学びもコミュニケーションも、双方向だ。

先生も学ぶ姿勢を忘れない

教育をする側である先生が、生徒や他の先生から学ぶという姿勢が見られました。A&PROという組織でなぜ成長することができるのか、それは先生という立場に甘んじず、常に学ぶ姿勢を忘れないからなのだと分かりました。
また、教育とは無形サービスであり、生産と消費が同時であるからこそ、生徒の反応を見て指導を変えられるという考え方が、自分が理想としている、「教育は双方向である」という考え方に一致していました。

研修講師・A&PROメンバーへのメッセージ

最後にメンバーの皆さんと一緒に参加させて頂いたミーティングでは、共有されるエピソードを、メンバーの皆さんが傾聴し、要点を抑えてフィードバックを与えていた点で、お互いを尊敬しあっているのだろうと感じられました。もし一緒に働けることになったら、その輪に混じることができるよう努力したいと思います。

これから研修を受ける方々へ

たとえ漠然としていても「成長したい!」と考えている意欲のある大学生におすすめします。コーチの方、他の参加メンバーと双方向にコミュニケーションを取れるため、お互いをわかり合うことができ、自分がどう成長していきたいかに気付けるはずです。

研修で感じたこと

教室見学

  • 3時間という授業時間の終了間際でも、生徒、先生共にエネルギッシュ。
  • 振り返りシート(Gmap-c)が大いに活用されていた。

教室見学以外

  • ミーティングで積極的に先生方がクレドに沿ったエピソードを共有していて、プロ意識を感じた。
  • コミュニケーションを大切にしている。

A&PROより

「教育は双方向である」というのは、教師と生徒の在り方として非常に素晴らしい考えだと思います。
「先に生きる」と書いて先生。当然ながら知識や経験のうえでは生徒の方が未熟です。しかし生徒もまた一個人であり、独自の価値観や考えを持っています。まったく同じ人間は一人としていないのですから、教師が生徒から学べることもあるでしょう。むしろ人生の経験者として指導する立場だからこそ、常に学び続けなければいけません。

そのためには積極的にコミュニケーションを図ることが必要です。また、コミュニケーションはお互いのやり取りで成り立つもの。一方通行では真のコミュニケーションといえないでしょう。

頂いたメッセージを拝見し、A&PROの一員として、一人の個人として、常に学ぶ姿勢を忘れずに質の良いコミュニケーションを心がけようと、改めて気を引き締めることができました。

(リーダーズカレッジ:久保井)

この記事の著者/編集者

藤原穫   

秋田県出身。高校時代は強豪校でバドミントンをしていました。大学に入ってからは民族舞踊に励み、修士2年になった現在は薬物動態の研究をしています。趣味は旅行。死ぬまでにすべての温泉地を回りたいと思っています。これまで複数の組織で培ってきたリーダーシップに磨きをかけるべく、A&PROでの研修に励んでいます。

最新記事・ニュース

more

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 大庭彩 3Picks

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

メンバーに尊敬されるリーダーは当たり前ですが、メンバーを尊敬できるリーダーは少ないのではないでしょうか? 今回の記事ではメンバーを尊敬することで得られるメリットについてご紹介していきます。

大庭彩 1Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。 各種マネジメントツールにもてあそばれず、プロジェクトマネジメントの本質を理解し、やるべきことを実践し続ける。 そんな責任あるリーダーを対象とした研修です。