抽象化を経て応用できる学びを得る

クレド7:好奇心旺盛・常に学ぶ

我々の活動における身近な事柄に興味を持ち、深く学ぶことを大切にしていきます。教え上手は当たり前、学び上手であれ。仕事を通じて、人生を豊かにする人間へと成長していきます。

はじめに

世の中には一定数、「要領が良い」と言われる人がいます。何をやっても人より上手くこなすような人が、こう言われるのだと思います。

残念ながら、私は「要領が良い」側の人間ではありません。しかし、才能の違いだと思考を放棄したくはありません。では、才能の差を考えないならば、「要領が良い」人とそうでない人は何が違うのでしょうか?

私は、学び方の上手さが違うのではないかと考えます。なぜなら、学び方が上手ければ人より成長が速く、結果的に何をやっても他の人より上手くこなすことができるからです。

そこで、今回の記事では「上手な学び方とは何か」「上手く学ぶためにできる工夫」について、私の経験と結び付けながら執筆しようと思います。

応用できるように学ぶ

私は、「上手な学び方」とは「応用できるように学ぶ」ことだと考えています。なぜなら、応用できるように学ぶことで、活用可能な学びが蓄積された状態を常に作り出すことにつながるからです。

何をするにしても今までの学びを活かすことができる状態であれば、速く成長しやすくなります。

反対に、特定の状況でしか使えないような学び方をしていると、新しいことを始める度に蓄積のない状態からスタートすることになってしまいます。

例えば、私が個別指導塾のアルバイトで英語の授業を担当している生徒で、基本問題や復習問題はよく解けるが、応用問題に苦戦してしまう生徒がいました。授業態度は申し分なく、積極的に質問をし復習を怠らないのにも関わらず、応用問題を解こうとすると手が止まってしまうのです。

これは、丸暗記に近いやり方で勉強していたことが原因だと考えられます。教えられたことをそのままの形で覚えているため、異なる角度から聞かれた際になかなか答えることができません。

まさに特定の状況でしか使えないような学び方をしており、新しいことをする際にまた一から学び直している状態でした。

応用できる学びを得るためには

ここでは、「上手く学ぶためにできる工夫」を紹介します。

先ほども述べたように、「上手な学び方」とは「応用できるように学ぶ」ことです。応用できる学びを得るためには、学びを抽象化することが役立ちます。

具体的な経験から得た個別の学びを抽象化することで、より多くの場面に応用できるような学びを得ることにつながるのです。

先述した生徒の例を考えてみます。その生徒は、個々の問題について、解答の流れを丸暗記している状態でした。そこで、それぞれの問題で「これって要するにどういうこと?」「これって何をしてると思う?」と問いかけて生徒自身の言葉で置き換えさせ、抽象化させました。
すると、その生徒は、間違えていた問題全てにおいて、同じ知識事項がポイントになっていると気づくことができました。

個々の問題の解答に必要な要素を抽象化し、共通するポイントがあることに気づくことができたのです。

過去の記事執筆を振り返って

これまでの取り組みを振り返ってみると、私自身にも至らない点があることに気付かされます。

私は昨年の十一月からリーダーズカレッジに参加し、記事執筆に取り組んできました。毎週の活動で、コーチである小川さんから、「内容に一貫性がない」「一つの段落に複数の要素が含まれており、理解しづらい」などの改善点を指摘され、その都度言い回しを変えるなど表面的な修正を繰り返してきました。

しかし、指摘を受ける量が一向に減らず、成長を実感できない状態が続いていました。

今思えば、特定の状況でしか使えないような学びを繰り返していたことが原因でした。

その際、小川さんから、根本的な原因として記事構成に問題があるという指摘を受けました。当時の私は、記事の構成を考える際に、段落間の関係や要素を整理できていなかったのです。

そして、記事構成の段階でまず題名と小見出しを考えて骨組みを固め、その後に本文を書いて肉付けしていくという方法をとるようにアドバイスを受けました。結果として、記事内容の一貫性や論理構成について改善が見られました。

当時の私は個々の学びを抽象化しておらず、根本的な原因にアプローチできていませんでした。応用できる学びを得ることができておらず、成長速度が遅くなってしまっていました。

今後に向けて

今後は個々の学びを抽象化し、応用できる学びを蓄積していきたいと思います。私は生来の「要領の良い人」ではありませんが、学びの質を追求し、「要領良く」成長していくことのできる人を目指して自身を磨き続けていこうと思います。

この記事を執筆している時点で私は、学業、エンカレッジ、A&PRO、個別指導塾のアルバイトなどさまざまな学びの機会に恵まれています。それぞれの活動で得た学び・気づきを特定の活動の範囲内にとどめず、他の活動にも還元することで今後の生活をより豊かなものにしていきたいと思います。

この記事の著者/編集者

藤井裕己 早稲田大学  

高校まで11年間野球に打ち込み、一浪の末、早稲田大学商学部へ。

大学では塾講師のアルバイトを経験し、その後、学生時代から力を入れて活動する経験をしたいという思いからキャリアNPO法人エンカレッジに加入。

高校時代のリーダーとして挫折した経験から、自分自身を変えたいと思い、大学2年次にリーダーズカレッジに参加。

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

周囲への感謝の気持ちを伝えることは、人間関係を豊かにし続けます。本記事では特に私が大切にする3つの考え方をお伝えします。読み終わった後にはつい照れてしまって感謝を大事な人に伝えきれていない人も「ありがとう」と周りに言いたくなるような記事です。

須賀渉大 羽田 優作 香山 渉 3Picks

感謝は大事だと分かっているけれど、感謝を後回しにしてしまう。そんな方に、感謝の価値を改めて実感していただき、実践するための準備となるメッセージになればと思います。

「ありがとう」と人に感謝を伝えるとき、皆さんはどのようなことを意識していますか。形骸化した「ありがとう」では、お互いに実りのあるコミュニケーションをとることができません。価値のある「ありがとう」を伝え、自分自身や相手、そして組織全体にプラスの影響を生み出していきましょう。

松本 康士朗 香山 渉 2Picks

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。