揺るぎない信念を持つ。実践しやすい根本信念の見つけ方を解説

きみろーる|メタ認知を鍛え自己成長を目指すユニークな心理学ブログ|2021年01月16日

自分を支えるものといえば、家族・ペット・仲間・栄光・地域……いろいろとあるが、最終的に頼れるのは自分だ、と世間ではよく言われている。 自分という…

するとコメントすることができます。

新着コメント

  • 大庭彩

    A&PROリーダーズカレッジ本部 2021年01月16日

    「あなたはどう思っているの?」「あなたはどうしたい?」「信念を持つといい」など、仕事や日常生活で言われた経験がある方におすすめです*

    0
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事・ニュース

more

要点を整理し、分かりやすく伝えたはずなのに、相手が自分の言いたいことを理解してくれない。どう伝えればいいのか分からない。このような経験をしたことはないでしょうか。自分の話を聞く姿勢を変えることでこの悩みを解決できるかもしれません。

自分という存在そのものが、サービスである ■今月の研修 サービス理論(基礎1) みなさんは、「自分という存在そのものがサービスである」と聞いて、…

重要なことのために使われるべき時間が、重要でないことに割かれてしまう......。そんなことはありませんか?第四領域に誘惑されないために何ができるでしょうか。

皆さんはこんなことをやってしまったことはありませんか? 「タスクの期日に遅れてしまっている...。」 「重要な仕事が終わらないため、他の人との予定を直前でキャンセルした...。」 「やってしまったことがある。」と感じたならば、それは誠実でなかった証拠です。 世の中には誠実でない人は多くいます。大の社会人でも予定をすっぽかす人もいるでしょう。しかし、組織のリーダーでありたければ常に誠実であり続けるべきです。

皆さんは、相手の話を聴いてばかりで自分の意見を押し殺しませんか?相手と適切な方向性に進んでいくことができません。今回は、その状況を回避するためのアサーティブコミュニケーションについて学んでいきましょう。

久保井美愛 1Picks

相手の感情に共感し自分の感情と合わせて言葉で表現することで、相手を建設的な話し合いへと導くことができるのです。この際相手の感情を言葉にできていないと、相手は「分かってくれていない」と感じ話し合いに応じてくれません。

コンサルタント、コーチ、メンター。政治家、医師、経営者。そしてチームリーダー。A&PROが関わる相手の多くが無形サービスを中心に活躍して…

川瀬 響 内田 黎 吉野 ひとみ 河本のぞみ 長谷川拓志 19Picks

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 2Picks

今回の記事は組織をまとめるリーダー必見です!MTGにおいてメンバーからの意見が出ない時はありませんか?今回はメンバーの主体性を作るコミュニケーションスタイルをお伝えします。

山嵜晴貴 河本のぞみ 山口賢人 3Picks