哲学の父ソクラテスに学ぶ!学び続ける秘訣。

クレド7.好奇心旺盛・常に学ぶ

我々の活動における身近な事柄に興味を持ち、深く学ぶ事を大切にしていきます。教え上手は当たり前、学び上手であれ。仕事を通じて、人生を豊かにする人間へと成長していきます。

常に学ぶために、自分自身を理解する。

人生100年時代を生きる私たちにとって、「常に学ぶ」ことはどうして必要なのでしょうか?

私は、常に学ぶことで自分の常識を疑い、相手の立場に立って考えられるからだと考えています。多様な人々とともに目標に向けて協力する力というのは、2006年に発表された「社会人基礎力」の能力の一つとしても挙げられています。相手の立場に立って考え、多様な人と協力していくためにも、常に学ぶ姿勢をもつことは今後も大切になってくるでしょう。
参考:経済産業省「社会人基礎力」

では常に学ぶためには、どうすれば良いでしょうか?

哲学の父、ソクラテスはこう言いました。

無知の知

つまり、常に学ぶためには「知らないことを自覚する」ということが大切だということです。これは何も、無知であることが素晴らしいと言っているわけではありません。むしろ逆で、「何も知らない自分だから学ぼう」という姿勢です。要するに「自分がいかにわかっていないかを自覚せよ、そこから学ぶ姿勢が生じる」ということなのです。

では、自分がいかにわかっていないかを自覚するにはどうすればよいでしょうか?

その答えの一つとして、メタ認知があります。イメージとしては自分が何かをしているときに、もう一人の自分が上から冷静に見ているような感覚です。 メタ認知ができると、自分を客観視して対策を講じ続けることができるというメリットがあります。自分がわかっていることを自覚することで、わかっていないことも客観的に見れるようになる(=無知の知)ということです。

メタ認知の提唱者、ジョン・H・フラベル氏によると、メタ認知は4つの要素から構成されていると言います。それが以下の4つです。

①メタ認知的知識
②メタ認知的経験
③認知的目標
④メタ認知的行為

メタ認知的知識とは、メタ認知の材料となる知識のことです。
具体的に言うと人それぞれが持つ「課題」「目標」「行為」「経験」に関する情報を表します。
私の例を挙げるとすると、学校で履修しているアラビア語の文法ができません。私にとっては、「アラビア語の文法がわからない」というのは「課題」であり、「文法をマスターしたい」という想いが「目標」に当たります。そして「先月の文法のテストで半分しか点数をとれなかった」というのは「行為」と「経験」に当たります。

メタ認知的経験とは、自身に対する意識的・感情的な認知ができた経験を表します。
先ほどの例でいうと、「テストで半分も解けなかった」という経験から「私は文法が苦手だ」と認知した瞬間があったとすれば、その認知をメタ認知的経験と言います。

認知的目標とは、メタ認知的知識の目標の先にある目的を意味します。
例でいうと、文法をマスターするのがメタ認知的知識の目標です。そして、文法をマスターしたいという動機として、「アラビア語通訳者になりたい」という想いを持っていたとしたならば、その動機のことを認知的目標と呼びます。

メタ認知的行為とは、メタ認知的知識の目標を達成するために行われる行為のことです。
私の場合では、文法をマスターするための行為がメタ認知的行為に当たります。例えば、「教科書の問題を解く」「ネイティブに質問をしに行く」といったものが考えられます。

以上の4つの要素が揃うことで、メタ認知が可能になるとジョン・H・フラベル氏は主張しています。

メタ認知能力を高める方法については様々ありますが、私が実践している事の一つは1行日記です。毎日、自分の気持ちを感情マーク(😆、😩、😡)で表し、隣にその理由を一行で短く書き記していきます。


7/7 😆予定通りに仕事を進めることができた
7/8 😩忙しい時に丁寧に対応することができなかった
7/9 😩1つのミスを引きずって他でもミスをしてしまった

1ヶ月ほど経ったら振り返ります。そこで感じたことや気づいたことから自分の傾向を学び取り、メタ認知能力を高めようということです。

プロジェクトメンバー、そして社会人としてどう生かすか

メタ認知能力が高い人は、自己分析能力にも優れていると言えます。自分を客観視できれば、自分に足りないものが見えてくるからです。とはいえ、自分を客観視するというのは難しいもの。しっかり訓練を積んでいきます。その上で、「わかっていないと思う」という謙虚な姿勢を続けたいです。また、プロジェクトに取り組む際も、目的や動機を見失わずに行動していこうと思います。

この記事の著者/編集者

向井七海 早稲田大学 文学部  

小学生の頃からずっと世界平和を目指しています。平和を考える中で哲学に惹かれ、高校時代ドイツに留学。そこでシリア難民に出会ったことをきっかけに、大学では中東・イスラーム研究コースに所属。多文化共生や日本語教育を学びながら、大小問わず「平和をつくりだす」ことを目指して活動しています。

最新記事・ニュース

more

感謝は大事だと分かっているけれど、感謝を後回しにしてしまう。そんな方に、感謝の価値を改めて実感していただき、実践するための準備となるメッセージになればと思います。

「ありがとう」と人に感謝を伝えるとき、皆さんはどのようなことを意識していますか。形骸化した「ありがとう」では、お互いに実りのあるコミュニケーションをとることができません。価値のある「ありがとう」を伝え、自分自身や相手、そして組織全体にプラスの影響を生み出していきましょう。

香山 渉 1Picks

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。

研修参加前は、私はリーダーの素質がないと思っていました。しかし研修を通して、私には素質がないのではなく準備ができていないということに気付かされました。