連載ビジネス基礎研修 -実体験に結びつける-

「種を植え、水をやり、収穫する」

これからに向けた決意表明として

■今月の研修 ブランドマネジメント

 今回の研修では、私を含めた大学生メンバーそれぞれが着手しているプロジェクトを、どんなブランドとして打ち出したいのかを言語化した上で、来年度に向けた年間計画の作成を行いました。元々出来上がっている仕組みに従えばよい通常のアルバイトと異なり、我々はプロジェクトの設計・仕組み作りの段階から関わります。私が提案したプロジェクトについて、他のメンバーから意見を頂く経験をしたことで、まだまだ出来ることはたくさんあると同時に、可能性を自ら狭めてしまわないようにと思うきっかけとなりました。

 具体的には、これからプロジェクトに参加する大学生メンバーの募集に際して、プロモーション戦略上どういった場でPRをするか、という点で新たな可能性を見つけることが出来ました。これまで私は、このプロジェクトに興味を持ちやすいであろう、成長欲求の高い学生が集まる授業単位でアプローチする想定をしていました。しかし他のメンバーからのフィードバックのなかで、私たちと志向性が似ている学生団体に対するPRも有効なのではないか、という意見を頂けたのです。まだまだ設計段階のプロジェクトですが、これからも様々な方の意見を取り入れながら、形にしていきたいと考えています。

 そんな経験を積み始めている私にとって、今回の研修で最も印象的だった言葉が、「種を植え、水をやり、収穫する」という言葉です。これは、この先私がいかなる仕事、中でも特に新規のプロジェクトに携わる上で、常に大切に心に留めておくべき言葉のように思います。何か新しいことを、他人も驚くような推進力を持ってスピーディーに実行に移すことは、誰しもが出来ることではなく、それゆえ傍から見れば、かっこよくも見えます。誤解を避けるため断りを入れさせていただきますが、そうした行動力自体、私はとても尊敬しています。

 しかし、長期的にプロジェクトを成功に導くためには、行動力だけに身を任せ、最初から成果だけを求めてはいけません。偶然の成果を追い続けるのではなく、私たちはどんな人たちに価値提供をしたいのか、またはできるのか、そもそものプロジェクトの目的・根本から考え続けていくことが大事だということを、先述の言葉は教えてくれている気がします。

 私には、「私自身がこれまでの1年と4ヶ月の間、A&PROで経験してきたことを1人でも多くの大学生に広げたい」という想いがあり、この想いが私のプロジェクトの原点です。

 「種を植え、水をやり、収穫する」

 この言葉を忘れることなく、引き続きプロジェクトに携わっていきます。

まだこの研修を受けていない人へ

 皆さんの周りには、大学生の頃から起業していたり、そうでなくとも何かしら自分独自の取り組みをしている人はいますか?私の周りには、これまでの3年間の大学生活を通じて、直接会っただけでも4人います。そういった方々は皆、自分のやりたいことを実際に形にしており、私自身もただただ圧倒されていました。

 しかしA&PROに出会い、私が組織に対して誠実に貢献し続けることで、逆に私自身の想いに共感し、応援してくださるのだということを実感したことで、1人でやることだけが全てではない、むしろ相乗効果を生むことができるのではないかと考えるようになりました。何かやってみたい、でもなかなか行動に移せていない、そんなモヤモヤのある方は是非1度、会社説明会に足をお運びください。何事にも誠実に取り組むあなたを、私たちは応援します!!

この記事の著者/編集者

萩原 佑太 早稲田大学 基幹理工学部  

大学・学部:早稲田大学 基幹理工学部  部活:硬式野球(高校)先輩の中には甲子園でノーヒットノーランを達成した投手も!  サークル:硬式テニス(今年で63年目を誇る、日本最古のサークルに所属。)  趣味:カラオケ、ラーメン屋巡り、野球観戦(こだわりは太陽の下で楽しむ屋外球場!)  アルバイト:個別指導塾講師、引っ越し  その他の活動:Nexus(大学生の今から、社会で活躍するための基礎を学んでいます!)

この連載について

ビジネス基礎研修 -実体験に結びつける-

連載の詳細

頭で理解するだけでは不十分。参加者自ら実践し、習慣化するまで責任を持つ30の研修プログラム。各クライアントの課題・ニーズに合わせて個別に設計。

話題のニュース

more

皆さんこんにちは!! A&PROの長期インターン生として活動をはじめて2年が経過した、早稲田大学4年の萩原佑太です!! 今回の記事は、本 ...

「あなたが尊敬する人は誰ですか?」 面接などの定番質問ですね。一度は聞かれたことがあるのではないでしょうか。 この質問をされたときにパッと思い浮かぶ人物はいますか? もしかしたら、今近くに尊敬できる人がいないと悩んでいる方もいるかもしれませんね。尊敬できる人に出会うことは自らの成長に繋がります。人との出会いが人生を変えることもあるのです。そこで、この記事では尊敬できる人に出会う方法をお伝えしていきます。

今月の研修:リーダーシップパワー理論 人から信頼される人間になりたい、これは誰しもが思うことではないでしょうか。さらにリーダーという立場であれば ...

今月の研修:災害時・緊急時の対応 皆さんは今この瞬間地震が起きたらどう対処しますか?火事だったら?強盗がガラスを割ったらどう行動するでしょうか? ...

他者に説明をしたり指示を出したりした際に「言っていることをなかなか理解してくれない」、「指示した通りに行動してくれない」と思ったことはありませんか? このような場面では、つい相手に非があるように感じてしまいますが、実は自分の取り組み次第でコミュニケーションの質は格段に上がるのです。そこで今回の研修で学んだ、コミュニケーションを図るうえで人の上に立つ人が心得るべきことについてご紹介します。

今月の研修:リーダーシップパワー理論 Contents リーダーシップパワー理論を人材採用へ活用するこれから研修を受ける方々へ研修で学んだことリ ...

Contents 研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること心境の変化3日間の実践記録研修で学べたことGmap-c(目標設定・成果と課題の ...