【22年度・研修】報告・連絡・相談

Pick

2022.05.10

  • 犬山 聖存

    犬山 聖存 早稲田大学

    ■研修を受けて■ 4つのじんざいについて学びました。 自分の周りには人財、人材、人在、人罪のうち、 人財が多く、素晴らしい仲間に恵まれていることを改めて実感したと同時に、全員に対して人財向けのマネジメントをしてしまっている事が今の成果不振につながっていると気づきました。 人材に対して適切なコミュニケーションや決断力をトレーニングするようなコミュニケーション、マネジメントをしていきたいと思いました。 報告・連絡・相談について、 「相手の視点に立った、ヘッジのできるタイミング・量」で行うという本質を学びました。また、リーダーとして「相談」のできるタイミング・関係値を作るということがオンラインでのコミュニケーションが中心になる私自身の活動で必要だと感じました。 ■今後に向けて■ ・想定の範囲を広げるところで、既存の仕組みで未達案件がでた時のフローを作っておき、担当者を決めて想定外を減らすことに取り組もうと思います。 ・メンバーが自分に相談できるタイミングを作るため、Zoomでの作業時間を周知しようと考えました。 ・相談ベースでなく上司に報告としてまとめていきたいと思います。 ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■ 森口様 本日はリーダーとして任命していただきありがとうございました。 タイムマネジメントに囚われてしまった部分があったので。改善したいと考えています。
荒 諒理 川瀬 響 本田花 須賀渉大 上野美叡 19Picks

【22年度・研修】サービス理論(基礎2)

Pick

2022.04.10

  • 犬山 聖存

    犬山 聖存 早稲田大学

    ■研修を受けて■ 無形サービスを扱う中で、感じていた違和感や問題意識を構造的に捉えて言語化することができるようになりました。 それによって構造の修正案、新しいアイデアなどが次々と生まれました。 また、品質の悪いサービスの産むことのリスクについて学び、普段から気をつけていることの強度がより上がり、無形サービス特有の課題感を持つことができました。将来無形サービスの構築、運用、リスクに関する仕事をするのでかなり有益な時間だったと思います。 ■今後に向けて■ 現状の課題を解決するPJTを2つほど思いついたので、メンバーに意義や計画を伝えきちんと準備して実行していこうと思います。 ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■ 本日もありがとうございました。自分の中でなんとなくの感覚で行ってしまった顧客を見る視点、リスクチェックの部分が言語化されより体系的に頭に入りました。この状態ならば人に伝えていけると思います。 非常に刺激的な研修をありがとうございました。
川村杏 久保井美愛 川瀬 響 須賀渉大 本田花 17Picks

【研修】リーダーシップゼミ

Pick

2022.02.13

  • 犬山 聖存

    犬山 聖存 早稲田大学

    ■研修を通じて学んだこと■ 「他者と約束を積極的にして守ることが信頼を積み上げる方法」 「自分との約束を積極的にして、守ることが自信を積み上げる方法」 「責任と権限と義務の棲み分け」 「すべての仕事はコミュニケーションと結びつけると豊かになる」 「リーダーとは説得力のある意見を常に準備をする人がなるべき」 「本質を意識し続けることの重要性」 「リーダーは自分より説得力のある意見は積極的に取り入れるべき」 「コミュニケーションには概念化・構成要素が重要である」 「コミュニケーションには基準化・数値化が重要である」 「ビジネスにおいてすべての活動は顧客への価値提供」 「ノルマとコミットメントの違い」 「同調と共感の違い」 ■研修を通じて気付けたこと、今後に役立てられること■ 「自分との約束を積極的にして、守ることが自信を積み上げる方法」 この自信の解釈は、自分にとって今後永遠の財産になるものだと思いました。常に周囲にいる人の顔色を伺って、自分はここにいていいんだという不安定で他者依存的な自信をつけていた自分にとって、自分との約束をどれだけ果たせるかという他者依存のない絶対的な指標を獲得できたことは本当に喜ばしいことでした。今後は揺るがない自信を持って、無駄な遠慮のない本質的なコミュニケーションを取ることができるようになると思います。 「責任と権限と義務の棲み分け」 自分は責任を果たすために権限を要求するということを今までしたことがありませんでした。いつも体育会的な活動で乗り越えてきてしまったのですが、それは真に誠実な活動ではなかったと感じました。義務を自ら提示することで権限を獲得し、責任を果たすための仕組みを作るという構造を用いれば、単純なタスクに割く時間を圧倒的に割くことになり、誠実で持続的な成果が出せることがわかりました。 「ノルマとコミットメントの違い」 コミットメント型の人間やチームにとっては目標が武器になるという学びは間違いなく今後に生きてくるものだと思います。 人から与えられた目標でも自分の中で意義を作り、そこにコミットメントできれば成長機会につながるし、それぞれにとって完璧に意義を伝え切れればその目標はチームの力を最大限活かすことにつながると確信しました。 今後エンカレッジのセクション長としての活動で何度も何度も意義を説き続けることがどれほど重要なのか痛感しました。 ■研修参加前後での心境の変化、研修講師やA&PROメンバーへのメッセージ■ 研修の前半で、自分は構造化して世界が見れて他者のいいところ悪いところが見える人間であるのに、それを言わない、一歩引く傾向があると見抜かれていたことに驚きました。自分は謙虚であるということの本質を履き違えていました。ただただ一歩引くという行為は謙虚さが形骸化したただの自己満足であり、メンバーの成長を阻害することであると学びました。 今後は自分も気になった点は共通認識が取れるまで諦めないで突き詰め、より説得力のある意見は真に納得して取り入れる本質的な謙虚さを手に入れたいと思います。 ■これからリーダーシップゼミを受ける人へのメッセージ■ リーダーシップになんとなく自信のある人やわかってるよと思っている人にこそ、参加していただきたいと思います。自分の中のリーダーシップ、コミュニケーションがプロの視点から確実に磨き上げられます。 ■推薦してくれた方へのメッセージ■ 飛翔さん、信宗さん、本当にありがとうございます。忙しい時に研修かよと思っていましたが、来てみたら視座が変わり、これからの行動が代わるため忙しさを楽しめる。余裕を持てる自分に変われる確信を持っています。 このような機会をいただき本当にありがとうございました。
嶋田 夏生 草野柾樹 原駿介 星野歩華 伊藤純希 65Picks
  • 【22年度・研修】報告・連絡・相談

    報告・連絡・相談。 言葉だけを知っていても意味がない。 報告・連絡・相談の違いと「判断力・決断力」の関係 報告・連絡・相談のタイミングと「マネジメント・人材育成」の関係 これらを理解し、効果的に使い分けることが重要。 理屈と機能を理解することでチームワークが大きく向上したいリーダーのための研修です。

    • 犬山 聖存

      犬山 聖存

      2022年05月10日

      ■研修を受けて■
      4つのじんざいについて学びました。
      自分の周りには人財、人材、人在、人罪のうち、
      人財が多く、素晴らしい仲間に恵まれていることを改めて実感したと同時に、全員に対して人財向けのマネジメントをしてしまっている事が今の成果不振につながっていると気づきました。
      人材に対して適切なコミュニケーションや決断力をトレーニングするようなコミュニケーション、マネジメントをしていきたいと思いました。

      報告・連絡・相談について、
      「相手の視点に立った、ヘッジのできるタイミング・量」で行うという本質を学びました。また、リーダーとして「相談」のできるタイミング・関係値を作るということがオンラインでのコミュニケーションが中心になる私自身の活動で必要だと感じました。

      ■今後に向けて■
      ・想定の範囲を広げるところで、既存の仕組みで未達案件がでた時のフローを作っておき、担当者を決めて想定外を減らすことに取り組もうと思います。

      ・メンバーが自分に相談できるタイミングを作るため、Zoomでの作業時間を周知しようと考えました。

      ・相談ベースでなく上司に報告としてまとめていきたいと思います。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■
      森口様
      本日はリーダーとして任命していただきありがとうございました。
      タイムマネジメントに囚われてしまった部分があったので。改善したいと考えています。

  • 【22年度・研修】サービス理論(基礎2)

    コンサルタント、コーチ、メンター。政治家、医師、経営者。そしてチームリーダー。A&PROが関わる相手の多くが無形サービスを中心に活躍して…

    • 犬山 聖存

      犬山 聖存

      2022年04月10日

      ■研修を受けて■
      無形サービスを扱う中で、感じていた違和感や問題意識を構造的に捉えて言語化することができるようになりました。
      それによって構造の修正案、新しいアイデアなどが次々と生まれました。

      また、品質の悪いサービスの産むことのリスクについて学び、普段から気をつけていることの強度がより上がり、無形サービス特有の課題感を持つことができました。将来無形サービスの構築、運用、リスクに関する仕事をするのでかなり有益な時間だったと思います。

      ■今後に向けて■
      現状の課題を解決するPJTを2つほど思いついたので、メンバーに意義や計画を伝えきちんと準備して実行していこうと思います。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■
      本日もありがとうございました。自分の中でなんとなくの感覚で行ってしまった顧客を見る視点、リスクチェックの部分が言語化されより体系的に頭に入りました。この状態ならば人に伝えていけると思います。
      非常に刺激的な研修をありがとうございました。

  • 【研修】リーダーシップゼミ

    単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレンジし、社…

    • 犬山 聖存

      犬山 聖存

      2022年02月13日

      ■研修を通じて学んだこと■
      「他者と約束を積極的にして守ることが信頼を積み上げる方法」
      「自分との約束を積極的にして、守ることが自信を積み上げる方法」
      「責任と権限と義務の棲み分け」
      「すべての仕事はコミュニケーションと結びつけると豊かになる」
      「リーダーとは説得力のある意見を常に準備をする人がなるべき」
      「本質を意識し続けることの重要性」
      「リーダーは自分より説得力のある意見は積極的に取り入れるべき」
      「コミュニケーションには概念化・構成要素が重要である」
      「コミュニケーションには基準化・数値化が重要である」
      「ビジネスにおいてすべての活動は顧客への価値提供」
      「ノルマとコミットメントの違い」
      「同調と共感の違い」

      ■研修を通じて気付けたこと、今後に役立てられること■
      「自分との約束を積極的にして、守ることが自信を積み上げる方法」
      この自信の解釈は、自分にとって今後永遠の財産になるものだと思いました。常に周囲にいる人の顔色を伺って、自分はここにいていいんだという不安定で他者依存的な自信をつけていた自分にとって、自分との約束をどれだけ果たせるかという他者依存のない絶対的な指標を獲得できたことは本当に喜ばしいことでした。今後は揺るがない自信を持って、無駄な遠慮のない本質的なコミュニケーションを取ることができるようになると思います。

      「責任と権限と義務の棲み分け」
      自分は責任を果たすために権限を要求するということを今までしたことがありませんでした。いつも体育会的な活動で乗り越えてきてしまったのですが、それは真に誠実な活動ではなかったと感じました。義務を自ら提示することで権限を獲得し、責任を果たすための仕組みを作るという構造を用いれば、単純なタスクに割く時間を圧倒的に割くことになり、誠実で持続的な成果が出せることがわかりました。

      「ノルマとコミットメントの違い」
      コミットメント型の人間やチームにとっては目標が武器になるという学びは間違いなく今後に生きてくるものだと思います。
      人から与えられた目標でも自分の中で意義を作り、そこにコミットメントできれば成長機会につながるし、それぞれにとって完璧に意義を伝え切れればその目標はチームの力を最大限活かすことにつながると確信しました。
      今後エンカレッジのセクション長としての活動で何度も何度も意義を説き続けることがどれほど重要なのか痛感しました。




      ■研修参加前後での心境の変化、研修講師やA&PROメンバーへのメッセージ■
      研修の前半で、自分は構造化して世界が見れて他者のいいところ悪いところが見える人間であるのに、それを言わない、一歩引く傾向があると見抜かれていたことに驚きました。自分は謙虚であるということの本質を履き違えていました。ただただ一歩引くという行為は謙虚さが形骸化したただの自己満足であり、メンバーの成長を阻害することであると学びました。
      今後は自分も気になった点は共通認識が取れるまで諦めないで突き詰め、より説得力のある意見は真に納得して取り入れる本質的な謙虚さを手に入れたいと思います。

      ■これからリーダーシップゼミを受ける人へのメッセージ■

      リーダーシップになんとなく自信のある人やわかってるよと思っている人にこそ、参加していただきたいと思います。自分の中のリーダーシップ、コミュニケーションがプロの視点から確実に磨き上げられます。


      ■推薦してくれた方へのメッセージ■
      飛翔さん、信宗さん、本当にありがとうございます。忙しい時に研修かよと思っていましたが、来てみたら視座が変わり、これからの行動が代わるため忙しさを楽しめる。余裕を持てる自分に変われる確信を持っています。
      このような機会をいただき本当にありがとうございました。

揺るがない自信を持ち責任を果たせるよう行動を積み重ねる

2022.02.25

  • 白石 知朗 早稲田大学

    責任・権限・義務の関係や、ノルマやコミットメントの考えは、エンカレッジの活動だけでなく、今後の私たちの人生に関わる学びだと考えています。 体育会的なマインドも明確な強みだと思います。塩梅を意識して、他者を成長させられるリーダーになる事を期待しています。お互い頑張っていきましょう。
白石 知朗 山田飛翔 田村稔行 3Picks

まだフォローされていません