尊敬する人がいないと悩んでいる人必見!尊敬できる人に出会うには

クレド2.互いに尊敬し合えるチームであれ

尊敬し合えるチームでなければ、最高のサービスは提供できない。プロ同士、互いに馴れ合いを排除する勇気を持って「尊敬される努力」と「尊敬する努力」をし続け、長所を生かし合えるチームを作ります。

business-team-of-4-people

「あなたが尊敬する人は誰ですか?」

面接などの定番質問ですね。一度は聞かれたことがあるのではないでしょうか。

この質問をされたときにパッと思い浮かぶ人物はいますか?

もしかしたら、今近くに尊敬できる人がいないと悩んでいる方もいるかもしれませんね。尊敬できる人に出会うことは自らの成長に繋がります。人との出会いが人生を変えることもあるのです。そこで、この記事では尊敬できる人に出会う方法をお伝えしていきます。

尊敬する人がいないのはなぜ?

office-worker-thinks-why

始めに、尊敬できる人がいない理由をいくつかご紹介します。

まず、自分の心理に原因がある可能性があります。
たとえば、劣等感を抱いている場合。尊敬の念を抱くには、自分と他者を比較する必要があります。しかし他者と比較できるほど自分の能力に自信を持っていない場合、尊敬するという発想すら出てきません。

一方で、劣等感の裏返しで尊敬できないという人もいます。心の奥底では尊敬できると分かっているのに、プライドの高さゆえに尊敬の念を素直に認めることができないのです。

また、他者と比較することに興味がないというケースも考えられます。「自分は自分、他人は他人」という考えが強いマイペースな人の場合、優れた人に出会っても「すごいけど私には関係ないな」と思ってしまうのです。

このような心理状況にある人は、まず他者と自分を結びつけたうえで、将来のビジョンを描くようにしましょう。自分がどうなりたいか、どんな生活を送りたいかをイメージすれば、おのずと今の自分に足りない部分が見えてきます。そして、その足りない部分を持っている人はいないか、周りをよく見てみましょう。これが尊敬できる人を見つけるための第一歩です。

morning-yoga

上記の心理に当てはまらない場合は、外的要因に原因がある可能性が高いです。つまり、あなたの今いる環境が良くないということ。他者との関わりが限定されている環境に身を置いていると、必然的に尊敬できる人に出会える確率は下がります。

身近な人の中に尊敬できる人がいないのなら、思い切って新しいコミュニティに飛び込んでみるのも一つの手です。普段の自分ならあまり関わらないような人が多い場にも積極的に参加してみましょう。SNSを活用して尊敬できる人を探すのも良いですし、朝活や異業種交流会に参加するのもおすすめです。あるいは、何か習い事を始めるのも良いでしょう。

いずれにせよ、広い世界を見て多くの人に出会うことで、尊敬できる人に出会いやすくなります。思いもよらなかった出会いに恵まれるかもしれません。

出会いの意味と価値

handshake

最後に「出会い」について少しお話します。

「出会いは偶然、別れは必然」という言葉がありますが、果たして本当にそうなのでしょうか。別れは間違いなく必然ですが、別れが必然なら出会いもまた必然だと思うのです。私たちは生きている間に数えきれないほどの人と出会います。

では、人生80年だとして、世界中の人々全員と移動時間を考えずに会うとすると、一人あたりにどれくらいの時間を割けると思いますか?

1日は60秒×60分×24時間=86,400秒
一生は365日×80年+(80÷4)=29,220日
つまり一生を秒に直すと
86,400秒×29,220日=2,524,608,000秒

これを77億人で割ります。
2,524,608,000秒÷7,700,000,000人=0.327871168831169秒/人

したがって、一人あたり約0.3秒ずつしか会えないという計算になります。

今までの出会いがどれほど貴重なものだったのかが実感できるのではないでしょうか。

multinational-youth-line-up

また、人間がこの世に誕生してからこれまでの歴史、そしてこれからの未来を思うと、同じ時代に生きていること自体、奇跡にも等しいことだと思います。

ですから、同じ時代・同じ場所に生きて、何らかの形で関わりを持つということは、偶然ではなくもはや必然と言えるでしょう。

そう考えると、出会いの一つひとつに意味があるとは思いませんか?

今までに出会った人、これから出会う人は皆、自分の人生に必要な人たちです。尊敬できる人は言うまでもなく、嫌いな人や苦手な人でさえ、私たちの人生に何らかの意味をもたらします。

もし「この人とは出会うことに意味はなかった、時間を無駄にした」、「出会わなければ良かった」と思うことがあったとしても、それはまだ出会いの意味に気づいていないだけかもしれません。というより、出会いの意味に気づかないことが大半でしょう。それぞれの出会いに込められた意味が分かれば「尊敬できる人」の捉え方も変わってくるかもしれません。

また、出会うべくして出会ったということは、自分の行動次第で出会いを掴み取ることができるということでもあります。尊敬できる人に出会うために何をすべきか、一度よく考えてみてください。

この記事が、あなたと誰かを繋ぐ出会いの架け橋になれますように。

この記事の著者/編集者

久保井美愛 リーダーズカレッジリーダー  

上智大学外国語学部卒。社会人として仕事に必要なノウハウや心構えを学ぶためにA&PROの研修に参加。大の読書家で、のべ5,000冊以上の本を読んできた本の虫。かつて「図書室の門番」という異名を付けられたことも(笑) 本から得た知識や自身のスキル・経験を活かして、皆さんに価値あるものをお届けします。

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

研修参加前は、私はリーダーの素質がないと思っていました。しかし研修を通して、私には素質がないのではなく準備ができていないということに気付かされました。

誰しも緊張して力を出しきれなかった経験があるのではないでしょうか?この記事では、緊張に対処する方法と、緊張に関する野球部での実体験を紹介します。

研修中でさえも成長を感じられますが、研修後に努力を継続することで計り知れない学びを得ることができ、自己実現に繋げることができると実感しています。

参加後は自分がリーダーとして目指すべき姿やリーダーとして欠けていた部分を理解することができ、今後私がやるべきことを明確にすることができました。

研修参加前は、リーダーとしてチームを引っ張ることに不安を抱えていました。しかし参加した後は、リーダーとして働くことに対してポジティブに捉えられるようになりました。なぜなら、「今のチームにはこれが足りないのか」といった気づきや、「リーダーはこれが必要だったのか」というような実践に落とし込めるような内容であったからです。本研修に参加していなかったら、こうした心境の変化はなかったと思います。

普段はなかなか感謝を伝えられていない人は多いのではないでしょうか?この記事では、感謝の表し方と私自身が照れ臭さから両親に感謝を伝えられなかった経験を紹介します。

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 今回の研修では、マナー・ホスピタリティ・おもてなしについて学びました。 その中でもこの記事では、…

今月の研修:記憶のメカニズム 皆さんは「2×4」の答えを聞かれたとき、答えをどのように導きますか? 2が4個あるからという概念で考えたり、“にし…

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷 風花 久野 滉大 髙橋開 23Picks

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレンジし、社…

前野 里歩 各務 祐樹 山下 莉奈 松本 康士朗 山本 陽太郎 81Picks

「想定外だったから仕方ないよね」このような言葉に違和感を抱いたことはありませんか。この記事では”リーダーとして組織として、想定外”に誠実に向き合うための戦略についてお話しします。

「報告・連絡・相談」の仕組みを作ることは、リーダーとしてメンバーをマネジメントする上で欠かせない工程です。組織内での連携をスムーズに行い、より確実なアウトプットを出すためにも、まずは「報告・連絡・相談」を正しく理解し、活用できる組織を目指していきましょう。

復習回数を闇雲に増やしたり、ノートいっぱいに何度も書かせる記憶法は、社会に出てから通用しない。 多忙なリーダーは、重要事項を一発で覚える。 たとえそれができなくても、復習回数を最小限にし、効果的・効率的に記憶することが大切。

久野 滉大 本田花 髙橋開 平山 大翔 上野美叡 18Picks

研修参加前、私はリーダーとして、周りの期待以上に頑張りたい、しかし、周りから何を期待されているのかわからない。このようなもどかしい状態が続いていました。しかし研修を通じて、今の私にリーダーとして不足している点が洗い出され、その弱みを克服していくことが出来ました。

本当に弱みに向き合うとはどういうことか、「誠実さ」とは何か、信頼や自信に繋がることは何かなど、多くの気付きを得られる研修でした。そして、その気付きを提供し続けるために必要なことを学び、実行することができました。