連載クレドを掘り下げる -価値を提供できる人材に-

目配り・気配り・心配りは、気持ちだけでは不可能

クレド3. 目配り・気配り・心配り、常に相手の立場に立つ

 企業理念を判断基準とし、目配り・気配り・心配りの質を高めていきます。些細なことにこそ敏感に気づき、周りに共有することで、スピード対応に繋げます。生徒・保護者・メンバーの立場に立ち、一歩先行くサービスを提供していきます。

組織の一員として、相手を思いやる

 今回取り上げるクレドを読んで、皆さんはどう感じるでしょうか?自分は当初、「1人の人間として、周りのことを考えることは当然だ」ぐらいにしか捉えていませんでした。しかし、組織の中で働くという経験を通して次のように考えを深めることができました。それは、目配り・気配り・心配りができる人間が、組織に貢献できる人財であるという事です。

 こう考えるようになった明確なタイミングは定かではありませんが、今になって思い返すと、とても印象的な言葉があります。それが、上司である川瀬先生からの「仕事に余裕をもって取り組めるようになってほしい」という言葉です。もちろん大前提として、余裕をもって業務にあたることができればそれに越したことはありません。しかしこの言葉の真意は、次のようなことではないかと考えています。

 自分の仕事に余裕を持てているからこそ、周囲を気に掛けることができ、必要な時に上司のサポートをしたり、後輩を育成したりすることができる。こうした意識のもとで日々の業務にあたることで、組織全体の動きを把握することができ、チームにとってなくてはならない存在になれるのではないかと感じました。実際川瀬先生が、ちょっとした異常にいち早く気づいて、ミスの重大化・顧客への被害を防ぐ場面、組織全体の運営に関わる仕事をされている場面が多々あります。こうした人財になれるよう、自分自身も日々レベルアップしていきたいと考えます。

生徒指導、そして社会人としてどう生かしていくか

 上でも書かせていただいたように、自分の仕事に余裕を持って周囲に気を配るという事は直近の自分のテーマです。まず具体的に、日々の業務のなかで、直接的に関わっていないことに関して、何かしら気づきを探すという事を実践しています。こうすることで、部下としては、必要な時に上司のサポートができます。また上司としても、部下が犯す恐れのあるミスを未然に防ぎつつ、適度に黙って見守ることで後輩を育成することができます。この習慣は、常に忘れずに実践していきます。

 そしてもう一つ、将来どんな環境で働くとしても取り入れたい直営塾ヘウレーカのシステムがあります。それが、業務関連のメールをメンバー間ですべて共有するというものです。部下の立場から考えれば、上司が日々どんな仕事をしているかを把握できます。これにより、 上司に時間を割いていただくことなく、 自分の仕事以外の知識やノウハウを速い段階から吸収できます。逆に上司からすれば、部下の仕事ぶりがリアルタイムで把握でき、その後の育成に活用できるほか、リスクマネジメントもしやすくなります。こうしたことを踏まえ、将来は上司・部下という両方の立場で組織に貢献できる、そんな人財として活躍します。

この記事の著者/編集者

萩原 佑太 早稲田大学 基幹理工学部  

大学・学部:早稲田大学 基幹理工学部  部活:硬式野球(高校)先輩の中には甲子園でノーヒットノーランを達成した投手も!  サークル:硬式テニス(今年で63年目を誇る、日本最古のサークルに所属。)  趣味:カラオケ、ラーメン屋巡り、野球観戦(こだわりは太陽の下で楽しむ屋外球場!)  アルバイト:個別指導塾講師、引っ越し  その他の活動:Nexus(大学生の今から、社会で活躍するための基礎を学んでいます!)

この連載について

クレドを掘り下げる -価値を提供できる人材に-

連載の詳細

価値を提供できる人財として重要な10のマインドが凝縮されているクレド。A&PROでは、毎日1つのマインドに焦点を当て、メンバー全員でエピソードの共有を行っています。

話題のニュース

more

目次 プロフィール私の経験談初志は唯一無二の研究者志に対する自問自答を繰り返す研究者志向から、事業家志向へ最後の学生生活1年で為すことリーダーと ...

今月の研修:リーダーシップパワー理論 信頼口座・信頼残高について、皆さん知っていますか?簡単に説明すると、信頼口座・信頼残高とは、相手からの信頼 ...

皆さんこんにちは!! A&PROの長期インターン生として活動をはじめて2年が経過した、早稲田大学4年の萩原佑太です!! 今回の記事は、本 ...

「あなたが尊敬する人は誰ですか?」 面接などの定番質問ですね。一度は聞かれたことがあるのではないでしょうか。 この質問をされたときにパッと思い浮かぶ人物はいますか? もしかしたら、今近くに尊敬できる人がいないと悩んでいる方もいるかもしれませんね。尊敬できる人に出会うことは自らの成長に繋がります。人との出会いが人生を変えることもあるのです。そこで、この記事では尊敬できる人に出会う方法をお伝えしていきます。

今月の研修:リーダーシップパワー理論 人から信頼される人間になりたい、これは誰しもが思うことではないでしょうか。さらにリーダーという立場であれば ...

今月の研修:災害時・緊急時の対応 皆さんは今この瞬間地震が起きたらどう対処しますか?火事だったら?強盗がガラスを割ったらどう行動するでしょうか? ...

他者に説明をしたり指示を出したりした際に「言っていることをなかなか理解してくれない」、「指示した通りに行動してくれない」と思ったことはありませんか? このような場面では、つい相手に非があるように感じてしまいますが、実は自分の取り組み次第でコミュニケーションの質は格段に上がるのです。そこで今回の研修で学んだ、コミュニケーションを図るうえで人の上に立つ人が心得るべきことについてご紹介します。

今月の研修:リーダーシップパワー理論 目次 リーダーシップパワー理論を人材採用へ活用するこれから研修を受ける方々へ研修で学んだことリーダーシップ ...