毎日が忙しい... 。その原因はどこに?

■今月の研修■ 社会人が持つべき習慣

重要事項を優先することで得られる、あるメリットとは!?

 今回の研修で自分は、仕事をする上で「周囲に依存した状態」から脱し、「自立した状態」に到達するために必要な3つの習慣を学びました。その中でも特に大きな学びがあった習慣が、「重要事項を優先する」ということです。これだけ聞くと皆さんの多くは、なんだ大したことはない、誰もが知っていることじゃないか、と思われるのではないでしょうか。しかし大事なのは、次です。実は、「重要事項を優先する」ことにより、私たちには後々、「あるメリット」があるのです。今回の記事では、この点に焦点を当てていきます。

 いきなり上記の答えを記述するよりも、まずは前提となる考え方を述べさせていただきます。ひとえに仕事といっても、緊急度・重要度の度合いにより4つのタイプに分けられます。※ここでは重要度の低い仕事は議論から外します。

 そして、緊急度・重要度ともに高い仕事(以下仕事A)と緊急度は低いが重要度は高い仕事(以下仕事B)との間には、決定的な違いがあります。それが、自分の裁量でスケジューリングできるかどうかです。この違いが、冒頭でお伝えした「あるメリット」に深く影響してきます。ここからは、小学生の夏休みの宿題を例えにしてご説明します。

 夏休みが始まる直前、どっさりと宿題が出されます。この時点では、この宿題は仕事Bにあたります。そして皆さんもすでにご想像の通り、夏休み開始後(宿題は仕事B)に、一気に片づける、もしくは計画的に進める人もいれば、学校が再開する直前(宿題は仕事A)に慌てて取り掛かる人もいます。後者の場合、期限ぎりぎりに仕事Aが大量に残っているため、体調がすぐれない日も休むことができません。また、仲の良い友達から急な遊びの誘い(別の仕事A)を受けたとしても、自由に使える時間が残っていないため、断るほかありません。一方前者の場合は、学校再開直前期には仕事Aはほぼ0であり、体調不良や急な遊びの誘いにも問題なく対応できます。さらには、今後学校で勉強するであろう範囲の予習(新たな仕事B)に時間を割くこともできます。これが、冒頭でお伝えした「あるメリット」です。つまり、『①仕事Bを早めに完了させる ②時間に余裕が生まれる ③急な仕事Aに対応できる ④新たな仕事Bにも時間を費やすことができる ①・・・』の好循環が生まれます。こうしたサイクルを回すことは、期限厳守をより徹底すべき社会人にとって、とても強力な武器になるのではないでしょうか。

 そしてこのサイクルの仕組みを理解し実践することは、自分だけでなく、現在指導している生徒にとってもやはり大変価値のあることです。入試に向けて時間がある生徒こそ、日々学んでいることを定着させる・計算ミスをなくすなど、仕事Bはたくさんあります。上記サイクルの仕組みを生徒に正しく理解させ、実践するサポートができる存在でありたいと思います。

まだこの研修を受けていない方へ

 今回の研修では上記以外にも、社会人として一つ一つの判断や行動の質を高めるために有効な、様々なフレームを学ぶことができます。例えば自分の場合、過去自分が行った生徒・保護者に対するメール対応について「主体性のモデル」を用いて振り返ることで、マニュアル通りに仕事をするだけでなく、さらに自らで考え、臨機応変に対応できたという、成長実感を得ることができました。大学生の時期からこうした経験を積める環境を欲している方、ぜひこの研修に参加してみてはいかがでしょうか!!

研修で学んだこと

  • パラダイムとは、モノの「見方」「考え方」・頭の中の「地図」「めがね」であり、パラダイムに立ち返ることで、より大きな変化をもたらすことができる
  • 自立していない人同士では、相互協力や相乗効果は望めない
  • 主語を「あなた」→「わたし」→「わたしたち」と変化させることで、「依存」→「自立」→「相互協力・相乗効果」へと進化する
  • 依存から自立へと進化するために必要な、3つの習慣
  • 想像と創造、リーダーシップとマネジメントの違い
  • 無意味で緊急性もないことに時間を費やすことは、日々忙しく時間に追われていることの裏返しであり、一種の中毒症状である

この記事の著者/編集者

萩原佑太 早稲田大学 基幹理工学部  

高校まで10年間野球に打ち込み、一浪の末、早稲田大学理工学部へ

大学では、個別指導塾や引っ越しアルバイトを経験後、大学2年次からA&PROに所属している

A&PROでは塾講師を務め、4年次からはキャリア支援の学生団体にて顧客開拓部署のリーダーも務める
現在はA&PROと学生団体とのコラボプロジェクトに取り組み、日々相乗効果を目指し奮闘中

趣味はカラオケで、全国採点1位を獲得したことも!

最新記事・ニュース

more

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。

研修参加前は、私はリーダーの素質がないと思っていました。しかし研修を通して、私には素質がないのではなく準備ができていないということに気付かされました。

誰しも緊張して力を出しきれなかった経験があるのではないでしょうか?この記事では、緊張に対処する方法と、緊張に関する野球部での実体験を紹介します。

研修中でさえも成長を感じられますが、研修後に努力を継続することで計り知れない学びを得ることができ、自己実現に繋げることができると実感しています。

本田花 川村杏 2Picks

参加後は自分がリーダーとして目指すべき姿やリーダーとして欠けていた部分を理解することができ、今後私がやるべきことを明確にすることができました。

本田花 川村杏 2Picks

研修参加前は、リーダーとしてチームを引っ張ることに不安を抱えていました。しかし参加した後は、リーダーとして働くことに対してポジティブに捉えられるようになりました。なぜなら、「今のチームにはこれが足りないのか」といった気づきや、「リーダーはこれが必要だったのか」というような実践に落とし込めるような内容であったからです。本研修に参加していなかったら、こうした心境の変化はなかったと思います。

本田花 川村杏 2Picks