連載ビジネス基礎研修 -実体験に結びつける-

身近な相手にこそ、おもてなし

■ マナー・サービス・ホスピタリティ・おもてなし

常に、周囲へのアンテナを立てる

  皆さんはマナー・サービス・ホスピタリティ・おもてなしの違いを明確に説明できるでしょうか?またその違いを理解し、行動できているでしょうか?

 今回の研修では、はじめに4つそれぞれの特徴・違いについて学んだのち、自分たちが今までの経験の中で感動した接客サービスについて書き出したり、自分たちが普段生徒・保護者や上司・同僚・部下に対して行っているおもてなしについて振り返りました。

 この経験を通して自分が感じたことが、顧客に最高のおもてなしをするための一番の近道は、普段の生活から周囲へのアンテナを張り続けることだということです。というのも、日常生活において相手への目配り・気配り・心配りができている人は、緊急な場面や重要な場面でも周囲の人間の些細な変化や異常に気付くことができるとともに、他人が実践している思いやりある行動に気付き、自分自身の行動に取り入れることもできるからです。

 そして、こうした周囲へのアンテナを立てるためには、日常生活の段階から、自分が何をしたら相手が嬉しいのかを想像する癖をつけることが大切だと考えます。例えば、食事をしているとき、空になった友人のコップに自然と水を注ぐことができるかどうか。電車内の2人組に隣り合った席を譲るために、自分が席を移動できるか。室内の空調が皆にとって適切かを気にかけることができるか。このような本当に日常的な場面こそが大切なのではないでしょうか。緊張感がオフになりがちなときでも周囲への気遣いを忘れないことで、大事な場面でも当たり前のように同じことができます。

 最後に、こうした周囲への気遣いは明確に数値化されるものではありません。しかし、だからこそ限界を設けずにレベルアップすることができる領域でもあります。自分はこれからも引き続き、周囲の人が求めていることを感じ取る意識を持ち続け、同時に他者の長所を自分でも取り入れていくことで、自身のおもてなしのレベルを向上させていきます。

これから研修を受ける方々へ

 今回の研修で学ぶことができる内容は、これから社会人として生きていく上で、公私関係なく幅広い場面で生かせるものです。個人個人のこれまでの経験をもとに考えるからこそ、人によって異なる学びがあると思います。少しでも興味をお持ちいただいた方は、ぜひ1度参加してみてはいかがでしょうか!?

研修で学んだこと

  • 分離礼と同時礼
  • 顧客満足度は、サービスを受けている15秒で決まる
  • お客様対応は、マナー・サービス・ホスピタリティ・おもてなしの順に品質が高まっていく
  • サービス⇒顕在ニーズに応える
  • ホスピタリティ・おもてなし⇒潜在ニーズに応える

この記事の著者/編集者

萩原 佑太 早稲田大学 基幹理工学部  

大学・学部:早稲田大学 基幹理工学部  部活:硬式野球(高校)先輩の中には甲子園でノーヒットノーランを達成した投手も!  サークル:硬式テニス(今年で63年目を誇る、日本最古のサークルに所属。)  趣味:カラオケ、ラーメン屋巡り、野球観戦(こだわりは太陽の下で楽しむ屋外球場!)  アルバイト:個別指導塾講師、引っ越し  その他の活動:Nexus(大学生の今から、社会で活躍するための基礎を学んでいます!)

この連載について

ビジネス基礎研修 -実体験に結びつける-

連載の詳細

~年間30万円/人からのプロジェクトリーダー育成プログラム~

クライアント企業のニーズと幹部候補社員の状況に合わせカスタマイズした育成プログラムを提供。

研修申込フォーム(メンバー向け)

※A&PROと提携する大学・企業から推薦されたメンバーのみが参加可能

話題のニュース

more

今月の研修:社会人の持つべき習慣(公的成功) 毎日忙しく働いているのになぜか今日も仕事がたまっている。 自己研鑽する時間が取れない。 そんな状況…

今月の研修:社会人の持つべき習慣(公的習慣) 突然ですが、先日あった出来事をご紹介します! 私は、所属するキャリア支援団体であるメンバーと打合せ…

周囲から「忙しそうな人間」と思われていませんか?忙しそうな人間には周囲から情報が入らないこともあります。今回はその状況を乗り越える方法を共有します。

良いチームを作りたい。そう思って「頑張って」動いている。しかし、なかなかその思いが伝わらない。自分が言わなくても、メンバーのみんながもっと主体的に動いてくれたらいいのに。もっとチームで力を合わせて前に進みたい。皆さんは、そんなことを思ったことはありませんか?

今月の研修:社会人として持つべき習慣(私的成功) はじめに チームの理想状態ってどのような状態だと思いますか? この言葉を聞いて、 組織の目的に…

頭と心と体に働きかける、人財育成のためのプラットフォーム この3つの機能を組み合わせながら科学的に、確実に、人を成長へと導いていくのがA&…

0Picks