中高生育成 -進学塾事業部-

研究所として開発された進学塾ヘウレーカ
個別指導を実践し中学生・高校生を育てる

クライアント先として増えてきた医学部専門塾や東大専門塾、そして中高一貫校。

地に足ついたコンサルティングを行うために研究所として開発された進学塾ヘウレーカ。

大学はもちろん、社会に出ても役立つ “ 本物の学力 ” を身につけてもらうため、生徒の学習方法・学習習慣についても研究し、指導にあたっています。

「すべてお任せします」の言葉は、保護者からの信頼の証

大手予備校・有名塾で伸びなかった生徒を科学的なアプローチで確実に合格に導くのはもちろん、生徒を人間的に成長させるのも我々の使命です。

生徒が変わるときは何かひとつが変わるのではなく、色々なことへの向き合い方が変わります。「心が変われば行動が変わる、行動が変われば習慣が変わる…」という言葉がある通り、人間的成長と成績の向上は深い結びつきがあります。

当塾ではまさにそれを具現化しており、コーチングによるモチベーションマネジメント、Gmap-c による学習マネジメント、体系化された確かな受験ノウハウなど、全てが成長のメカニズムに合わせて科学的に設計。これらにより、生徒は大きく成長していきます。 年間カリキュラム、教材の設計はもちろん、受験校や家庭学習の戦略にいたるまですべてを安心して任せてもらえる、それが我々の存在意義です。

POINT 1

コンサルタントが設立した学習塾。大学受験をプロジェクトとして捉え、 科学的にアプローチ

「ヘウレーカ」は、知識・思考力・記述力が求められる難関大学を目 指す生徒のための塾です。合格するためには小手先の受験テクニッ クではなく“自分で考えて行動できる能力”が必要。それを磨くため、 当社が数多くの企業で実践してきたマネジメントツール「Gmap-c」 を活用し、確立した指導を実践しています。

POINT 2

志望大学合格のため、各科の目標得点・授業コマ数・宿題など、受験対策戦略会議で全体最適化

生徒一人ひとりの性格や特徴に合わせ、志望校の選定、合格するための戦略、指導方法などを受験対策戦略会議で決めていきます。講師個人がベストをつくすのは当然のこと、我々が重要としているのはチームとしてのベストを生徒・保護者に全講師が提供することです。

POINT 3

気づく喜びを大切にした指導。 社会人向けのコーチングを生徒にも導入。

受験を通じて、社会に出ても役立つ “本物の学力”を身につけてもらうため、解法を教えるだけではなく、自ら解法に気づくよう、独自のメソッドを活用。生徒自ら授業開始時に学習目標を設定し、終了時にその目標とのギャップを講師と分析、未定着部分を確認します。気づく喜びを大切にした個別指導で学力を伸ばします。

MESSAGE (ヘウレーカ卒業生より)

--- 東京大学・文科三類(Y.I)---

僕は高一の6月にヘウレーカと出会っていなければ東大合格はおろか、数学を受験で使うことはおそらく無かったと思います。係数と次数の違いや因数分解から高一で始めて、高三の秋の駿台全国模試で偏差値70まで上がった数学の成長が感慨深いです。ヘウレーカに来る前は勉強は才能次第で、自分は数学の才能が無いから数学が出来るようになるわけないと思っていましたが、才能が無くても努力である程度のところまでなら行けることを実感して自信がつきました。

​--- 東京大学・理科一類(K.Y)---

一般的な塾・予備校では、先生が多くの生徒の前で画一的な授業を展開し、自主学習の内容はその大部分が生徒に任されています。一方、ヘウレーカでは、先生が個々の生徒に合わせて授業を展開し(これは少人数制だから可能なのだと思う)、自主学習(テーマ学習)の方針を先生と生徒が自由に提案しながら探ってゆきます。ヘウレーカの良さはここにあると思います。 

--- 慶應義塾大学・医学部(R.S)--

合格の原動力となったのは、自分の能力に見合った授業をしていただけたことだと思います。私の場合はひらめき力が足りなかったので、それに合わせて解説もより着実に解ける方針を選んで教えて下さったように感じます。加えて、合格までのプランを数年単位で設計したうえで授業をしているため、少し高めの志望校を設定しても本人の努力次第でちゃんと勝負ができるような力をつけられる点も大きかったです。 

この記事の著者/編集者

A&PRO   

- 中高生から社会人までを対象とした人財育成 -

最新記事・ニュース

more

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。

研修参加前は、私はリーダーの素質がないと思っていました。しかし研修を通して、私には素質がないのではなく準備ができていないということに気付かされました。

誰しも緊張して力を出しきれなかった経験があるのではないでしょうか?この記事では、緊張に対処する方法と、緊張に関する野球部での実体験を紹介します。

研修中でさえも成長を感じられますが、研修後に努力を継続することで計り知れない学びを得ることができ、自己実現に繋げることができると実感しています。

本田花 川村杏 2Picks

参加後は自分がリーダーとして目指すべき姿やリーダーとして欠けていた部分を理解することができ、今後私がやるべきことを明確にすることができました。

本田花 川村杏 2Picks

研修参加前は、リーダーとしてチームを引っ張ることに不安を抱えていました。しかし参加した後は、リーダーとして働くことに対してポジティブに捉えられるようになりました。なぜなら、「今のチームにはこれが足りないのか」といった気づきや、「リーダーはこれが必要だったのか」というような実践に落とし込めるような内容であったからです。本研修に参加していなかったら、こうした心境の変化はなかったと思います。

本田花 川村杏 2Picks