自分の甘さを認識し、成長の第一歩に。

真正面から、自分の弱さと向き合う覚悟。

 これまでの自分の考え方、行動を見つめ直すとても良い機会になりました。特に、表面上の議論に逃げずに本音で自分と向き合い、考えることで、自分の甘さを認識することができ、今後の成長に繋げられるのだと気付きました。

 コミュニケーション研修では、「相手目線」という軸をぶらさないことの重要性を学び、コーチング研修では、コーチング指導が相手に与える影響がいかに大きいかを知りました。コーチング側が誤った指導をしてしまうと、相手の人生を台無しにしてしまうことさえあり得ると感じました。

研修講師へのメッセージ

 3日間という短い間でしたが、本気で自分に向き合ってくれているということが伝わってきました。その中で、コミュニケーション・コーチングという視点から、今の教育業界、また私自身の指導方法の課題がいくつも見つかり、大変貴重な経験となりました。

 また、教育者としてだけではなく、社会に関わる一人の人間として自分が抱えていた課題を早々に見抜かれたことは、大きな驚きでした。さらに、その点に踏み込んで克服のための道筋を示していただいたことは、とても感謝しています。この研修で学んだことをこれからの人生の様々な場面で活かしていくことが、森口先生への最大の恩返しになると思います。得たものを自分の武器とできるように、これから定着を図っていきます。

A&PROより

 自分の弱点と向き合うことは簡単なことではありませんが、それを克服しようと全力で取り組む向上心が素晴らしいと感じました。 今後の指導者としての人間的成長に、大いに期待しております!(人財開発担当:遠藤)

研修で学べた事(キーワード)

  • 今までの個別指導塾でのアルバイトでは、目先の成果を追い求めるあまり、
  •  コーチングではなくティーチングに偏りすぎていた
  • 自分で決断したことには、全力で取り組むことができた(逆も然り)→コミットメント型へのシフトが重要
  • きれいごとを抜きにして、確固たるポリシーを持っている人、集団に人は惹かれる (自分自身がそうだった)→そんな人間になりたいと思った
  • 今までの自分の甘さ(弱点を認識しつつも向き合えていなかった)に気付かされ、
  •  またそれを克服する具体的な手段もわかった
  • 自分にもコーチングスキルは潜在的に備わっていることが認識できた

この記事の著者/編集者

萩原佑太 早稲田大学 基幹理工学部  

高校まで10年間野球に打ち込み、一浪の末、早稲田大学理工学部へ

大学では、個別指導塾や引っ越しアルバイトを経験後、大学2年次からA&PROに所属している

A&PROでは塾講師を務め、4年次からはキャリア支援の学生団体にて顧客開拓部署のリーダーも務める
現在はA&PROと学生団体とのコラボプロジェクトに取り組み、日々相乗効果を目指し奮闘中

趣味はカラオケで、全国採点1位を獲得したことも!

最新記事・ニュース

more

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。

研修参加前は、私はリーダーの素質がないと思っていました。しかし研修を通して、私には素質がないのではなく準備ができていないということに気付かされました。

誰しも緊張して力を出しきれなかった経験があるのではないでしょうか?この記事では、緊張に対処する方法と、緊張に関する野球部での実体験を紹介します。