『機会損失』の観点から、仕事の質を高める

今回の研修:社会人が持つべき習慣(基礎2)

無駄だと認識していない、無駄な時間!?

今回の研修では、COPQ(Cost of Poor Quality)つまり、質の悪いサービスによって生じてしまう無駄なコストにはどのようなものがあるか、ネジ1本の不良箇所が見つかったエアコンを具体例にして考える場面がありました。

こうした今回の研修の中で最も印象に残っているキーワードが、機会損失です。ここでの機会損失とは、一般にビジネス用語として使われる際の、「利益としての儲け損ない」ではなく、何らかの原因により業務が滞り、新たに時間的なコストを割かなければならない状態と捉えます。例えば、電車の遅延によりオフィス到着が1時間遅れた場合、その1時間で実施することができた業務が未完了となります。このとき、その業務実施のために1時間の機会損失が生じた、と言えます。そして今回の記事では、こうした機会損失の中でも、自分自身が機会損失だと実感しにくいケースについて考えていきたいと思います。振り返ってみて機会損失だと自分が感じるケースに共通しているのが、準備段階で視野が狭まり、関連分野にまでアプローチできていなかった、ということです。以下に具体例を挙げさせていただきます。

私は以前、A&PROの1day就業体験の参加者の方が記入するアンケートの改訂に携わらせていただき、最終的に改訂版を形にすることができました。しかしその過程を振り返ってみると、上司との打ち合わせの中で、自分の準備不足を実感する場面がありました。 この改訂は、参加者1人ひとりの生の声をより一層引き出すアンケートを作ることを目的にしていましたが、そこに集中するあまり、細かなレイアウト・1つ1つの単語の取捨選択等、アンケート全体の質の向上にまで目が向けられていませんでした。結果として新たな議論の末、改良することになった部分のために、打ち合わせ後さらに自分で時間を使うことがありました。

 もちろん、アンケートの質を上げるための新たな改善点が見つかった、という捉え方をすることもできます。しかし打ち合わせ前の段階で、元々議論されていなかった部分についても思考を巡らし、場合によっては改善案を持って打ち合わせに臨んでいれば、打ち合わせ後の時間を他の目的で活用できたのではないかと、“事後的”に感じました。つまり、打ち合わせ前の準備で片付けられたかもしれない仕事が発生し、その後時間的な機会損失が生まれてしまったのです。

 そしてこうした一見実感しにくい機会損失をなくすためにできることが、準備の段階で「見落としていることはないか」「まだ他に考えることはないか」と自分自身に問いかけることだと考えます。先程の例のように、新たな改善が仕事として発生した際、機会損失とは特に感じず、ごく自然にアンケート改訂のために時間を使っていた自分がいました。しかしこれでは自分自身の成長は止まってしまいます。削減できた時間はないか振り返る癖も大切ですが、それ以上に上記のような、仕事をしているその瞬間の自問自答が効果的なのではないかと思います。

まだこの研修を受けていない方へ

 学んだことを自身の経験に紐付けて捉え直すことは、想像以上に難しいことです。この点に関して、直営塾ヘウレーカには、学んだことを自分自身の経験の中で振り返る、そして実践する環境があります。学びと行動を連動させる貴重な経験を学生時代に経験したい方、ぜひ1度この研修に参加してみてはいかかでしょうか!

研修で学んだこと

  • 不良品による総コストは、目に見えるコストの3倍から5倍にもなる
  • Win-Winを考える
  • 理解してから理解する
  • 相乗効果を発揮する(妥協するのではなく、第3の案を考える)
  • 刃を研ぐ(自己の能力を肉体・精神・社会/情緒・知性の4つの視点から向上させる)
  • BSC (Balanced Score Card)の 4つの視点『財務』『顧客』『内部業務プロセス』『学習と成長』

この記事の著者/編集者

萩原佑太 早稲田大学 基幹理工学部  

高校まで10年間野球に打ち込み、一浪の末、早稲田大学理工学部へ

大学では、個別指導塾や引っ越しアルバイトを経験後、大学2年次からA&PROに所属している

A&PROでは塾講師を務め、4年次からはキャリア支援の学生団体にて顧客開拓部署のリーダーも務める
現在はA&PROと学生団体とのコラボプロジェクトに取り組み、日々相乗効果を目指し奮闘中

趣味はカラオケで、全国採点1位を獲得したことも!

最新記事・ニュース

more

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。

研修参加前は、私はリーダーの素質がないと思っていました。しかし研修を通して、私には素質がないのではなく準備ができていないということに気付かされました。

誰しも緊張して力を出しきれなかった経験があるのではないでしょうか?この記事では、緊張に対処する方法と、緊張に関する野球部での実体験を紹介します。