Y理論を持つ人に対するコーチング

今月の研修:サービス理論(基礎1)

今回の研修では、XY理論とコーチングについて学びました。

この記事では、将来私が人を雇う立場となった際に、どのようなコーチングをするかを例に挙げてY理論を持つ人のコーチング法について説明していきます。

皆さんも是非、自分がXとYどちらの理論を持っているか、リーダーとなった際にはどちらの理論を持つ人を集めたいか考えてみてください。

XY理論

X、Y理論とは、動機付けに関わる2つの対立的な理論です。

  • X理論:人は怠けたがる生き物で、責任を取りたがらず、放っておくと仕事をしなくなるという考え方。
  • Y理論:人は本来進んで働きたがる生き物で、自己実現のため自ら行動し、進んで問題解決をするという考え方。

向いてる経営手法

X理論を持つ人は、命令や強制をされなければ仕事をしなく、積極的に行動しない人が多いです。このことから、命令や強制で管理し、目標達成ができなければ処罰を与えるというアメとムチによる経営手法が有効と言えます。

それに対しY理論を持つ人は、しっかりと目標を持ち、日々成長したいと考えている人が多いです。よって、魅力的な目標を与え続け、モチベーションを上げることにより、従業員を動かしていくという機会を与える経営手法が有効だと考えられます。

将来歯科医師になったら

将来、私は歯科医師になり開業することを目標としています。その際には、細かなことでも気になる点があれば従業員同士で活発に意見を言い合い、より良い歯科医院を追求し、日々成長できるような職場を作りたいと考えています。

これを踏まえると、私の理想の歯科医院をつくる際には、積極的に行動できて日々成長したいと考えているY理論を持った人を雇うべきでしょう。

次にそのY理論を持つ従業員をどのようにコーチングしていくべきか考えていきます。

Y理論を持つ人をコーチングする際には、モチベーションを向上させ、仕事にやりがいを感じてもらうことが大切です。

まず、モチベーションを向上させる方法について考えていきます。Y理論を持つ人でも、レベルの高すぎる仕事を与え続けらてしまうと、やる気が出なくなる場合があります。その場合、従業員の能力に合わせた仕事の提供や患者さんの感謝の気持ちを知れる機会を作るなどの環境を与えることが大事でしょう。そうすることで、モチベーションを向上させることができます。

次に、仕事にやりがいを感じてもらう方法について考えていきます。Y理論を持つ人は、日々成長したいと考えているため様々な意見をもっていると思いますが、それを共有できなければ仕事にやりがいを感じません。この解決策としては、定期的にアイデアを共有できる会議を開き、意見交換を行い成長し合える機会を作ることが大切だと考えました。そうすることで、仕事にやりがいを感じることができるからです。

このようなコーチング法を活用し、将来良い歯科医院を作っていきたいです。

これから研修を受ける方々へ

今回はY理論に基づいた人をどのようにコーチングするかについて具体的に考えてみました。もし皆さんが、リーダーや経営者などの立場になった際には、X理論を持つ人なのかY理論を持つ人なのかを見分ける力が大切になってきます。そして、それによりコーチングや経営手法が変わってきます。

研修では、コーチングを行う際にためになる考え方をこの他にも沢山学ぶことができます。ぜひ、他のメンバーの記事も読んでみてください。

研修で学んだこと

  • マクレガーのXY理論
  • マズローの欲求5段階
  • コーチングについて

この記事の著者/編集者

岩田 舞乃   

歯科医師を目指して頑張っています。プロジェクトを通して、将来の歯科医療に貢献したいと考えています。

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 大庭彩 3Picks

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

メンバーに尊敬されるリーダーは当たり前ですが、メンバーを尊敬できるリーダーは少ないのではないでしょうか? 今回の記事ではメンバーを尊敬することで得られるメリットについてご紹介していきます。

大庭彩 1Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。 各種マネジメントツールにもてあそばれず、プロジェクトマネジメントの本質を理解し、やるべきことを実践し続ける。 そんな責任あるリーダーを対象とした研修です。