ミスをされても、「また来たい」と思うカフェは何が違うのか

クレド3. 目配り・気配り・心配り、常に相手の立場に立つ

企業理念を判断基準とし、目配り・気配り・心配りの質を高めていきます。些細なことにこそ敏感に気づき、周りに共有することで、スピード対応に繋げます。相手(顧客・提携先・メンバー)の立場に立ち、一歩先行くサービスを提供していきます。

これまでに訪れたカフェや飲食店で、ミスをされてしまったことはありますか?
そのとき、どう思ったでしょうか。
「もう絶対来たくない」と思った場所もあれば、「また来たいな」と思う場所もあったと思います。
両者の差はなんでしょうか。

心配りで、最後まで顧客に満足を提供する

「また来たい」と思うかどうかの差は、ミスの後の心配りにあると考えます。

もちろん理想的には、サービスを提供する上でミスがないことは非常に重要です。
しかし実際、自分がカフェで働いている場合のことを考えてみてください。

自分だけではなく他のスタッフが注文を聞き間違えてしまったり、間違えて提供してしまったりすることはありますよね。
そのような時にこそ、どれだけ顧客のことを考えられるかが、もう一度来てもらうためには大切なのだと思います。

心配りはミスをした後にこそ大切

ミスをした後の心配りの重要性を感じたエピソードをご紹介します。
私には行きつけのカフェがあり、作業や仕事をしたり店主さんとお話したりする目的で、ほぼ毎日利用しています。そのカフェでの出来事です。

ある日、いつものようにランチを食べにいきました。
その日のランチはカレーだったのですが、その中に、煮込みの味付け用の唐辛子が間違って入っていたことがありました。
前提として、私は辛いものが苦手で、基本的にどのお店でも一番甘口のものを頼みます。
その日私は何を考えていたのか、入っていた唐辛子を丸ごと一口で食べてしまいました。
一人で慌てていると、店主さんが「どうしました?」と声をかけてくれました。

私の様子を見て察した店主さんは、深く問うことなく落ち着いてキッチンに戻り、すぐに大きなマグカップに沢山の牛乳をもってきてくれました。
さらに、私が落ち着いたころに、「すみませんでした」とアイスを持ってきてくれました。

私がミスをしてしまった時を思い返すと、これまではすぐに謝ることしか頭になく、相手には「次から気をつけてね」としか言ってもらえませんでした。
しかし、今回の体験では、「次から気をつけてほしい」とも思いましたが、それ以上に「良い対応だった」「また来たい」という気持ちの方が強く残りました。
ミスをしたとしても、顧客の様子を察知して、求めている以上のことをすることで、「また来たい」と思えるのです。

心配りはとっさの対応に表れます。
「やってしまった」と思って慌ててしまうのではなく、すぐに顧客のことを一番に考えて対応できるかが大切だと感じました。

これからどう生かすか

私は現在、飲食の事業を作ろうとしています。
最新の注意を払って営業するつもりですが、自分や他のスタッフが注文を聞き間違えてしまったり、間違えて作ってしまったりする可能性がゼロとは言えません。
まずはミスを減らす仕組みを作りたいと思いますが、100%ミスをしないと言い切るのも傲慢でしょう。

その時に、一番に顧客のことを考え、「また来たい」と思えるサービスを作っていこうと決心しました。
また自分だけが気をつけるのではなく、心配りを事業に携わる全員に浸透させていきます。

あなたも、ミスをしてしまった後にこそ心配りが肝心だということを思い出して、心配りを実践してみてくださいね。

この記事の著者/編集者

向井七海 早稲田大学 文学部  

小学生の頃からずっと世界平和を目指しています。平和を考える中で哲学に惹かれ、高校時代ドイツに留学。そこでシリア難民に出会ったことをきっかけに、大学では中東・イスラーム研究コースに所属。多文化共生や日本語教育を学びながら、大小問わず「平和をつくりだす」ことを目指して活動しています。

最新記事・ニュース

more

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 大庭彩 3Picks

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

メンバーに尊敬されるリーダーは当たり前ですが、メンバーを尊敬できるリーダーは少ないのではないでしょうか? 今回の記事ではメンバーを尊敬することで得られるメリットについてご紹介していきます。

大庭彩 1Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。 各種マネジメントツールにもてあそばれず、プロジェクトマネジメントの本質を理解し、やるべきことを実践し続ける。 そんな責任あるリーダーを対象とした研修です。

「大変なこと」を楽しむことは理想だとは分かっているけれど、中々そう上手くはいかない。そんな「大変なこと」との付き合い方に悩んでいる人に贈る、「大変なこと」を味方にするための記事になっています。

大庭彩 1Picks