自分に合った記憶法を見つける

今月の研修記憶のメカニズム

皆さんは「2×4」の答えを聞かれたとき、答えをどのように導きますか?

2が4個あるからという概念で考えたり、“にしがはち“というゴロを思い出したり、人によって様々な導き方があるでしょう。

多くの人が小学2年生で学んだ1桁同士の掛け算の解き方を今でも長期的に覚えているのは、ある3つのメカニズムのどれかに従って覚えているからです。

今回は長期記憶の3つのメカニズムについて、勉強を例に挙げながら詳しく説明します。

長期記憶とは..?

長期記憶とは、比較的長い期間にわたって保持される記憶のことを言います。長期記憶は、3つの種類に分けられます。

意味記憶とは、「指定された速度に従って運転しなければ違反となる」というように、物事の一般的な知識や情報についての記憶のことです。

エピソード記憶とは、「住宅街を運転していた時に子供が飛び出してきて危なかったなぁ」というように、個人的な経験や思い出に結び付けた記憶のことです。

手続き記憶とは、「自動車に何回も乗っているから運転の方法を忘れない」というように、学んだことを何回も繰り返すことで身に付く記憶のことです。

勉強に対する長期記憶

冒頭の掛け算の例で考えると、2が4個という概念で覚えているのは意味記憶、習った当時の出来事と関連付けて覚えているのはエピソード記憶、ゴロを何回も言ったり問題を何回も解いたりして覚えているのは手続き記憶へのアプローチであるといえるでしょう。

では、勉強で長期的に何かを覚えたいときのアプローチ方法として、具体的にどのようなものがあるでしょうか。

意味記憶

  • 教科書やプリントを読んで理解する
  • 自分が覚えやすいようにノートにまとめる

エピソード記憶

  • 友達と同じ内容を一緒に勉強して教え合う
  • 教科ごとに環境を変えて勉強する(場所、匂い、色、時間など)
  • 学んだことを誰かに教える
  • 誰かが言っていたり教科書の隅にあるような豆知識や無駄話などと関連付けてみる
  • みんなの前で発言する

手続き記憶

  • 教科書やプリントを何度も音読する
  • ゴロを何回も言う
  • 覚えたいことを何回も書く
  • 問題を何回も解く

自分の勉強例

私は、この研修を受けた1ヶ月後に期末試験を受けました。その1ヶ月間の勉強中は、特にエピソード記憶にアプローチできるように意識しました。

そのおかげで、試験中にど忘れしてしまっても、勉強した時間や場所などの様子を思い出しながら正解の選択肢を選ぶことができました。

では、具体的にどのようなことをしたのかを以下に記します。

【実践してみたこと】

  • 教科ごとにファイルの色を変える
  • 特に覚えたい所には黄色いマーカーを引いて強調する
  • 壁に覚えたいことを書いた紙を貼る
  • 友達と勉強して、ゴロを一緒に作ったり、勉強内容に関連した体験談を話し合ったりする
  • 作ったゴロの文章の様子を絵にする

【その結果】

実際の薬理学の試験でこのような問題が出ました。

その時に、このような絵を思い出しました。

そして、「チオちゃんかにして、ケタケタ笑わないで、プロフォールされるよ(落とされるよ)」というゴロを思い出し、正解の選択肢を選ぶことができました。

他にも、手続き記憶へのアプローチとして、隣に誰かがいるつもりで何回も解き方を説明したり、覚えたいことを青ペンで何回も書いたりするのも効果的でした。

友達に話を聞いてみると、自分でまとめノートを作った方が覚えられる人、何も書かなくても音読を繰り返すことで覚えられる人など、人によって自分に適した覚え方があることも分かりました。皆さんも、意味記憶、エピソード記憶、手続き記憶、どれにアプローチすると覚えやすいかを考えながら、自分に合った勉強法を見つけてみて下さい。

これから研修を受ける方々へ

ただ学ぶだけでは意味がありません。学んだことがあったら、それを自分の知識の一部にできるようにすることが大切です。ですから、教える側になった場合も学ぶ側になった場合も、相手や自分がどうやったら長期的に覚えられるかを考えながら学習してみて下さい。

研修で学んだこと

  • 記憶には、短期記憶、中期記憶、長期記憶があり、それぞれアプローチの仕方が異なる。
  • 長期記憶の中には、エピソード記憶、意味記憶、手続き記憶がある。
  • 復習をすると、しなかった時よりも定着率があがる。
  • 記憶はシナプスが関係している。
  • よりよく記憶するためには睡眠も大切である。

この記事の著者/編集者

吉野ひとみ   

歯科医師になることを目指して頑張っています。
硬式庭球部に所属しています。

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

周囲への感謝の気持ちを伝えることは、人間関係を豊かにし続けます。本記事では特に私が大切にする3つの考え方をお伝えします。読み終わった後にはつい照れてしまって感謝を大事な人に伝えきれていない人も「ありがとう」と周りに言いたくなるような記事です。

須賀渉大 羽田 優作 香山 渉 3Picks

感謝は大事だと分かっているけれど、感謝を後回しにしてしまう。そんな方に、感謝の価値を改めて実感していただき、実践するための準備となるメッセージになればと思います。

「ありがとう」と人に感謝を伝えるとき、皆さんはどのようなことを意識していますか。形骸化した「ありがとう」では、お互いに実りのあるコミュニケーションをとることができません。価値のある「ありがとう」を伝え、自分自身や相手、そして組織全体にプラスの影響を生み出していきましょう。

松本 康士朗 香山 渉 2Picks

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。