連載1DAY体験 -参加者の声-

説得力のある意見を採用するという方針に魅力を感じた

個人の意見に耳を傾け、説得力のある意見を採用する

世の中にある多くの会社では、上司と部下の上下関係を気にしてばかりで新人の意見は聞かない、または取り入れないことが多いのではないでしょうか。年功序列を大切にする人がいることも事実ですが、私はそのような形態には反対です。年を重ねることで培う能力もあれば、そうではない個々人の能力もあるからです。今日の1DAY就業体験を受け、A&PROでは年齢に関係なく個人の意見に耳を傾け、説得力のある意見を採用するという方針に魅力を感じました。

研修講師・A&PROメンバーへのメッセージ

今日はお忙しい中、時間を設けてくださりありがとうございました。今日のお話の初めに私たちをA&PROのメンバーの一員として扱うと言ってくださったのがとても印象的でした。これから一緒に進んで、多くのことをA&PROメンバーから吸収していきたいと思うことができました。

これから研修を受ける方々へ

他社の塾では上から言われたことをただやるだけという形態が多いと思いますが、A&PROでは自分の意見をまとめ全体のミーティングなどで発表するという、これからの社会で必要になる力を学ぶことができると思います。そのような力を大学生の時から培っていきたいという意欲のある人におすすめしたいと思います。

研修で学べたこと・感じたこと

教室見学

  • 生徒と教師の信頼関係を感じた。
  • 生徒の答えの導き方を重視している。
  • パーテーションを設置していない。

教室見学以外

  • 研修を通して精神的な面でも学べる。
  • なぜ“記憶”しなければならないのかまで学ぶことができる。
  • リーダーシップを培える。
  • 自分の意見を発表する機会が多くある。
  • 説得力のある意見を取り入れる。
  • 年齢の差は関係ない。

A&PROより

A&PROでは、話し合いにおいて一番説得力のある意見を採用することを大切にしています。では、説得力はどこから生まれるか?これを考えたとき、私は大きく分けて二つの要素があると考えました。一つは過去の経験や実績による根拠、もう一つはメカニズムによる根拠です。

経験や実績を根拠とする説得力は、皆が一生懸命に取り組んできた過去があれば年功序列の形で順々に存在することも少なくありません。しかしメカニズムを根拠とする説得力は、専門知識に基づく合理性に対して生まれるものです。そして私たちはその専門知識を活用することを積極的に選択します。そうすることで、チームにとって一番優れた方法で皆が活動することが出来るようになるからです。

このことの大切さについて、就業体験を通じてM.Y.さんに共感を得ていただきとても嬉しく思いました。是非この経験を今後の活動に活かしてください!

(リーダーズカレッジ:野澤)

この記事の著者/編集者

M.Y. さん 早稲田大学 教育学部  

この連載について

1DAY体験 -参加者の声-

連載の詳細

社会人はもちろん、中学生・高校生・大学生の人材育成コンサルを行っているA&PRO。
『どの業界でも活躍できる人財』をテーマに、その理論と実践のノウハウを提供します。

まずは皆さんがイメージしやすい中高生部門、進学塾ヘウレーカを会場とし、 当社代表と直接コミュニケーションを取りながら、人材育成の現場を体感していただきます!!


■ 1DAY体験(リーダーシップゼミ事前説明会を兼ねる)■

- 人材育成のメカニズムを体系的に学べる3時間 -
--------------------------------■□■
『どの業界でも活躍できる人財へ』
どんな仲間と、どんな活動をしながら、成長していくのか。
ホームページや資料からでは分からない、現場ならではの貴重な研修体験!!
■□■--------------------------------
1.ビジネス研修
※年間プログラムの中から毎月1つのテーマを取り上げ、無料で特別招待。
研修例

2.直営塾「ヘウレーカ」の教室見学

3.リーダーシップゼミ、今後の流れについて

4.個別相談

【場所】株式会社エイアンドプロ
※JR飯田橋駅・西口(神楽坂方面の出口)から徒歩3分

【持ち物】筆記用具

【服装】自由


参加希望の方はこちら ⇒申込フォーム
※A&PROと提携する大学・企業から推薦されたメンバーのみが参加可能

話題のニュース

more

今月の研修:社会人の持つべき習慣(公的成功) 毎日忙しく働いているのになぜか今日も仕事がたまっている。 自己研鑽する時間が取れない。 そんな状況…

今月の研修:社会人の持つべき習慣(公的習慣) 突然ですが、先日あった出来事をご紹介します! 私は、所属するキャリア支援団体であるメンバーと打合せ…

周囲から「忙しそうな人間」と思われていませんか?忙しそうな人間には周囲から情報が入らないこともあります。今回はその状況を乗り越える方法を共有します。

良いチームを作りたい。そう思って「頑張って」動いている。しかし、なかなかその思いが伝わらない。自分が言わなくても、メンバーのみんながもっと主体的に動いてくれたらいいのに。もっとチームで力を合わせて前に進みたい。皆さんは、そんなことを思ったことはありませんか?

今月の研修:社会人として持つべき習慣(私的成功) はじめに チームの理想状態ってどのような状態だと思いますか? この言葉を聞いて、 組織の目的に…

頭と心と体に働きかける、人財育成のためのプラットフォーム この3つの機能を組み合わせながら科学的に、確実に、人を成長へと導いていくのがA&…

0Picks