連載プロジェクト活動記録

自らが価値を感じた学びを、同年代の学生にも!!

皆さんこんにちは!!

A&PROの長期インターン生として活動をはじめてもうすぐ丸2年になる、早稲田大学4年の萩原佑太です!!

「将来リーダーとして成果を出し、活躍する社会人になるために自分を磨きたい!」

このような成長欲求の高い同年代の学生向けに、私はA&PROにて、あるプロジェクトを企画しています。

そして今回は、このプロジェクトに関する連載記事の記念すべき第一弾として「私がこのプロジェクトにかける想い」をお伝えします!!

「自分が価値を感じた学びを、同年代の学生に届ける」

これが私の想いです。

これまで他の記事でも発信をしてきましたが、私はA&PROで、社会人としてこれから仕事をしていく上で大切なマインド・スタンス・スキルを数多く学び、また今も学び続けています。(関連記事リンク:「責任を取って辞任」「責任を全う」この違いとは?)これはその中の1つ、「責任・権限・義務」に関する記事です。普段何気なく使う言葉一つとっても、その仕組みを体系的に理解し、行動に落とし込むことは容易ではありません。その難しさを実務を通じて痛感しつつ、同時にこうした経験を大学生の時期に積めることの価値を感じました。

こうした経験を重ねるたびに思うことが、「今自分が得ている学びを求めている学生は、潜在的にもっとたくさんいるのではないか」「接点を持つ機会さえあれば、多くの学生が価値を感じてくれるはずだ」ということです。この課題意識が、これから私がこのプロジェクトにコミットするモチベーションの源泉です。

そして忘れてはいけないのが、このプロジェクトの成功は、同年代の学生への価値提供だけではなく、私自身の更なる成長にも必ず繋がるということ。これまで学んできたことを、実際に私がリーダーとして企画・運営するプロジェクトを通じて実践していきます。

机上の空論にとどまらず、実践を通じて成長する、というA&PROが大切にしている考え方を、自らで体現していくことも忘れません!!

次回の連載記事では、今回触れなかった本プロジェクトの長期的な構想に加え、まさに明日から実施予定の、学生向けリーダーシップゼミ開催に至るまでの経緯・その結果についてお伝えいたします。乞うご期待を!!

この記事の著者/編集者

萩原 佑太 早稲田大学 基幹理工学部  

大学・学部:早稲田大学 基幹理工学部  部活:硬式野球(高校)先輩の中には甲子園でノーヒットノーランを達成した投手も!  サークル:硬式テニス(今年で63年目を誇る、日本最古のサークルに所属。)  趣味:カラオケ、ラーメン屋巡り、野球観戦(こだわりは太陽の下で楽しむ屋外球場!)  アルバイト:個別指導塾講師、引っ越し  その他の活動:Nexus(大学生の今から、社会で活躍するための基礎を学んでいます!)

話題のニュース

more

今月の研修:社会人の持つべき習慣(公的成功) 毎日忙しく働いているのになぜか今日も仕事がたまっている。 自己研鑽する時間が取れない。 そんな状況…

今月の研修:社会人の持つべき習慣(公的習慣) 突然ですが、先日あった出来事をご紹介します! 私は、所属するキャリア支援団体であるメンバーと打合せ…

周囲から「忙しそうな人間」と思われていませんか?忙しそうな人間には周囲から情報が入らないこともあります。今回はその状況を乗り越える方法を共有します。

良いチームを作りたい。そう思って「頑張って」動いている。しかし、なかなかその思いが伝わらない。自分が言わなくても、メンバーのみんながもっと主体的に動いてくれたらいいのに。もっとチームで力を合わせて前に進みたい。皆さんは、そんなことを思ったことはありませんか?

今月の研修:社会人として持つべき習慣(私的成功) はじめに チームの理想状態ってどのような状態だと思いますか? この言葉を聞いて、 組織の目的に…

頭と心と体に働きかける、人財育成のためのプラットフォーム この3つの機能を組み合わせながら科学的に、確実に、人を成長へと導いていくのがA&…

0Picks

学校教育や社会人教育を通じて、様々な授業や研修に人々は多くの時間を費やしています。その一方、人材育成・人材教育という活動は美化されやすく、時に科学的アプローチが疎かにされてきました。