マニュアルとおもてなし、目に見えない両者の違いとは?

今月の研修:マナー研修

普段の仕事を「おもてなし」レベルで

「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」皆さんはこれらの違いをどのように捉えているでしょうか?またそれらを実際の行動に活かせているでしょうか?

今回私が得た一番の気づきが、たとえ同じ対応をするにしても、相手の受け取り方次第で、その行動は、単なるマニュアル的な対応にも、最高級のおもてなしにもなり得る、ということです。以下では、この気づきの実例と言える、私の経験談をご紹介します。

私は以前、家族と行くことになっていた料理屋さんの予約を電話で取った経験がありますが、その際以下のような店員さんの対応に感動しました。私が祖父母も含めた6人での予約を完了した最後に、店員さんがひと言、

「お客様の当日のお席は座敷となっております。もし足の不自由な方がいらっしゃいましたら、簡易の椅子をご用意することもできますが、いかがでしょうか?」

もちろん、簡易の椅子が必要かどうかを確認してくれたこと自体も大変感動しましたが、それ以上に私は、1週間先の予約の段階でここまでの気遣いをしてくれたことに感動しました。来店当日の段階で椅子の必要性に気づき、配慮をしてくださったとしても当然気持ちのいいことだとは思います。しかし、まだ目の前にいない顧客のことまで考えて対応をしていただいたことは、当時の私にとってとても印象的なことでした。

そしてこのエピソードを研修で共有した際、「店員さんのそのような対応は、もしかしたらその店のマニュアルとして組み込まれていたかもしれない」という声をメンバーから受けました。この瞬間私は、大切なのは、その対応が店側としてマニュアル化されている対応かどうかではなく、私自身がその対応をどう受け取ったかである、と感じたのです。

マニュアルに沿うだけの形式上の対応をしていませんか?

A&PROでは、マニュアル通りに動くレベルの対応を「マナー」、その人がいない場面でも心を配って対応し、顧客に感動を与えるレベルの対応を「おもてなし」と捉えています。つまり、先ほどのエピソードに戻ると、店員さんにとっては当たり前のマナーとしての対応だったとしても、顧客にとってはおもてなしとして受け取ってもらえる可能性もある、ということです。

こう考えると、「おもてなし」レベルの対応は、顧客対応のレベルが高いと一般的に連想されるような格式のあるホテルやレストラン・旅客機といった限られた場所だけでしか提供できないわけではありません。どんな職場に私たちが属していたとしても、マニュアル化された対応・普段当たり前に実践している接客を、おもてなしレベルで相手に届けることができるかどうか。この意識を持つだけで、私たちの顧客対応の水準は格段に向上し、顧客満足度アップにつながるのではないでしょうか?

これから研修を受ける方々へ

私たちは普段、様々な場面で何気なく、顧客対応を「提供される側」として生活しています。今回の研修は、こうした対応を「提供される側」としての1つ1つの経験を振り返るきっかけとなり、さらには対応を「提供する側」の視点に立って思考を巡らせる機会にもなります。日常の経験と密接に関わりのあるコンテンツだからこそ、どんな方にも学びとなること間違いなしのこの研修、少しでも興味をお持ちいただいた方は、ぜひ1度参加してみてはいかがでしょうか!?

研修で学んだこと

  • 分離礼と同時礼
  • 顧客満足度は、サービスを受けている15秒で決まる
  • お客様対応は、マナー・サービス・ホスピタリティ・おもてなしの順に品質が高まっていく
  • サービス⇒顕在ニーズに応える
  • ホスピタリティ・おもてなし⇒潜在ニーズに応える

この記事の著者/編集者

萩原佑太 早稲田大学 基幹理工学部  

高校まで10年間野球に打ち込み、一浪の末、早稲田大学理工学部へ

大学では、個別指導塾や引っ越しアルバイトを経験後、大学2年次からA&PROに所属している

A&PROでは塾講師を務め、4年次からはキャリア支援の学生団体にて顧客開拓部署のリーダーも務める
現在はA&PROと学生団体とのコラボプロジェクトに取り組み、日々相乗効果を目指し奮闘中

趣味はカラオケで、全国採点1位を獲得したことも!

最新記事・ニュース

more

復習回数を闇雲に増やしたり、ノートいっぱいに何度も書かせる記憶法は、社会に出てから通用しない。 多忙なリーダーは、重要事項を一発で覚える。 たとえそれができなくても、復習回数を最小限にし、効果的・効率的に記憶することが大切。

「やばい、キャパオーバーしていて仕事を回しきれていない・・・。」成果を生み出すためにリーダーを務め、多くの責任を引き受けたのはいいものの、こうした悩みを抱く方は少なくないと思います。本記事は、リーダーの方の中でも、「仕事を回しきれていない。」と実感している方、経験した方、キャパオーバー対策したい方に届けていくことを想定して進めていきます。キャパオーバーは解決できます!

そもそもプロジェクトとは何か。それを知ることによって、あなたが現在取り組んでいる活動をもっと豊かにすることができるはずです。プロジェクトの基本を学び、そのプロセスについて考えてみましょう。

大庭彩 上野美叡 2Picks

タスクには明確に優先順位が存在し、正しい優先順位でタスクに向き合うことが締め切りへの余裕につながります。緊急度と重要度のマトリックスを用いて改めてタスクへの優先順位をつけることを意識したいです。

大庭彩 1Picks

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。