連載ビジネス基礎研修 -実体験に結びつける-

「人に守られる」立場から、社会人として「人を守る」立場へ。

■今月の研修■ 災害時・緊急時の対応

どんな事態が起きても冷静に対応できる力を

 研修の前半では、電話対応と来訪者対応のあり方について、グループで実践練習とフィードバックを重ねながら理解を深めました。

 私が最も苦労したのは、相手への寄り添い方としてA&PROが大事にしている「アサーティブコミュニケーション」です。初めはどうしても自分が話さなければならないことに注力してしまい、相手の話を傾聴したり、共感の言葉をかけたりすることが思うようにできませんでした。しかし、グループのメンバーからのフィードバックのおかげで徐々に肩の力が抜けてきて、「相手は人なのだから、まずは会話をするところからなのだ」と気付くことができました。

 研修の後半には、地震発生時の対応の確認と、様々な場面を想定した実践練習を行いました。訓練する中で、「我々は生徒の命を預かっている」という自覚がいっそう強くなりました。それとともに、人の命を守ることのできる社会人になるためにも、日頃からどんな事態が起きても冷静に対応できるような力をつけておかなければならないと感じています。

これから研修を受ける方々へ

 地震発生時の対応を練習しながら、私は3.11の地震が起こった時のことを思い出していました。幸い私のいた学校では死者が出るほどの被害はなかったのですが、人生で初めて経験する大きな揺れで、非常に怖かったのを覚えています。

 中でも一番恐怖を感じたのが、授業をしていた先生が生徒を置いて真っ先に逃げたことでした。4階の教室にいた私たち生徒は、生徒同士だけで協力してグラウンドまで避難したのです。私もクラスメイトたちも裏切られた気持ちでいっぱいで、その先生に対する信頼は一気になくなってしまいました。同時に、私は人を見捨てる人ではなくて、守れる人になりたいと強く思いました。

 人の命を守ることは、言葉で言うほど簡単ではないけれど、それでも私は誰も殺したくないと思うのです。私たちはこれからどんどん大人になって、学生生活のように「守られる」立場ではなく、社会人として「守る」立場になります。その責任をいつでも果たせるように、日々の仕事を全うしていかなければならないと感じました。

研修で学べた事(キーワード)

電話対応・来訪者対応

  • アサーティブコミュニケーション
  • 相手のニーズを聞き出すこと
  • 共感・理解の言葉がけをすること
  • 相手への気配りを言葉にする
  • 誠実さは伝わって初めて本当の「誠実」
  • 物事を始める前に意味づけを行うことの効果
  • 精神状態・心の持ちように結果が左右されないための仕組み作り
  • 限られた時間であるということ、テンポよく進めていこうという合意を得ること
  • 落ち着いた、かつ相手に寄り添うコミュニケーションがヘウレーカスタイル

地震発生時の対応

  • 頭の中でシミュレーションができても、実践するとできないことがあるという自覚の重要性
  • 日常的な危機管理が緊急時にこそ問われるということ
  • A&PROのクレドは緊急時にも生きるということ

この記事の著者/編集者

遠藤 七海 東京外国語大学 国際社会学部  

大学・学部:東京外国語大学 国際社会学部 スペイン語専攻  部活:男女バスケットボール部 マネージャー(高校)  趣味:海外旅行(観光よりもサバイバル)、ミュージカル鑑賞  アルバイト:浦安の某有名テーマパーク、大学進学塾での講師  その他の活動:メキシコに短期語学留学(衝撃のサボテン料理を体験)  現在お住いの地域:千葉県(総武線沿線)  研究:教育社会学 「将来の夢」についての研究  家族構成:父、母、犬のももさん、私  その他:好きな食べ物は麺類(こだわりはラーメンの海苔を食べるタイミング)苦手な食べ物はパクチーとレーズンです

この連載について

ビジネス基礎研修 -実体験に結びつける-

連載の詳細

頭で理解するだけでは不十分。参加者自ら実践し、習慣化するまで責任を持つ30の研修プログラム。各クライアントの課題・ニーズに合わせて個別に設計。

話題のニュース

more

皆さんこんにちは!! A&PROの長期インターン生として活動をはじめて2年が経過した、早稲田大学4年の萩原佑太です!! 今回の記事は、本 ...

「あなたが尊敬する人は誰ですか?」 面接などの定番質問ですね。一度は聞かれたことがあるのではないでしょうか。 この質問をされたときにパッと思い浮かぶ人物はいますか? もしかしたら、今近くに尊敬できる人がいないと悩んでいる方もいるかもしれませんね。尊敬できる人に出会うことは自らの成長に繋がります。人との出会いが人生を変えることもあるのです。そこで、この記事では尊敬できる人に出会う方法をお伝えしていきます。

今月の研修:リーダーシップパワー理論 人から信頼される人間になりたい、これは誰しもが思うことではないでしょうか。さらにリーダーという立場であれば ...

今月の研修:災害時・緊急時の対応 皆さんは今この瞬間地震が起きたらどう対処しますか?火事だったら?強盗がガラスを割ったらどう行動するでしょうか? ...

他者に説明をしたり指示を出したりした際に「言っていることをなかなか理解してくれない」、「指示した通りに行動してくれない」と思ったことはありませんか? このような場面では、つい相手に非があるように感じてしまいますが、実は自分の取り組み次第でコミュニケーションの質は格段に上がるのです。そこで今回の研修で学んだ、コミュニケーションを図るうえで人の上に立つ人が心得るべきことについてご紹介します。

今月の研修:リーダーシップパワー理論 リーダーシップパワー理論を人材採用へ活用する 影響力とは、相手の心の中に生じる これは、A&PRO ...

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること ①組織・スタッフは「上」に合わせる「サービスレベルの低いスタッフ」に順応するよりも「サービスレ ...

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること 現在自身が所属する組織(就活支援の学生団体)のチームリーダーとして自分に不足しており、今後のテ ...

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること コンフォートゾーンにいるときは成長できない 今の自分に一番大切な考え方だと思いました。 今まで ...

クレド10.顧客に感動を〜高水準のサービスを追求し続ける〜 感謝だけではなく、感動を与えてこそ、顧客に真の満足が生まれます。顕在ニーズに迎合せず ...