耳の痛いことを指摘してくれる環境でこそ、人は成長できる。

大学に入ってから、最も充実した3日間だった。

 自分にとって耳の痛いことを指摘してくれる環境に身を置くことで、自分は大きく変われることに気付かせていただきました。なぜなら、そうした方々の考え方や生き方が自分自身に伝染することで、自分の考え方や生き方が変化し、成長につながるからです。実際今回のワークショップでは、他者と関わることは、相手の時間を頂いていることである、ということを認識し、意識を変えることができました。

 自分自身の課題を指摘される側がつらいことは当たり前ですが、指摘する側はそれ以上につらい。だからこそ、自分のことを思って本気で指摘してくれる人には一層の感謝の気持ちを持ちながら、常に他者に敬意をもって生きてゆこうと思います。

研修講師へのメッセージ

 この3日間は、大学に入ってからの1年間で最も大変かつ充実していて、自分自身が成長できた3日間でした。これまでの自分は、大学での日々を漠然と過ごしてしまっており、そんな中で「何かを変えたい」という思いで参加したのがこのワークショップでした。はじめは自分基準で自己を正当化してしまっていましたが、そんな自分に森口先生は本気で接してくださりました。今回学ばせていただいたコミュニケーション理論やコーチング理論は、大きな財産になると思っています。しかしそれ以上に、日常から他者についての関心がなかった自分の性格を見直すきっかけを与えてくださったことに、とても感謝しております。3日間、ありがとうございました。

A&PROより

 人が成長するためには、新たな環境にチャレンジしていく事が大切だということは、私自身もとても共感することです。今回の経験が、ご自身を成長させてくれる新たな環境への挑戦へとつながることを願っております!(人材開発担当 萩原)

研修で学べたこと

  • 指摘される側以上に、指摘する側はつらい思いをしている。
  • 本気で指摘してくれる人は、本気で自分のことを考えてくれている人。
  • 他者と関わるという事は、相手の時間を頂いているということである。

この記事の著者/編集者

N.K. さん 東京工業大学 生命理工学部  

最新記事・ニュース

more

そもそもプロジェクトとは何か。それを知ることによって、あなたが現在取り組んでいる活動をもっと豊かにすることができるはずです。プロジェクトの基本を学び、そのプロセスについて考えてみましょう。

大庭彩 上野美叡 2Picks

タスクには明確に優先順位が存在し、正しい優先順位でタスクに向き合うことが締め切りへの余裕につながります。緊急度と重要度のマトリックスを用いて改めてタスクへの優先順位をつけることを意識したいです。

大庭彩 1Picks

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。