大学入試では測れない、社会で役立つ能力とは?

■『災害時・緊急時の対応』『電話・来客応対マニュアルの実践』

自分1人で責任を果たすことができる領域を認識する

今回の研修では、「災害時・緊急時の対応」「電話・来客応対」 の2つについて、様々なケースを想定した上での実践練習を行い、応対スキルの向上を図りました。

今回はその中でも、「電話・来客応対」について非常に大切な学びを得ました。それが、自分1人で責任を果たすことができる領域を認識することです。当初私は無意識に、その場で設定されたシチュエーションに対して、可能な限り多くの情報を盛り込んで対応しようとしてしまい、円滑なコミュニケーションができなかったり、顧客に不安を与えかねない表現をしてしまったりしました。もちろん当事者意識そのものは大切なことですが、ここで意識しなければならないのが「今自分が提供しているのは、生産と消費が同時に行われる無形サービスである」ということです。つまり、こちらからのサービスの提供と顧客側の受け取りが同時進行であるため、1度アクションを起こしてしまったら、それを無かったことにはできないということです。

そして、こうした仕事をしているからこそ大切にしたいのが、組織全体として顧客に対応していくという心構え。こうした心構えがあれば、必要な情報を的確に聞き取りスムーズに上司につなぐという、ファーストコンタクトを取る者としての最低限の役割を果たしやすくなります。用件を認識した段階で、会社の誰が対応することが顧客にとって最適なのかを真っ先に考えることを習慣にしていきます。

これから研修を受ける方々へ

毎月の研修の中でも特に今月の研修では、社会人として即座に実践する機会があるであろうスキルを学ぶとともに、ロープレを通して自分の課題点をはっきり認識することができました。その中で感じるのが、ロープレを積んでいない段階では、頭で理解していることと実際に口に出していることの間には大きなギャップが生じてしまうということです。蓄えた知識をもとに“考えてから”解答用紙にアウトプットすればよかった大学入試とは違い、社会人としての対人コミュニケーションの場では“瞬時に”言葉を適切に選んで運用する能力が試されます。こうした能力を社会人になる前から鍛えていくきっかけとなる研修ですので、向上心のある方は、ぜひご参加ください!

研修で学んだこと

  • 緊急時こそ冷静な対応をとることで、周囲に安心感を与えることができる
  • 「頭での理解 ≠ 実際の行動 」だからこそ、ロープレがとても重要である
  • 顧客目線に立ってポジティブな表現を選ぶことの大切さ

この記事の著者/編集者

萩原佑太 早稲田大学 基幹理工学部  

高校まで10年間野球に打ち込み、一浪の末、早稲田大学理工学部へ

大学では、個別指導塾や引っ越しアルバイトを経験後、大学2年次からA&PROに所属している

A&PROでは塾講師を務め、4年次からはキャリア支援の学生団体にて顧客開拓部署のリーダーも務める
現在はA&PROと学生団体とのコラボプロジェクトに取り組み、日々相乗効果を目指し奮闘中

趣味はカラオケで、全国採点1位を獲得したことも!

最新記事・ニュース

more

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。

研修参加前は、私はリーダーの素質がないと思っていました。しかし研修を通して、私には素質がないのではなく準備ができていないということに気付かされました。

誰しも緊張して力を出しきれなかった経験があるのではないでしょうか?この記事では、緊張に対処する方法と、緊張に関する野球部での実体験を紹介します。