学校では教えてくれない、社会人に最も必要なこと。

■今月の研修■ A&PROが求める人財

現状に満足しない。「最高」を追い求めろ!

今回の研修では、4人ずつのグループに分かれて「A&PROが求める人財」について議論し、グループごとに発表しました。また、議論の結果として出てきた人財の要素と現在の自分自身とを比較し、足りていない要素を洗い出しました。

最大の気付きとなったのは、成長し続けるためには「最高と比較する」ことが重要であるということです。現状が良いか悪いかを考えるだけではなく、最高レベルや理想をまず思い描いてから現状と比較することで、伸びしろがはっきりと見えてきます。

例えばあるメンバーは、A&PROが求める人財の特徴として「短いスパンで行動を振り返る」ことを挙げ、自身と比較すると足りていない点であったとおっしゃっていました。また、これからさらに成長する上で日々の学びを大切にするため、勤務の有無に関わらず毎日、その日の活動の振り返りを実施すると宣言してくださいました。

このように、最高・理想と現状を比較することは、成長機会の発見につながる非常に重要な要素であると気付くことができました。

これから研修を受ける方々へ

研修で議論をしていて改めて感じたのは、「A&PROが求める人財」は「社会に貢献できる人財」と完全に一致しているということです。学校では教わらないけれども社会人に最も必要なこと。それを学ぶことができるA&PROの仕事は、非常に尊いものです。

人との信頼関係を大切にするとはどういうことか、努力し続けるためにはどうしたらいいか、成果を出せる人と出せない人の違いは何か…A&PRO基準を理解し、それに則って考え、行動していれば、こうした問いの答えは実体験を持って語れるようになります。社会に貢献できる人財になることをここまで追求できる組織は、他にありません。研修を通じて、そのありがたみを何度も実感することができました。

研修で学べた事(キーワード)

A&PROが求める人財の要素3つ

①人間性

損得よりも誠実さを優先

馴れ合いにならない

人との信頼関係が壊れることを恐れる力

自分のミスを認め、相手を想ってミスを指摘できる

自分ではなく組織の行動基準に合わせる

②努力し続けること

うまくいっている時こそ改善できる点をひねり出す

「最高」と比較する

③成果を出すこと

目標を設定する

計画を立て実行する

短いスパンで行動を振り返る

この記事の著者/編集者

遠藤 七海 東京外国語大学(国際社会学部)卒  

大学・学部:東京外国語大学 国際社会学部 スペイン語専攻 
部活:男女バスケットボール部 マネージャー(高校) 
趣味:海外旅行(観光よりもサバイバル)、ミュージカル鑑賞 
アルバイト:浦安の某有名テーマパーク、大学進学塾での講師 
その他の活動:メキシコに短期語学留学(衝撃のサボテン料理を体験) 
現在お住いの地域:千葉県(総武線沿線) 
研究:教育社会学 「将来の夢」についての研究 
家族構成:父、母、犬のももさん、私 
その他:好きな食べ物は麺類(こだわりはラーメンの海苔を食べるタイミング)苦手な食べ物はパクチーとレーズンです

最新記事・ニュース

more

復習回数を闇雲に増やしたり、ノートいっぱいに何度も書かせる記憶法は、社会に出てから通用しない。 多忙なリーダーは、重要事項を一発で覚える。 たとえそれができなくても、復習回数を最小限にし、効果的・効率的に記憶することが大切。

「やばい、キャパオーバーしていて仕事を回しきれていない・・・。」成果を生み出すためにリーダーを務め、多くの責任を引き受けたのはいいものの、こうした悩みを抱く方は少なくないと思います。本記事は、リーダーの方の中でも、「仕事を回しきれていない。」と実感している方、経験した方、キャパオーバー対策したい方に届けていくことを想定して進めていきます。キャパオーバーは解決できます!

そもそもプロジェクトとは何か。それを知ることによって、あなたが現在取り組んでいる活動をもっと豊かにすることができるはずです。プロジェクトの基本を学び、そのプロセスについて考えてみましょう。

大庭彩 上野美叡 2Picks

タスクには明確に優先順位が存在し、正しい優先順位でタスクに向き合うことが締め切りへの余裕につながります。緊急度と重要度のマトリックスを用いて改めてタスクへの優先順位をつけることを意識したいです。

大庭彩 1Picks

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。