目配り・気配り・心配りは、気持ちだけでは不可能

クレド3. 目配り・気配り・心配り、常に相手の立場に立つ

 企業理念を判断基準とし、目配り・気配り・心配りの質を高めていきます。些細なことにこそ敏感に気づき、周りに共有することで、スピード対応に繋げます。生徒・保護者・メンバーの立場に立ち、一歩先行くサービスを提供していきます。

組織の一員として、相手を思いやる

今回取り上げるクレドを読んで、皆さんはどう感じるでしょうか?自分は当初、「1人の人間として、周りのことを考えることは当然だ」ぐらいにしか捉えていませんでした。しかし、組織の中で働くという経験を通して次のように考えを深めることができました。それは、目配り・気配り・心配りができる人間が、組織に貢献できる人財であるという事です。

こう考えるようになった明確なタイミングは定かではありませんが、今になって思い返すと、とても印象的な言葉があります。それが、上司である川瀬先生からの「仕事に余裕をもって取り組めるようになってほしい」という言葉です。もちろん大前提として、余裕をもって業務にあたることができればそれに越したことはありません。しかしこの言葉の真意は、次のようなことではないかと考えています。

自分の仕事に余裕を持てているからこそ、周囲を気に掛けることができ、必要な時に上司のサポートをしたり、後輩を育成したりすることができる。こうした意識のもとで日々の業務にあたることで、組織全体の動きを把握することができ、チームにとってなくてはならない存在になれるのではないかと感じました。実際川瀬先生が、ちょっとした異常にいち早く気づいて、ミスの重大化・顧客への被害を防ぐ場面、組織全体の運営に関わる仕事をされている場面が多々あります。こうした人財になれるよう、自分自身も日々レベルアップしていきたいと考えます。

生徒指導、そして社会人としてどう生かしていくか

上でも書かせていただいたように、自分の仕事に余裕を持って周囲に気を配るという事は直近の自分のテーマです。まず具体的に、日々の業務のなかで、直接的に関わっていないことに関して、何かしら気づきを探すという事を実践しています。こうすることで、部下としては、必要な時に上司のサポートができます。また上司としても、部下が犯す恐れのあるミスを未然に防ぎつつ、適度に黙って見守ることで後輩を育成することができます。この習慣は、常に忘れずに実践していきます。

そしてもう1つ、将来どんな環境で働くとしても取り入れたい直営塾ヘウレーカのシステムがあります。それが、業務関連のメールをメンバー間ですべて共有するというものです。部下の立場から考えれば、上司が日々どんな仕事をしているかを把握できます。これにより、 上司に時間を割いていただくことなく、 自分の仕事以外の知識やノウハウを速い段階から吸収できます。逆に上司からすれば、部下の仕事ぶりがリアルタイムで把握でき、その後の育成に活用できるほか、リスクマネジメントもしやすくなります。こうしたことを踏まえ、将来は上司・部下という両方の立場で組織に貢献できる、そんな人財として活躍します。

この記事の著者/編集者

萩原佑太 早稲田大学 基幹理工学部  

高校まで10年間野球に打ち込み、一浪の末、早稲田大学理工学部へ

大学では、個別指導塾や引っ越しアルバイトを経験後、大学2年次からA&PROに所属している

A&PROでは塾講師を務め、4年次からはキャリア支援の学生団体にて顧客開拓部署のリーダーも務める
現在はA&PROと学生団体とのコラボプロジェクトに取り組み、日々相乗効果を目指し奮闘中

趣味はカラオケで、全国採点1位を獲得したことも!

最新記事・ニュース

more

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。

研修参加前は、私はリーダーの素質がないと思っていました。しかし研修を通して、私には素質がないのではなく準備ができていないということに気付かされました。

誰しも緊張して力を出しきれなかった経験があるのではないでしょうか?この記事では、緊張に対処する方法と、緊張に関する野球部での実体験を紹介します。