歯科医院におけるコーチング

今月の研修コーチング理論(基礎1)

皆さんは、勉強、部活、アルバイト、仕事など、今頑張っていることはありますか?

それを頑張っている理由は何ですか?

金銭、友好関係、将来のためなど、人によって、また分野によって様々な理由があると思います。

私たちは常に、~したい、~が欲しいといった欲求を持っています。今回の研修では、人間が持つ欲求を5つに分類した「マズローの欲求5段階」と、その欲求を持った人にどのようにコーチングをしたらよいか、について学びました。この記事では、5つの欲求について具体例も入れながら説明しているので、是非参考にしてみてください。

人間の5段階の欲求

人間の欲求は、5段階の欲求(生存欲求、安全欲求、社会的欲求、承認欲求、実現欲求)がピラミッドのように構成されています。これをマズローの欲求5段階と言います。

  • 生存欲求とは、今日1日を生きたいという欲求。
  • 安全欲求とは、長期的に生きたいという欲求。
  • 社会的欲求とは、仲間の中に所属したいという欲求。
  • 承認欲求とは、誰かに認められたいという欲求。
  • 実現欲求とは、自分らしく生きたいという欲求。

人は、このピラミッドの下の層の欲求が満たされると、一つ上の欲求を満たそうとします。そのため、リーダーは自分の部下がどの段階の欲求を持っているのかを確認、更に上の段階の欲求を持てるようにコーチングをする必要があるでしょう。そうすることで、部下のモチベーションを上げることができます。

従業員の欲求を高める歯科医院

私は歯科医師になって開業することを目指しています。開業して院長になったら、従業員(歯科衛生士や受付担当の方)がどこの欲求段階にいるのかを把握する必要があると思います。

そこで、各段階の欲求を持った従業員は具体的にどのような欲求で働いているのかをケースごとに考えてみました。

また、私は将来、患者さんが安心して来院できる、笑顔溢れる歯科医院を開業したいと思っています。この目標達成するためには、従業員全員がこういう歯科医院を開きたいという実現欲求を持ち、お互いを高めていく必要があります。

ですから、従業員それぞれが更に上の段階の欲求を求めるようになるために、そして最終的には実現欲求を持てるようになるために、院長としてどのようなコーチングができるのかということも考えてみました。

生存欲求を持った従業員 

欲求】お金が欲しいから働いている。

コーチング】患者さんが増えたら給料も上がることを話す。そして、患者さんを増やすためにはどのような歯科医院にしたらよいかを一緒に考える。

安全欲求を持った従業員 

欲求】歯科医院を潰したくないから働いている。

コーチング】安定した営業ができるように、サービスを向上しようと話す。

社会的欲求を持った従業員 

欲求】医院に所属したいから働いている。

コーチング】仕事以外の時間に従業員全員で集まる会を定期的に開き、仲を深める。そして、みんなで一つのチームであることを確認し、チームに貢献するためにもみんなと共に頑張ろうという意識を持ってもらう。

承認欲求を持った従業員 

欲求】院長に認められたいから働いている。

コーチング】世間(主に患者さん)に認めてもらおうというように発想を変えてみる。また、月に1回程度、今月達成できたことを話してもらう機会を設けて、自己評価をあげられるようにする。

実現欲求を持った従業員 

欲求】より良い歯科医院にしたいから働いている。

コーチング】具体的にどのような歯科医院を築きたいか、アイデアや考えを聞く。

私が歯科医院長になったら、実現欲求を持っている人を従業員として採用したいと考えています。しかし、面接の際に実現欲求を持っていたとしても、時間が経つにつれて、体調の変化や生活環境の問題などによって欲求段階が落ちてしまう可能性があります。そうなってしまったときに、従業員それぞれの欲求段階に応じて上記にあげたようなコーチングを行って、従業員全員が常に実現欲求を持って働ける歯科医院を開業したいです。

これから研修を受ける方々へ

私たちは、どの分野においても5つの欲求を持っています。しかし、同じ人でも、どのような欲求をもっているかは活動する場所によって違います。

皆さんがもし誰かを雇ったりサポートしたりする立場になったら、その人がどのような欲求段階にいるのかを考え、それぞれの段階に応じたコーチングをしてみてください。きっと、お互いのモチベーションアップに繋がります。

また、上の立場に立つ機会が無いとしても、自分がどんな欲求を持っているのか、解決すべきことは何かを考えてみることで、自分自身を成長させることができると思います。

それぞれの活動場所で、マズローの欲求5段階を是非活用してみてください。

研修で学んだこと

  • 人間は5つの欲求(生存欲求、安全欲求、社会的欲求、承認欲求、実現欲求)を持っている。
  • 部下がミスをした時は、何が原因でミスを犯したのかを判断し、その原因に対してコーチングをすることが大切である。
  • アプローチの方法は人それぞれなので、一人ひとりに寄り添いながら一緒に対策を考えていく。

この記事の著者/編集者

吉野ひとみ   

歯科医師になることを目指して頑張っています。
硬式庭球部に所属しています。

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

周囲への感謝の気持ちを伝えることは、人間関係を豊かにし続けます。本記事では特に私が大切にする3つの考え方をお伝えします。読み終わった後にはつい照れてしまって感謝を大事な人に伝えきれていない人も「ありがとう」と周りに言いたくなるような記事です。

須賀渉大 羽田 優作 香山 渉 3Picks

感謝は大事だと分かっているけれど、感謝を後回しにしてしまう。そんな方に、感謝の価値を改めて実感していただき、実践するための準備となるメッセージになればと思います。

「ありがとう」と人に感謝を伝えるとき、皆さんはどのようなことを意識していますか。形骸化した「ありがとう」では、お互いに実りのあるコミュニケーションをとることができません。価値のある「ありがとう」を伝え、自分自身や相手、そして組織全体にプラスの影響を生み出していきましょう。

松本 康士朗 香山 渉 2Picks

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。