「人に守られる」立場から、社会人として「人を守る」立場へ。

■今月の研修■ 災害時・緊急時の対応

どんな事態が起きても冷静に対応できる力を

 研修の前半では、電話対応と来訪者対応のあり方について、グループで実践練習とフィードバックを重ねながら理解を深めました。

 私が最も苦労したのは、相手への寄り添い方としてA&PROが大事にしている「アサーティブコミュニケーション」です。初めはどうしても自分が話さなければならないことに注力してしまい、相手の話を傾聴したり、共感の言葉をかけたりすることが思うようにできませんでした。しかし、グループのメンバーからのフィードバックのおかげで徐々に肩の力が抜けてきて、「相手は人なのだから、まずは会話をするところからなのだ」と気付くことができました。

 研修の後半には、地震発生時の対応の確認と、様々な場面を想定した実践練習を行いました。訓練する中で、「我々は生徒の命を預かっている」という自覚がいっそう強くなりました。それとともに、人の命を守ることのできる社会人になるためにも、日頃からどんな事態が起きても冷静に対応できるような力をつけておかなければならないと感じています。

これから研修を受ける方々へ

 地震発生時の対応を練習しながら、私は3.11の地震が起こった時のことを思い出していました。幸い私のいた学校では死者が出るほどの被害はなかったのですが、人生で初めて経験する大きな揺れで、非常に怖かったのを覚えています。

 中でも一番恐怖を感じたのが、授業をしていた先生が生徒を置いて真っ先に逃げたことでした。4階の教室にいた私たち生徒は、生徒同士だけで協力してグラウンドまで避難したのです。私もクラスメイトたちも裏切られた気持ちでいっぱいで、その先生に対する信頼は一気になくなってしまいました。同時に、私は人を見捨てる人ではなくて、守れる人になりたいと強く思いました。

 人の命を守ることは、言葉で言うほど簡単ではないけれど、それでも私は誰も殺したくないと思うのです。私たちはこれからどんどん大人になって、学生生活のように「守られる」立場ではなく、社会人として「守る」立場になります。その責任をいつでも果たせるように、日々の仕事を全うしていかなければならないと感じました。

研修で学べた事(キーワード)

電話対応・来訪者対応

  • アサーティブコミュニケーション
  • 相手のニーズを聞き出すこと
  • 共感・理解の言葉がけをすること
  • 相手への気配りを言葉にする
  • 誠実さは伝わって初めて本当の「誠実」
  • 物事を始める前に意味づけを行うことの効果
  • 精神状態・心の持ちように結果が左右されないための仕組み作り
  • 限られた時間であるということ、テンポよく進めていこうという合意を得ること
  • 落ち着いた、かつ相手に寄り添うコミュニケーションがヘウレーカスタイル

地震発生時の対応

  • 頭の中でシミュレーションができても、実践するとできないことがあるという自覚の重要性
  • 日常的な危機管理が緊急時にこそ問われるということ
  • A&PROのクレドは緊急時にも生きるということ

この記事の著者/編集者

遠藤 七海 東京外国語大学(国際社会学部)卒  

大学・学部:東京外国語大学 国際社会学部 スペイン語専攻 
部活:男女バスケットボール部 マネージャー(高校) 
趣味:海外旅行(観光よりもサバイバル)、ミュージカル鑑賞 
アルバイト:浦安の某有名テーマパーク、大学進学塾での講師 
その他の活動:メキシコに短期語学留学(衝撃のサボテン料理を体験) 
現在お住いの地域:千葉県(総武線沿線) 
研究:教育社会学 「将来の夢」についての研究 
家族構成:父、母、犬のももさん、私 
その他:好きな食べ物は麺類(こだわりはラーメンの海苔を食べるタイミング)苦手な食べ物はパクチーとレーズンです

最新記事・ニュース

more

感謝は大事だと分かっているけれど、感謝を後回しにしてしまう。そんな方に、感謝の価値を改めて実感していただき、実践するための準備となるメッセージになればと思います。

「ありがとう」と人に感謝を伝えるとき、皆さんはどのようなことを意識していますか。形骸化した「ありがとう」では、お互いに実りのあるコミュニケーションをとることができません。価値のある「ありがとう」を伝え、自分自身や相手、そして組織全体にプラスの影響を生み出していきましょう。

香山 渉 1Picks

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。

研修参加前は、私はリーダーの素質がないと思っていました。しかし研修を通して、私には素質がないのではなく準備ができていないということに気付かされました。