揺るがない自信を持ち責任を果たせるよう行動を積み重ねる

研修を通じて気付けたこと、今後に役立てられること

①自分との約束を積極的にして、守ることが自信を積み上げる方法

この自信の解釈は、自分にとって今後永遠の財産になるものだと思いました。常に周囲にいる人の顔色を伺って、自分はここにいていいんだという不安定で他者依存的な自信をつけていた自分にとって、自分との約束をどれだけ果たせるかという他者依存のない絶対的な指標を獲得できたことは本当に喜ばしいことでした。今後は揺るがない自信を持って、無駄な遠慮のない本質的なコミュニケーションを取ることができるようになると思います。

②責任と権限と義務の棲み分け

自分は責任を果たすために権限を要求するということを今までしたことがありませんでした。いつも体育会的な活動で乗り越えてきてしまったのですが、それは真に誠実な活動ではなかったと感じました。義務を自ら提示することで権限を獲得し、責任を果たすための仕組みを作るという構造を用いれば、単純なタスクに割く時間を圧倒的に割くことになり、誠実で持続的な成果が出せることがわかりました。

③ノルマとコミットメントの違い

コミットメント型の人間やチームにとっては目標が武器になるという学びは間違いなく今後に生きてくるものだと思います。
人から与えられた目標でも自分の中で意義を作り、そこにコミットメントできれば成長機会につながるし、それぞれにとって完璧に意義を伝え切れればその目標はチームの力を最大限活かすことにつながると確信しました。
今後エンカレッジのセクション長としての活動で何度も何度も意義を説き続けることがどれほど重要なのか痛感しました。

研修参加前後での心境の変化、研修講師やA&PROメンバーへのメッセージ

研修の前半で、自分は構造化して世界が見れて他者のいいところ悪いところが見える人間であるのに、それを言わない、一歩引く傾向があると見抜かれていたことに驚きました。自分は謙虚であるということの本質を履き違えていました。ただただ一歩引くという行為は謙虚さが形骸化したただの自己満足であり、メンバーの成長を阻害することであると学びました。

今後は自分も気になった点は共通認識が取れるまで諦めないで突き詰め、より説得力のある意見は真に納得して取り入れる本質的な謙虚さを手に入れたいと思います。

これからリーダーシップゼミを受ける人へのメッセージ

リーダーシップになんとなく自信のある人やわかってるよと思っている人にこそ、参加していただきたいと思います。自分の中のリーダーシップ、コミュニケーションがプロの視点から確実に磨き上げられます。

推薦してくれた方へのメッセージ

飛翔さん、信宗さん、本当にありがとうございます。「忙しい時に研修かよ」と思っていましたが、来てみたら視座が変わり、これからの行動が変わるため『忙しさを楽しめる。余裕を持てる自分』に変われる確信を持っています。

このような機会をいただき本当にありがとうございました。

研修を通じて学んだこと

  • 他者と約束を積極的にして守ることが信頼を積み上げる方法
  • 自分との約束を積極的にして、守ることが自信を積み上げる方法
  • 責任と権限と義務の棲み分け
  • すべての仕事はコミュニケーションと結びつけると豊かになる
  • リーダーとは説得力のある意見を常に準備をする人がなるべき
  • 本質を意識し続けることの重要性
  • リーダーは自分より説得力のある意見は積極的に取り入れるべき
  • コミュニケーションには概念化・構成要素が重要である
  • コミュニケーションには基準化・数値化が重要である
  • ビジネスにおいてすべての活動は顧客への価値提供
  • ノルマとコミットメントの違い
  • 同情と共感の違い

この記事の著者/編集者

犬山 聖存 早稲田大学  

するとコメントすることができます。

新着コメント

  • 白石知朗

    2022年03月12日

    責任・権限・義務の関係や、ノルマやコミットメントの考えは、エンカレッジの活動だけでなく、今後の私たちの人生に関わる学びだと考えています。
    体育会的なマインドも明確な強みだと思います。塩梅を意識して、他者を成長させられるリーダーになる事を期待しています。お互い頑張っていきましょう。

  • 山田飛翔

    2022年03月10日

    今回の研修で学んだ責任・権限・義務についてやノルマ・コミットメントの考え方は今後、セクションリーダーとして活動する犬山さんにとって大きな学びであったのではないでしょうか。
    組織を動かせていないと感じた時こそ、今回学んだことを活用していき、実行力のあるリーダーになってください。
    応援しています。

  • 田村稔行

    早稲田大学 基幹理工学部 情報通信学科 2022年02月23日

    リーダーは自分の意見を通すのではなく、リーダーだからこそ説得力ある意見を取り入れることが求められます。準備のできたリーダーになるために、気付いたことを見過ごさず行動に移し続けることは一つの鍵になるのではないでしょうか。
    犬山さんが揺るぎない自信を持つ、行動できるそして周囲への行動を促すよう導けるリーダーへと更に成長されることを応援しています!

最新記事・ニュース

more

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 大庭彩 3Picks

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

メンバーに尊敬されるリーダーは当たり前ですが、メンバーを尊敬できるリーダーは少ないのではないでしょうか? 今回の記事ではメンバーを尊敬することで得られるメリットについてご紹介していきます。

大庭彩 1Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。 各種マネジメントツールにもてあそばれず、プロジェクトマネジメントの本質を理解し、やるべきことを実践し続ける。 そんな責任あるリーダーを対象とした研修です。

「大変なこと」を楽しむことは理想だとは分かっているけれど、中々そう上手くはいかない。そんな「大変なこと」との付き合い方に悩んでいる人に贈る、「大変なこと」を味方にするための記事になっています。

大庭彩 1Picks