「人間関係」「チームマネジメント」にも応用できる学び。

新しい「気づき」をもたらしてくれる体験

 気付きとは、関心ある領域の中で新たな発見や行動を起こすきっかけになるものだと説明を受けると共に「人の成長は脳を走らせ続けることから始まる」という話に感銘を受けました。そこから自分に必要だと感じたのは、毎日アンテナをはって、whyと投げかけながら、走るためにまずは歩く準備から始めるということ。これこそ気付きであると感じ、主体的に学ぶことができました。

研修講師へのメッセージ 

 自分は教育事業に一生携わるわけではありません。確かに興味はありましたが、何かやりがいを感じながら生活費を稼ぎたいというちょっとした思いで1day就業体験に参加しました。いざ参加して、気持ちが180°反転しました。

 研修講師の方は、揺るぎない教育観を持つだけでなく、実際に体現していることが伝わってきました。是非、教育業界で革命を起こしてほしいと本気で願っています。自分も今日学んだことを人間関係やチームマネジメントなど、日々生活の中でoutputしながら社会にとって大きな成果を残していきたいと思います。本当にありがとうございます。

これから研修を受ける方々へ

 大学生で日々のびのびと過ごすだけでは脳は衰退していくと思います。この1day就業体験は、緊張感を持って励める空間作りにこだわっているので、頭に何か新しい「気付き」をもたらしてくれる良い経験となるはずです!! (この緊張感は自分が受験で一番良いと思える点でした。)

人財開発担当より

 緊張感のある環境に身を投じるのは、勇気のいることだと思います。ですが、良い成果を出すには「自分を律する」機会が必要。新たな一歩を踏み出したI.Aさんを、是非応援したいと思います!(人財開発担当:大庭)

研修で学べた事

[教室見学]

アットホームと緊張感のめりはりある環境(学習の本来の姿だと思いました。)

[ 教室見学以外]

研修講師の御話がものすごくためになりました。目標設計のポイント「SMART+C」や、教育の多様性、異業種でも役に立つ知恵を学びました。

この記事の著者/編集者

I.A. さん 東京大学 工学部  

最新記事・ニュース

more

そもそもプロジェクトとは何か。それを知ることによって、あなたが現在取り組んでいる活動をもっと豊かにすることができるはずです。プロジェクトの基本を学び、そのプロセスについて考えてみましょう。

大庭彩 上野美叡 2Picks

タスクには明確に優先順位が存在し、正しい優先順位でタスクに向き合うことが締め切りへの余裕につながります。緊急度と重要度のマトリックスを用いて改めてタスクへの優先順位をつけることを意識したいです。

大庭彩 1Picks

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。