連載1DAY体験 -参加者の声-

学びもコミュニケーションも、双方向だ。

先生も学ぶ姿勢を忘れない

教育をする側である先生が、生徒や他の先生から学ぶという姿勢が見られました。A&PROという組織でなぜ成長することができるのか、それは先生という立場に甘んじず、常に学ぶ姿勢を忘れないからなのだと分かりました。
また、教育とは無形サービスであり、生産と消費が同時であるからこそ、生徒の反応を見て指導を変えられるという考え方が、自分が理想としている、「教育は双方向である」という考え方に一致していました。

研修講師・A&PROメンバーへのメッセージ

最後にメンバーの皆さんと一緒に参加させて頂いたミーティングでは、共有されるエピソードを、メンバーの皆さんが傾聴し、要点を抑えてフィードバックを与えていた点で、お互いを尊敬しあっているのだろうと感じられました。もし一緒に働けることになったら、その輪に混じることができるよう努力したいと思います。

これから研修を受ける方々へ

たとえ漠然としていても「成長したい!」と考えている意欲のある大学生におすすめします。コーチの方、他の参加メンバーと双方向にコミュニケーションを取れるため、お互いをわかり合うことができ、自分がどう成長していきたいかに気付けるはずです。

研修で感じたこと

教室見学

  • 3時間という授業時間の終了間際でも、生徒、先生共にエネルギッシュ。
  • 振り返りシート(Gmap-c)が大いに活用されていた。

教室見学以外

  • ミーティングで積極的に先生方がクレドに沿ったエピソードを共有していて、プロ意識を感じた。
  • コミュニケーションを大切にしている。

A&PROより

「教育は双方向である」というのは、教師と生徒の在り方として非常に素晴らしい考えだと思います。
「先に生きる」と書いて先生。当然ながら知識や経験のうえでは生徒の方が未熟です。しかし生徒もまた一個人であり、独自の価値観や考えを持っています。まったく同じ人間は一人としていないのですから、教師が生徒から学べることもあるでしょう。むしろ人生の経験者として指導する立場だからこそ、常に学び続けなければいけません。

そのためには積極的にコミュニケーションを図ることが必要です。また、コミュニケーションはお互いのやり取りで成り立つもの。一方通行では真のコミュニケーションといえないでしょう。

頂いたメッセージを拝見し、A&PROの一員として、一人の個人として、常に学ぶ姿勢を忘れずに質の良いコミュニケーションを心がけようと、改めて気を引き締めることができました。

(リーダーズカレッジ:久保井)

この記事の著者/編集者

藤原穫 東京大学 薬学部  

秋田県出身。高校時代は強豪校でバドミントンをしていました。大学に入ってからは民族舞踊に励み、4年生になった現在は薬物動態の研究をしています。趣味は旅行。死ぬまでにすべての温泉地を回りたいと思っています。これまで複数の組織で培ってきたリーダーシップに磨きをかけるべく、A&PROでの研修に励んでいます。

この連載について

1DAY体験 -参加者の声-

連載の詳細

社会人はもちろん、中学生・高校生・大学生の人材育成コンサルを行っているA&PRO。
『どの業界でも活躍できる人財』をテーマに、その理論と実践のノウハウを提供します。

まずは皆さんがイメージしやすい中高生部門、進学塾ヘウレーカを会場とし、 当社代表と直接コミュニケーションを取りながら、人材育成の現場を体感していただきます!!


■ 1DAY体験(リーダーシップゼミ事前説明会を兼ねる)■

- 人材育成のメカニズムを体系的に学べる3時間 -
・プロジェクトを推進する上で、武器としての発想が重要「コンサル思考で学ぶ責任・権限・義務」
・大学では学べない、科学的なメカニズムから設計された「実践型コーチング」
・部活、サークル、アルバイトでも活用できる「リーダーのためのサービス理論」
・直営塾「ヘウレーカ」の教室見学
・リーダーシップゼミ、今後の流れについて
・個別相談


参加希望の方はこちら ⇒申込フォーム
※A&PROと提携する大学・企業から推薦されたメンバーのみが参加可能

話題のニュース

more

皆さんこんにちは!! A&PROの長期インターン生として活動をはじめて2年が経過した、早稲田大学4年の萩原佑太です!! 今回の記事は、本 ...

「あなたが尊敬する人は誰ですか?」 面接などの定番質問ですね。一度は聞かれたことがあるのではないでしょうか。 この質問をされたときにパッと思い浮かぶ人物はいますか? もしかしたら、今近くに尊敬できる人がいないと悩んでいる方もいるかもしれませんね。尊敬できる人に出会うことは自らの成長に繋がります。人との出会いが人生を変えることもあるのです。そこで、この記事では尊敬できる人に出会う方法をお伝えしていきます。

今月の研修:リーダーシップパワー理論 人から信頼される人間になりたい、これは誰しもが思うことではないでしょうか。さらにリーダーという立場であれば ...

今月の研修:災害時・緊急時の対応 皆さんは今この瞬間地震が起きたらどう対処しますか?火事だったら?強盗がガラスを割ったらどう行動するでしょうか? ...

他者に説明をしたり指示を出したりした際に「言っていることをなかなか理解してくれない」、「指示した通りに行動してくれない」と思ったことはありませんか? このような場面では、つい相手に非があるように感じてしまいますが、実は自分の取り組み次第でコミュニケーションの質は格段に上がるのです。そこで今回の研修で学んだ、コミュニケーションを図るうえで人の上に立つ人が心得るべきことについてご紹介します。

今月の研修:リーダーシップパワー理論 Contents リーダーシップパワー理論を人材採用へ活用するこれから研修を受ける方々へ研修で学んだことリ ...

Contents 研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること心境の変化3日間の実践記録研修で学べたことGmap-c(目標設定・成果と課題の ...