研修後も学びを生かし、自身に向き合うリーダーに

研修を通じて気付けたこと、今後に役立てられること

①知恵を鍛えることの大切さ

 本当に個人としてもリーダーとしても学ぶことが多かった。
 その中でも特に個人としては知恵、センスがなければこの先やっていけないだろうと痛感した。私はこれまでグループディスカッションなどにおいて積極的に発言する人であったし、独創的なアイデアで場の流れを一気に変えることもあった。だから私は知らず知らずのうちに現実から目を背けていた。自分は単に多少知識があって、その知識がたまたま活かせて、たまたま記憶から引き出せていただけの人間で、知恵を絞って本当の意味で独創的なアイデアをひねり出せる人間ではないという真実に向き合っていなかった。たまたま知識が活かせたという事実の積み重ねに甘えていたことが今回の研修で露呈し、知恵を鍛えることが今後自分に求められているのだと体験的に感じることができた。

②ティーチングだけでなく、コーチングを

 リーダーとしては自分のこれまでは常にティーチングで、コーチングに程遠かったということが分かった。私は自身の強みとして感覚的な難しい技術やノウハウを言語化して伝えられるというものがあると思っている。しかしそれはティーチングであり、セルフコーチングのない限り私が教えても私以上の成長にはつながらない。今思えばそれで上手くいかずに短期間でやめられてしまうこともあった。しかし、今日まで自身のティーチングを過信してあぐらをかき、コーチングなど他の手段に思慮が至らなかったことはある種の自惚れであり、浅はかであったと感じさせられた。

研修参加前後での心境の変化、研修講師やA&PROメンバーへのメッセージ

 正直自分がいかにリーダーに足り得ないか、学ぶことができた研修であったと思う。私は「リーダーとは何か」という問いにある程度の答えを多少前から自分の中で持っていた。それはトヨタ自動車の考えだ。私はトヨタ自動車の城下町で生まれ、自身の親も周りの親も全員トヨタ自動車に携わっているという環境で育った人間であり、その中でトヨタ自動車の影響力は計り知れないと感じている。2020年の春闘で豊田章男社長はボスとリーダーの違いについて語った。その言葉は受験の終わった私にとって、自身の新たなステージにおける革新的なリーダー像になったことをよく覚えている。しかし自分が感銘を受けたこの言葉をいかに体現できていなかったのか、それどころかいかに理解できていなかったのか、この研修を通じてまざまざと感じさせられた。
 私はリーダーたりうる人間としてその資質は程遠い。だがしかし、今回の研修は私にとってその道のりがいかに果てしないかをご教示頂いただけでなく、その進むべき一歩とその先の方向性を示して頂いたものであるように思う。私にとってこのリーダーシップ研修は3日間で終わるものではない。これは自分がリーダーたりうる人間になるための最初の一歩であり、終わりのない旅路の始まりであるように思う。
 私はこの研修での経験・知識・憧れ・悔しさ・熱意を忘れずにリーダーたりうる人間に少しずつですが成長していく所存であります。

これからリーダーシップゼミを受ける人へのメッセージ

 この研修の3日間で学んだこと、経験したこと、そして様々な思いが礎になって今後の自分を形成していくのだろう。だからどんなに上手くいかなくても、どんなに周りとの差を感じても、諦めずに投げ出さないで受け止めることを私はお勧めしたい。現実と、自身と向き合い、研修中の3日間に限らず、日々試行錯誤して知恵を鍛錬し、より実践的な経験を積む中で成長できるのではないかと思う。

推薦してくれた方へのメッセージ

 en-courageの一員としてこのような機会を設けて頂いたにも関わらず、力量が至らなかったことを申し訳なく思います。しかし、当初のメッセージと同様に、私は初めうまくいかないことでも諦めず大器晩成する人間であると存じております。そのため今回の経験を糧に、3日目で終わることなく自身のリーダー性と向き合い続けて成長していきたいと考えています。

研修を通じて学んだこと

  • ダブルチェック、数値化
  • 条件に気付く
  • 相手やその相手の目的を考えると仕事は創意工夫に満ちている
  • 塩梅を適切に理解する、感じとる
  • トレードオンで両立させる
  • 理念など基準に沿った意見、リーダーを選ぶ
  • 安全は当然、安心も与える
  • SMART+Cで建設的な目標設定
  • 限られた時間で伝える(PREP法、概念化、構成要素)
  • 構造化する
  • 知恵を鍛える
  • 責任・権限・義務を理解し信頼を得ることで高いパフォーマンスを発揮
  • コミットメントに結びつけるマインドとスタンス

この記事の著者/編集者

するとコメントすることができます。

新着コメント

  • 須賀渉大

    2022年12月30日

    3日間お疲れ様でした。研修では学びを得られるように分からない点は積極的に質問するなど、主体的に取り組んでいましたね。

    ”リーダーシップ研修は3日間で終わるものではない。これは自分がリーダーたりうる人間になるための最初の一歩であり、終わりのない旅路の始まりであるように思う”

    おっしゃる通りだと思います。大切なのは「研修後の活動」です。研修後に学びを活かし続けられるか、によって参加者の成長を大きく変わります。本記事で伝えてくださった悔しさを糧に藤戸さんが更に成長することを期待しています。

  • 香山 渉

    2023年01月07日

    藤戸さんの記事から、知識だけでなく知恵を働かせることの必要性が強く伝わりました。エンカレッジの活動でも、前例のないことにどんどんチャレンジしていってほしいと思っています。
    いずれ答えのない課題に直面するはずなので、その際には"鍛えた知恵"を思う存分発揮してください!応援しています!

最新記事・ニュース

more

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 大庭彩 3Picks

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

メンバーに尊敬されるリーダーは当たり前ですが、メンバーを尊敬できるリーダーは少ないのではないでしょうか? 今回の記事ではメンバーを尊敬することで得られるメリットについてご紹介していきます。

大庭彩 1Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。 各種マネジメントツールにもてあそばれず、プロジェクトマネジメントの本質を理解し、やるべきことを実践し続ける。 そんな責任あるリーダーを対象とした研修です。