尊敬する人がいないと悩んでいる人必見!尊敬できる人に出会うには

クレド2.互いに尊敬し合えるチームであれ

尊敬し合えるチームでなければ、最高のサービスは提供できない。プロ同士、互いに馴れ合いを排除する勇気を持って「尊敬される努力」と「尊敬する努力」をし続け、長所を生かし合えるチームを作ります。

business-team-of-4-people

「あなたが尊敬する人は誰ですか?」

面接などの定番質問ですね。一度は聞かれたことがあるのではないでしょうか。

この質問をされたときにパッと思い浮かぶ人物はいますか?

もしかしたら、今近くに尊敬できる人がいないと悩んでいる方もいるかもしれませんね。尊敬できる人に出会うことは自らの成長に繋がります。人との出会いが人生を変えることもあるのです。そこで、この記事では尊敬できる人に出会う方法をお伝えしていきます。

尊敬する人がいないのはなぜ?

office-worker-thinks-why

始めに、尊敬できる人がいない理由をいくつかご紹介します。

まず、自分の心理に原因がある可能性があります。
たとえば、劣等感を抱いている場合。尊敬の念を抱くには、自分と他者を比較する必要があります。しかし他者と比較できるほど自分の能力に自信を持っていない場合、尊敬するという発想すら出てきません。

一方で、劣等感の裏返しで尊敬できないという人もいます。心の奥底では尊敬できると分かっているのに、プライドの高さゆえに尊敬の念を素直に認めることができないのです。

また、他者と比較することに興味がないというケースも考えられます。「自分は自分、他人は他人」という考えが強いマイペースな人の場合、優れた人に出会っても「すごいけど私には関係ないな」と思ってしまうのです。

このような心理状況にある人は、まず他者と自分を結びつけたうえで、将来のビジョンを描くようにしましょう。自分がどうなりたいか、どんな生活を送りたいかをイメージすれば、おのずと今の自分に足りない部分が見えてきます。そして、その足りない部分を持っている人はいないか、周りをよく見てみましょう。これが尊敬できる人を見つけるための第一歩です。

morning-yoga

上記の心理に当てはまらない場合は、外的要因に原因がある可能性が高いです。つまり、あなたの今いる環境が良くないということ。他者との関わりが限定されている環境に身を置いていると、必然的に尊敬できる人に出会える確率は下がります。

身近な人の中に尊敬できる人がいないのなら、思い切って新しいコミュニティに飛び込んでみるのも一つの手です。普段の自分ならあまり関わらないような人が多い場にも積極的に参加してみましょう。SNSを活用して尊敬できる人を探すのも良いですし、朝活や異業種交流会に参加するのもおすすめです。あるいは、何か習い事を始めるのも良いでしょう。

いずれにせよ、広い世界を見て多くの人に出会うことで、尊敬できる人に出会いやすくなります。思いもよらなかった出会いに恵まれるかもしれません。

出会いの意味と価値

handshake

最後に「出会い」について少しお話します。

「出会いは偶然、別れは必然」という言葉がありますが、果たして本当にそうなのでしょうか。別れは間違いなく必然ですが、別れが必然なら出会いもまた必然だと思うのです。私たちは生きている間に数えきれないほどの人と出会います。

では、人生80年だとして、世界中の人々全員と移動時間を考えずに会うとすると、一人あたりにどれくらいの時間を割けると思いますか?

1日は60秒×60分×24時間=86,400秒
一生は365日×80年+(80÷4)=29,220日
つまり一生を秒に直すと
86,400秒×29,220日=2,524,608,000秒

これを77億人で割ります。
2,524,608,000秒÷7,700,000,000人=0.327871168831169秒/人

したがって、一人あたり約0.3秒ずつしか会えないという計算になります。

今までの出会いがどれほど貴重なものだったのかが実感できるのではないでしょうか。

multinational-youth-line-up

また、人間がこの世に誕生してからこれまでの歴史、そしてこれからの未来を思うと、同じ時代に生きていること自体、奇跡にも等しいことだと思います。

ですから、同じ時代・同じ場所に生きて、何らかの形で関わりを持つということは、偶然ではなくもはや必然と言えるでしょう。

そう考えると、出会いの一つひとつに意味があるとは思いませんか?

今までに出会った人、これから出会う人は皆、自分の人生に必要な人たちです。尊敬できる人は言うまでもなく、嫌いな人や苦手な人でさえ、私たちの人生に何らかの意味をもたらします。

もし「この人とは出会うことに意味はなかった、時間を無駄にした」、「出会わなければ良かった」と思うことがあったとしても、それはまだ出会いの意味に気づいていないだけかもしれません。というより、出会いの意味に気づかないことが大半でしょう。それぞれの出会いに込められた意味が分かれば「尊敬できる人」の捉え方も変わってくるかもしれません。

また、出会うべくして出会ったということは、自分の行動次第で出会いを掴み取ることができるということでもあります。尊敬できる人に出会うために何をすべきか、一度よく考えてみてください。

この記事が、あなたと誰かを繋ぐ出会いの架け橋になれますように。

この記事の著者/編集者

久保井美愛 リーダーズカレッジリーダー  

上智大学外国語学部卒。社会人として仕事に必要なノウハウや心構えを学ぶためにA&PROの研修に参加。大の読書家で、のべ5,000冊以上の本を読んできた本の虫。かつて「図書室の門番」という異名を付けられたことも(笑) 本から得た知識や自身のスキル・経験を活かして、皆さんに価値あるものをお届けします。

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

早稲田大学の中都智仁と申します。大学1、2年生の頃は自分から行動することなんてありませんでした。しかし、大学3年生のコロナ禍の時期に私の人生について深く考えてから実感するほど人生が変わりました。現在はキャリア支援団体のセクションのリーダーとして常に『リーダーシップとは』という問いを考えています。

藤原穫 信宗碧 2Picks

今回はプロジェクトの全体構成を見直すにあたって有効なツールを取り入れ、改めて自分のプロジェクトについて振り返りました。その中でも、QFDというツールについてご紹介します。 QFDは品質機能展開とも呼ばれ、顧客のニーズに応えるための各施策を考え、それらがどのニーズを満たしているか、また互いの施策が相反していないかなどを、網羅的な視点で確認するためのツールです。

あるテーマについて、真剣に話し合うという経験は、非常に貴重でためになるものであると思います。その一方で、そういった機会はなかなか得られないことが多く、今回参加させていただけたのは非常に嬉しかったです。 私は今2年生ですが、アルバイトを始めたとき、リーダーになったとき、大学生になったとき、もっと早くこのような経験をしておけたら良かったなと思うとともに、今からでもやっていきたいと思いました。

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

研修にあたり本気で向き合ってくださった森口さん。今の私の素直な気持ちを引き出していただきました。自己防衛してしまうところや、本気で取り組んでいないことを真正面から伝えてもらい、学生時代に厳しいことを言われる機会がなかったので、大学生活の中でもとても刺激的な2日間を送ることができました。自分の弱みに丁寧に向き合うこと、そして何か前に進みたいという思いになれたあの瞬間を作って下さったこと、心から感謝しています。

藤原穫 1Picks

実は私は一度参加を見送っています。ですから、そういった立場の人間からのメッセージとして受け取ってもらえればと思います。結論から言うと、「もっと早く参加すればよかった」と思いました。我々に本気で向き合ってくれる講師の方のもとで、リーダーを目指し悩む仲間と共に、自分に向き合い続ける二日間は非常に濃いものでした。多くの学びや刺激がある一方で苦しい思いをすることもあります。しかし、他の場所では経験できないような貴重な二日間だったと思います。リーダーになるために本気で変わりたいと思える人はぜひ参加してほしいなと思います。

藤原穫 1Picks

森口さんに「賢そうに見られることに甘えている」という言葉を頂いたとき、はっとさせられました。私は相手のことを考えず、ただ自分のしたいコミュニケーションを行っているだけだったのです。リーダーは率先してコミュニケーションを体現すべき存在です。今後はアウトプットを繰り返し、自分を厳しく律しながら一歩引くメリハリを大切に、発言していきます。 森口さんとの約束でもある「リーダーのリーダーになる」という言葉を胸に、今後の団体や社会人としての活動に励みます。

藤原穫 1Picks

そもそもプロジェクトとは何か。それを知ることによって、あなたが現在取り組んでいる活動をもっと豊かにすることができるはずです。プロジェクトの基本を学び、そのプロセスについて考えてみましょう。

参加者全員が紹介する通り、これはただの研修やインターンではなく、講師も本気で向き合ってくださり、参加者全員が限界以上にやり切るプログラムになっているため、遂行するには大きな覚悟と目的が必要です。しかし、受講することで今まで気づかなかったこと、新たな学びをたくさん得られる研修を通じて、必ず一歩成長することができます。

田村稔行 1Picks

もしあなたが成長したいのならばリーダーになりたいかは問わずとも迷わずこの研修に参加するべきです。それがあなたの市場価値を高め、職場での活躍につながるのではないでしょうか。そんな成長欲求マシマシの人ならこの研修は一生の財産になるはずです。

田村稔行 1Picks

この研修を通して私はようやくリーダーシップを発揮できる人材となる第一歩を踏み出すことができたと思います。この研修で終わりではなく、この研修を契機に自分の中での考えを改め、今後の生活で実践を重ねることで自らを高め、更にはチームを良い方向に牽引できる人材に成長できるよう努力します。

藤原穫 1Picks

『自責思考』という言葉をご存知ですか?ポジティブに用いられることが多いこの言葉ですが、責任というものを正しく認識していないと、制限なく責任を背負うことになります。このような自責の沼から抜け出す方法をご紹介します。