夢をあきらめる…?そんなときはセルフコーチングを!

今月の研修:コーチング理論(基礎1)

あなたは今どんな思いを抱いていますか?

「目標の大学に行きたい」「起業したい」など、様々なものがあることだと思います。

私たちは皆、~したいという欲求を持っており、その欲求に向かって日々努力していることでしょう。しかし、ただ闇雲にやっていたり、「頭では考えているけれど、行動が伴わなくて…」といったような状態になってしまうと、途中で挫折してしまう人もいることだと思います。

今回は、そのような方に夢を叶えるためのセルフコーチングを説明します。また、最後に私の夢へのアプローチも紹介しますので、是非参考にしてみてください。

その夢、諦めていませんか?

この記事を読んでくださっている皆さんにも、きっと何らかの夢を持っていることでしょう。

一方で、この夢が遠い未来にあったり、困難なものであったりすると、自分に成長を感じられず、途中で葛藤したり、さらには、一歩踏み出す前から諦めてしまうこともあるかもしれません。
そのような事態に陥らないためにはどうすればいいでしょうか。私の例をもとに、解決方法を考えていきましょう。

私の将来の夢

今、私にも夢があります。それは口腔外科の専門医になることです。この夢を持ったきっかけは、整形外科医として患者さんを笑顔にしている父の姿です。その姿を昔から何度も見てきて、自分も手術に興味を抱き、患者さんを笑顔にしたいと思ったからです。

しかし、道のりはまだまだ長く、さらに学習量からも達成するのは厳しいかもしれないと悩むこともありました。この悩みを抱えたままでは、途中でモチベーションを維持できずに挫折していたかもしれません。

そのような状態から脱する、あるいはそうならないために、コーチングが非常に役に立つのです。

コーチングとは

ここでまず、この記事の柱となるコーチングについて説明したいと思います。
A&PROでは、コーチングを以下の様に定義しています。

コーチングとは「目的・目標とモチベーションを結びつける」そして「目標に向かって主体的に取り組めるように導く」ものである。

モチベーションを結び付け、主体的に取り組めるように導く、つまり、こちらから相手に答えを教えるティーチングとは異なり、相手の自己成長を促すことが重要となります。

さらに、このコーチングは自分自身にも行うことができ、これをセルフコーチングといいます。セルフコーチングは、客観的な視点から自分の内側にある問題に気づき、その改善策を自分で考えることを柱とします。

大事なのは、自分の成長を実感すること。

目的・目標とモチベーションを結びつける

まず、コーチングの一つ目である「目的・目標とモチベーションを結びつける」を活用します。

私の目的・目標は、患者さんを笑顔にできる口腔外科医になることです。

しかし、大学一年生の頃は、この目標が遠いために、自分が今やっていることに意味があるのかわからず、モチベーションを維持できずにいました。

私がモチベーションを維持できるようになったきっかけは、口腔外科医を専攻するためには成績上位に入ることが必要だと知ったことです。それからは、成績上位に入ることが身近な目標となり、それを達成することで自分の成長を実感し、モチベーションの維持ができるようになりました。

このように、まずは身近な目標を見つけてから達成する。ここで自分の成長を実感することが出来ます。達成感はさらにモチベーションを高め、それによりもっと高い目標を志向できるようになり、皆さんの夢へと着実に近づいていくことでしょう。

主体的な取り組みへの導き方

しかし、やる気があってもやり方が分からなくて取り組めないといった問題に直面することもあると思います。

ここで二つ目の「目標に向かって主体的に取り組めるように導く」を活用します。

私の場合、口腔外科医になるためには、その分野に精通するだけではなく医科との連携も欠かせません。歯科といえば口のことだけ学べば良いと皆さんは思われるかもしれませんが、実際は口と全身の関わりは実に深いものなのです。つまり、歯科の内容だけでなく、ある程度医科の内容も頭に入れないといけないので、そう考えると学ぶ量は各段に多くなります。

やる気があっても、やり方が分からなくて取り組めないといった問題は、この「量」に問題があります。量が多いとどこから始めればいいのかわからなくなり、いつかパンクしてしまうこともあるでしょう。

そうならないために、私は以下の様に自身を導いています。

  • 授業で学んだことは遅くてもその週の中で復習することで、後に後に勉強を回さないようにする
  • to do リストを作成し、やるべき課題を目につくところに貼る

以上のことを実践することで、定期的に勉強ができるようになり、試験の成績で目標としている順位内に入ることが出来ています。

このように、日々行うことを明確にして一歩一歩努力を続けることで、将来の夢が達成されると私は考えています。

これから研修を受ける方々へ

この研修は、時間制限のある中で相手にコーチングを行う、緊張感のある非常に実践的なものでした。もし皆さんが誰かにコーチングする機会があった時にはこの経験が非常に役立つことだと思います。

また、この記事ではコーチングを自分自身に応用するセルフコーチングについて書きました。セルフコーチングは皆さんが夢を叶えるために必要なスキルだと思いますので、是非活用してみてください!

研修で学んだこと

  • マクレガーのXY理論
  • マズローの欲求5段階
  • コーチングとは、目的・目標とモチベーションを結びつける/目標に向かって主体的に取り組めるように導く

この記事の著者/編集者

内田黎  日本歯科大学 生命歯学部 

歯科医師を目指しているバイク大好き大学生。
同時に歯科医師と学生を結ぶプロジェクトの一員として活動しております。

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

誰しも緊張して力を出しきれなかった経験があるのではないでしょうか?この記事では、緊張に対処する方法と、緊張に関する野球部での実体験を紹介します。

研修中でさえも成長を感じられますが、研修後に努力を継続することで計り知れない学びを得ることができ、自己実現に繋げることができると実感しています。

参加後は自分がリーダーとして目指すべき姿やリーダーとして欠けていた部分を理解することができ、今後私がやるべきことを明確にすることができました。

研修参加前は、リーダーとしてチームを引っ張ることに不安を抱えていました。しかし参加した後は、リーダーとして働くことに対してポジティブに捉えられるようになりました。なぜなら、「今のチームにはこれが足りないのか」といった気づきや、「リーダーはこれが必要だったのか」というような実践に落とし込めるような内容であったからです。本研修に参加していなかったら、こうした心境の変化はなかったと思います。

普段はなかなか感謝を伝えられていない人は多いのではないでしょうか?この記事では、感謝の表し方と私自身が照れ臭さから両親に感謝を伝えられなかった経験を紹介します。

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 今回の研修では、マナー・ホスピタリティ・おもてなしについて学びました。 その中でもこの記事では、…

今月の研修:記憶のメカニズム 皆さんは「2×4」の答えを聞かれたとき、答えをどのように導きますか? 2が4個あるからという概念で考えたり、“にし…

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷 風花 久野 滉大 髙橋開 23Picks

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレンジし、社…

前野 里歩 各務 祐樹 山下 莉奈 松本 康士朗 山本 陽太郎 81Picks

「想定外だったから仕方ないよね」このような言葉に違和感を抱いたことはありませんか。この記事では”リーダーとして組織として、想定外”に誠実に向き合うための戦略についてお話しします。

「報告・連絡・相談」の仕組みを作ることは、リーダーとしてメンバーをマネジメントする上で欠かせない工程です。組織内での連携をスムーズに行い、より確実なアウトプットを出すためにも、まずは「報告・連絡・相談」を正しく理解し、活用できる組織を目指していきましょう。

復習回数を闇雲に増やしたり、ノートいっぱいに何度も書かせる記憶法は、社会に出てから通用しない。 多忙なリーダーは、重要事項を一発で覚える。 たとえそれができなくても、復習回数を最小限にし、効果的・効率的に記憶することが大切。

久野 滉大 本田花 髙橋開 平山 大翔 上野美叡 18Picks

研修参加前、私はリーダーとして、周りの期待以上に頑張りたい、しかし、周りから何を期待されているのかわからない。このようなもどかしい状態が続いていました。しかし研修を通じて、今の私にリーダーとして不足している点が洗い出され、その弱みを克服していくことが出来ました。

本当に弱みに向き合うとはどういうことか、「誠実さ」とは何か、信頼や自信に繋がることは何かなど、多くの気付きを得られる研修でした。そして、その気付きを提供し続けるために必要なことを学び、実行することができました。

研修に参加することで「誠実でいること」の重要性に気づかされました。正直と誠実の違いを明確に言語化して理解することで、ただ正直でいるだけでなく、誠実でいることを絶対に忘れないでおこうと思いました。