抽象化を経て応用できる学びを得る

クレド7:好奇心旺盛・常に学ぶ

我々の活動における身近な事柄に興味を持ち、深く学ぶことを大切にしていきます。教え上手は当たり前、学び上手であれ。仕事を通じて、人生を豊かにする人間へと成長していきます。

はじめに

世の中には一定数、「要領が良い」と言われる人がいます。何をやっても人より上手くこなすような人が、こう言われるのだと思います。

残念ながら、私は「要領が良い」側の人間ではありません。しかし、才能の違いだと思考を放棄したくはありません。では、才能の差を考えないならば、「要領が良い」人とそうでない人は何が違うのでしょうか?

私は、学び方の上手さが違うのではないかと考えます。なぜなら、学び方が上手ければ人より成長が速く、結果的に何をやっても他の人より上手くこなすことができるからです。

そこで、今回の記事では「上手な学び方とは何か」「上手く学ぶためにできる工夫」について、私の経験と結び付けながら執筆しようと思います。

応用できるように学ぶ

私は、「上手な学び方」とは「応用できるように学ぶ」ことだと考えています。なぜなら、応用できるように学ぶことで、活用可能な学びが蓄積された状態を常に作り出すことにつながるからです。

何をするにしても今までの学びを活かすことができる状態であれば、速く成長しやすくなります。

反対に、特定の状況でしか使えないような学び方をしていると、新しいことを始める度に蓄積のない状態からスタートすることになってしまいます。

例えば、私が個別指導塾のアルバイトで英語の授業を担当している生徒で、基本問題や復習問題はよく解けるが、応用問題に苦戦してしまう生徒がいました。授業態度は申し分なく、積極的に質問をし復習を怠らないのにも関わらず、応用問題を解こうとすると手が止まってしまうのです。

これは、丸暗記に近いやり方で勉強していたことが原因だと考えられます。教えられたことをそのままの形で覚えているため、異なる角度から聞かれた際になかなか答えることができません。

まさに特定の状況でしか使えないような学び方をしており、新しいことをする際にまた一から学び直している状態でした。

応用できる学びを得るためには

ここでは、「上手く学ぶためにできる工夫」を紹介します。

先ほども述べたように、「上手な学び方」とは「応用できるように学ぶ」ことです。応用できる学びを得るためには、学びを抽象化することが役立ちます。

具体的な経験から得た個別の学びを抽象化することで、より多くの場面に応用できるような学びを得ることにつながるのです。

先述した生徒の例を考えてみます。その生徒は、個々の問題について、解答の流れを丸暗記している状態でした。そこで、それぞれの問題で「これって要するにどういうこと?」「これって何をしてると思う?」と問いかけて生徒自身の言葉で置き換えさせ、抽象化させました。
すると、その生徒は、間違えていた問題全てにおいて、同じ知識事項がポイントになっていると気づくことができました。

個々の問題の解答に必要な要素を抽象化し、共通するポイントがあることに気づくことができたのです。

過去の記事執筆を振り返って

これまでの取り組みを振り返ってみると、私自身にも至らない点があることに気付かされます。

私は昨年の十一月からリーダーズカレッジに参加し、記事執筆に取り組んできました。毎週の活動で、コーチである小川さんから、「内容に一貫性がない」「一つの段落に複数の要素が含まれており、理解しづらい」などの改善点を指摘され、その都度言い回しを変えるなど表面的な修正を繰り返してきました。

しかし、指摘を受ける量が一向に減らず、成長を実感できない状態が続いていました。

今思えば、特定の状況でしか使えないような学びを繰り返していたことが原因でした。

その際、小川さんから、根本的な原因として記事構成に問題があるという指摘を受けました。当時の私は、記事の構成を考える際に、段落間の関係や要素を整理できていなかったのです。

そして、記事構成の段階でまず題名と小見出しを考えて骨組みを固め、その後に本文を書いて肉付けしていくという方法をとるようにアドバイスを受けました。結果として、記事内容の一貫性や論理構成について改善が見られました。

当時の私は個々の学びを抽象化しておらず、根本的な原因にアプローチできていませんでした。応用できる学びを得ることができておらず、成長速度が遅くなってしまっていました。

今後に向けて

今後は個々の学びを抽象化し、応用できる学びを蓄積していきたいと思います。私は生来の「要領の良い人」ではありませんが、学びの質を追求し、「要領良く」成長していくことのできる人を目指して自身を磨き続けていこうと思います。

この記事を執筆している時点で私は、学業、エンカレッジ、A&PRO、個別指導塾のアルバイトなどさまざまな学びの機会に恵まれています。それぞれの活動で得た学び・気づきを特定の活動の範囲内にとどめず、他の活動にも還元することで今後の生活をより豊かなものにしていきたいと思います。

この記事の著者/編集者

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 大庭彩 3Picks

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

メンバーに尊敬されるリーダーは当たり前ですが、メンバーを尊敬できるリーダーは少ないのではないでしょうか? 今回の記事ではメンバーを尊敬することで得られるメリットについてご紹介していきます。

大庭彩 1Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。 各種マネジメントツールにもてあそばれず、プロジェクトマネジメントの本質を理解し、やるべきことを実践し続ける。 そんな責任あるリーダーを対象とした研修です。

「大変なこと」を楽しむことは理想だとは分かっているけれど、中々そう上手くはいかない。そんな「大変なこと」との付き合い方に悩んでいる人に贈る、「大変なこと」を味方にするための記事になっています。

大庭彩 1Picks