に実際の程度を超える期待に変化します。しかし、決して「勝手に期待されていた」などと思い、期待に応えることを諦めてはいけません。信頼とは、周囲によって抱かれる自分への期待に応えようと努力することで生まれるものであるからです。

だからこそ私は、誰よりも「誠実」でありたいのです。

あなたの強みは何ですか?
これを機に、自分はどんな強みをもっているか、ぜひ考えてみてください。

その強みを磨いていけば、尊敬する人に自然と尊敬されることでしょう。

この記事の著者/編集者

藤原穫 東京大学大学院薬学系研究科  リーダーズカレッジ リーダー 

秋田県出身。高校時代は強豪校でバドミントンをしていました。大学に入ってからは民族舞踊に励み、修士2年になった現在は薬物動態の研究をしています。趣味は旅行。死ぬまでにすべての温泉地を回りたいと思っています。これまで複数の組織で培ってきたリーダーシップに磨きをかけるべく、A&PROでの研修に励んでいます。

最新記事・ニュース

more

感謝は大事だと分かっているけれど、感謝を後回しにしてしまう。そんな方に、感謝の価値を改めて実感していただき、実践するための準備となるメッセージになればと思います。

「ありがとう」と人に感謝を伝えるとき、皆さんはどのようなことを意識していますか。形骸化した「ありがとう」では、お互いに実りのあるコミュニケーションをとることができません。価値のある「ありがとう」を伝え、自分自身や相手、そして組織全体にプラスの影響を生み出していきましょう。

香山 渉 1Picks

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。

研修参加前は、私はリーダーの素質がないと思っていました。しかし研修を通して、私には素質がないのではなく準備ができていないということに気付かされました。